ソウル・ステーション パンデミックの作品情報・感想・評価

ソウル・ステーション パンデミック2016年製作の映画)

서울역/Seoul Station

上映日:2017年09月30日

製作国:

上映時間:92分

3.1

あらすじ

「ソウル・ステーション パンデミック」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

最後のほうはほとんどゾンビものじゃなくなってた

主人公までゾンビになったことよりも、頼りになるおじさんだと思ってた人の正体のほうがショック

このレビューはネタバレを含みます

家出少女とそのヒモの彼氏。家出少女は彼氏に拾われるまでは風俗で働いていたが借金を踏み倒して彼氏に拾わてた。そんな折父親と名乗る男が少女を訪ねてくるが丁度感染が広がってる最中であった為彼氏と行動することに。なんとかして合わせるがなんと父親を名乗る男は借金を踏み倒した男。借金を取り立てにきたのだ。しかし彼女は感染しており男も感染してエンドロール
アニメとゾンビの相性の悪さ。ペンタブは剣より強し。と、アニメーションには無限の可能性が秘められているはずなのに、ZOMBIEのあの風合いにはまだまだのようで、怖さも、哀愁も感じない。不服な国家を、世界を、いつの日にか、ひっくり返すことになるのは、人間なのか、それともゾンビか。
MUA

MUAの感想・評価

3.5
新感染の前章にあたる今作。ストーリーとしてはめちゃ面白かった!
アニメの作りはやっぱり「・・・」だけど、話が面白かったのであんまり気にならなかったかな。なぜ集団感染が起きたのか等の原因は一切解明されなかったけど、一つの作品として普通に楽しめます。
なぜ感染が起きたのか等の原因を追求したい人にとってはおすすめできないが、ゾンビ物が好きなら見ててもいいかと。
いずこ

いずこの感想・評価

2.0
韓国のアニメ映画、初めて観た。
彼氏に身体売らされてる女の子がミニスカでパンチラしながらゾンビから逃げる映画。
絵が好きになれなかったのと、終盤以外はテンポ悪いしありきたりな展開だった。
最後の方ひとひねり加えてあったのは良かった
誰かのレビューにもあった通り、そもそもどうしてどこで噛まれたのかを描いていないから、スッキリしない。
わざわざ、アニメにする必要があったのかなと疑問に思った。絵は嫌いじゃなかったんだけど。
7

7の感想・評価

3.4
「新感染」の前日譚。

韓国のアニメーション自体が新鮮でなかなか見入っちゃう。
「新感染」同様、ゾンビの恐怖が迫る中でも人間の醜いやり取りを取り上げていて、通じる部分があるなぁと。

それにしても終盤の展開は「まじか!」って純粋にびっくりした。アニメだと思って気抜いて見てたから余計にですよ。
コンユの出てたやつの方がよい。あたりまえだけど。
ゾンビから逃げる時、なんでドア開けっ放しで逃げるのかわからない。
ミニのワンピースである必要はあるのか。
そもそもの始まりを描いてるかと思って見たのに、すでに噛まれたおじいさんから始まってた…噛んだヤツ出てこい!

韓国人もペコペコお辞儀するんだ。日本人だけかと思ってたわ。
キャラクターの描き方が独特だし
面白かったけどやっぱり私は
부산행の方が好きかな!
ハラハラはするんだけどやっぱり
人間の方が現実味がある!
>|