アイアムアヒーローの作品情報・感想・評価

アイアムアヒーロー2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に…

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」に投稿された感想・評価

有村架純が天使すぎるのは良いとして(でもすごく微妙ではあった)。

良くも悪くも緊張と弛緩が続くというか。観終わった後に残る残尿感というかなんというか。
これは結局なんだったのか、という。
ラスト。
何故に車の中で終わったのか。
登場人物のキャラクターたちは、結局のところなんだったのか。

登場人物の物語的な結びつきがとても弱く、繋がりが唐突であったりするので、大泉洋が片瀬那奈(この人がある意味一番不幸)に対して思い入れがなさすぎるように見えるわ、長澤まさみに思い入れているのか、有村架純に思い入れているのか、で。
そして有村架純自体の存在がなんだったのか、大泉洋は噛まれてもなんでゾンビにならないのか、など疑問は残る。

というより。
そこは疑問としてスルーした方が良い、という構成になっていないから疑問として残るのだ。

ゾンビ映画、というジャンルをここまで日本映画でやれたことはない、という好事家の意見は多い。僕はそこまでゾンビ映画に思い入れがないのでわからないけれど、それでもカーアクションであったりゾンビの不気味さはそこそこ、際立ってあったと思う。

特にあのラスボスは怖い。

演技陣はなかなか芸達者な人たちが揃ってるとは思うけれど。
やはりドラマがないんだよなぁ。

凡庸な男が、凡庸さを引き受けて「ヒーロー」になるというドラマが、ドラマの展開上のこと以上のものがなくて「そうなんです」と断定されて置いてけぼりにされてしまう感がある。

恐らくだが。それは主人公への追い込みが足りないのではないか、ということ。

彼は恋人を失ったものの大きさを引きずってもなければ、戦うことの意味を見出したわけでもないのだ。

ただ、襲いかかってくるゾンビを倒すことに覚醒するのみ。
長澤まさみを守りたいのか、有村架純を守りたいのかもわからない。
というか…有村架純の方が強いし…。

ということで世間の評価の割に。
僕はなんだかなぁというところ。
2016.4
二子玉にて
かっちゅみーと

ゾンビ🧟‍♂️の有村架純ちゃん可愛い😍
銅

銅の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

2016/6/17
このあとどうなるの?
気になって消化不良。
ゾンビ物でありがちな、愛する人を殺せない…ってのは無かった。
(いや、あったかも知れないけど根本が違うというか…)それ程異常なZQN達…ひたすらアクションという感じだった。でもキャラは皆面白かった。ZQNも。生きていた頃の人格?とか、身体能力?とか引き継ぐのが恐ろしい。カオスだった。
出来れば映画で続きを観たい。
wedge

wedgeの感想・評価

2.9
邦画のこの手のものとしては、
結構楽しめました、私としては。
前半は特に。
配役もあってるし、豪華。

後半に関しては
だんだんとテンポ悪くなるのと、
のめり込みにくくなったかな。

描写は結構エグい。
好きな人はハマる要素あると思います。
カミヤ

カミヤの感想・評価

4.0
原作一気読みしてからの鑑賞。
細かい原作ネタがしっかり再現されてて良かった。
長澤まさみのタバコかっけぇっす。
kg

kgの感想・評価

4.1

日本もこんなおもしろいゾンビ映画作れるのか!!!
原作コミックは読んでないけど楽しめた!


ZQN(ゾキュン)の気持ち悪い動き、ビジュアルのクオリティがすごい!

死ぬ前の記憶が脳に少し残っていることから同じ言葉を連呼してたり、同じ行動を繰り返していたりするのが面白くもあり、逆に残酷にも見えた!
ZQNそれぞれの個性が出るし、日本らしさも出てたよね笑笑


ゾンビパニックあるあるのデパートや人間内の裏切りもgood!
明かされない謎な部分もあるけど、原作でも不明のままだったりするみたいだね!
感染源が犬と猫で違ったりするのかな?とか予想は立ててたけど、わからん笑


ユーモア、気持ち悪さ、格好良さ、爽快さなどのバランスが取れた良作!!

このレビューはネタバレを含みます

普通

はーい
が思ってた音よりだいぶボソボソで聴き逃してた

よしざわひさしがシコシコするのかなと そこが一番ハラハラドキドキ
yuu

yuuの感想・評価

4.0

グロさ舐めてたらわりとグロかった。

片瀬那奈のZQNこわ。
わたしのトラウマ呪怨級にこわくて
笑える。

Japanese
zombie‼︎
ゾンビ映画好きではありません。ところどころ飛ばしながら見た。
2度目の観賞。
初っぱなから出てくる主人公の彼女のゾンビな動きが最高に怖い。
このシーン観ただけで、お、この映画もゾおもしろいんじゃないの?と思える。

ゾンビも怖いけど、人も怖い。集団心理というか、パニックになると何が正義なのか区別がつかなくなっちゃうこととか。

その中での長澤まさみちゃんの役がとても救い👼天使かな。
ひろみちゃんは結局なんだったのだ…

結局続編無いのかな。原作読んでないから、いろいろ謎は残る映画だけど…
>|