新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

さ

さの感想・評価

3.5
👤みんな
✏️めちゃくちゃ面白かった。主人公が大沢たかおにしか見えなかった
KenzOasis

KenzOasisの感想・評価

3.5
「お母さんに会わせるから」

突如発生した感染爆発の猛威はプサン行きの高速列車内にまで届いていた。噛まれれば即、ゾンビ化。居合わせた乗客たちは生き残ることができるのか?

おうおう、ゾンビ映画ね。と思って普通に楽しく観てたら、めちゃくちゃ良くできててそっちの意味でも笑ってしまった…
マッチョおじさん夫婦が最高すぎる。

これまで正解に登場したゾンビ映画に登場したソンビの特徴、対策が全部入ってたよなってくらい詰まってるのに、列車内という状況がそれを違和感なく登場させることができとる。
それぞれのキャラクターも設定がすごく良いから、ストーリーのまとまりに寄与しててものすごい良い仕上がりです。

もちろんツッコミどころはありますよ。パニック映画だもの。
アーツ

アーツの感想・評価

3.0
う〜ん、ストーリーが単純過ぎて先が全て読めるし、ツッコミどころも多い。妊婦はこんなに走れんやろ?w
スティーブン・キングが絶賛したのは意外な気がする。

ただ、極楽とんぼの山本は嫌いだが、この映画では妊婦の夫役ですげ〜いい奴だったので感情移入しちまった。山本グッジョブ!
やっと観れた〜!!!

周りから面白いと言われ続けていたので期待度はマックスの状態で観たせいか、そこまで?と思ってしまった…笑

でもなんだか新しいゾンビ映画!斬新
名前の通り、新幹線内でゾンビ感染が起こる。
逃げるだけではない、知恵を絞り戦い、勇気あるものたちが結束して立ち向かうというのは王道だけど、やっぱり面白い!
あと一般市民の、主人公、太ってるパパ、野球少年が正面からゾンビとぶつかり合って戦うシーン、武器も有り合わせのもので立ち向かう。あなた達暴力団かなにかですか?ってくらい殴り合いに慣れてる(笑)というところも面白かったし、かなりトリッキーな感じ

台詞はなんだかクサイ

そして結局泣いた…
泣けるゾンビ映画
あお

あおの感想・評価

3.7
怖いシチュエーションを作るのがうまかった。こんな状況絶対無理や〜ん…て
でも内容でいうとただひたすら同じような状況の中で逃げるだけだからもうちょっと起承転結てきなの欲しかったなあーーーー!
私の人生のベストオブゾンビ映画は未だにショーンオブザデッド
haaaaa17

haaaaa17の感想・評価

3.2
ゾンビ早すぎるわ
ウォーキングデッドでもまあまあはやいとおもってたのに!
間違いなく、ゾンビものの最高峰であり、韓国映画の実力を見せられた気がする。走る系のゾンビなのに攻防がほぼ素手なので、アクションシーンはやや消化不良ではあったが、ヘッドショットがないぶん、ステルスアクションで乗り切るなどうまくできている。子役も含め全俳優陣の演技に引き込まれる感動作なのに、邦題がダサいので敬遠されなきゃいいが。
まめ

まめの感想・評価

4.1
とても面白い映画。
前半からずっとハラハラするし面白い。
新幹線という狭い空間の中で飽きさせず、ずっとハラハラさせてくれた。
ゾンビ映画なのに人の絆もしっかり映し出されていて感動できた。
後もう一つ、タイトル変えよ。

このレビューはネタバレを含みます

でしょうねでしょうね、
最後はそうでしょうね。

バランス様々あるゾンビ映画としてはヒューマン度高めだけどパニック度もそこそこ高くて、ゾンビ愛好家の私たち兄妹も普通に楽しませてくれた合格点の映画です。

そして大沢たかおファンとしては、主人公大沢たかお似でイケメンだったので満足です。

以下、箇条書き。
・ゾンビに変わる速さは、個人の意志の問題という解釈でいいのかな。
・珍しく歯が綺麗なゾンビ
・冒頭の車両の、ゾンビ発生し始めの頃のゾンビ役の人たちはナイス力演でした!向こう向いてての急にウワッとカメラ方向振り向きは出だしとしてとてもgood!
・逃げようと思えばギリギリ間に合ったのに動こうとせず意味深な微笑みだけ残して喰われた姉ばあさんも、血迷って車両のドアを開ける妹ばあさんも、どっちもいい加減にしなさいよ、と。
・ただ、あの姉ばあさんゾンビがガラスの向こうでぼうっと生気なく立ってるのはゾンビっぽくなさすぎて爆笑ポイントだった。今もあの顔思い出しただけで笑える笑
・スアンの母っていう携帯の登録名なんなの?色々余計な推測してしまったじゃないの。
・CGが超ウソものCGだったw
・感染の原因に関わってるとかで泣いてたけど、心底今それどころじゃなかったしどうでもいいわ!って感じだった。それより娘から片時も離れちゃダメでしょ


って感じですかね〜
でもあれだよね、
今もし現実世界でゾンビパンデミックが起こっても、大抵の人はみんな映画やテレビでゾンビがどういう物なのか知識があるから、あんなギクシャク動いて変色しててクァーって叫んでる人間いたら一目でゾンビだ!!って理解できるし、大丈夫ですか?なんて間違っても声かけたりしないよね。


そして原題ファイナルエクスプレスなのに、日本はえらくふざけたタイトル付けたものだね。笑

実家
家にて、DVDで鑑賞しました!
なかなか、スリルあり、ハラハラしました!
面白かったです。