新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

tamaki

tamakiの感想・評価

3.5
ストーリーが分かりやすくて感動もする。車内の閉塞感もあって緊迫感はよく出ていると思う。ツッコミどころはあるけど後の演出のためかと思うと流せるかも。グロさはなくゾンビの量が多いのはワールドウォーZみたいで、ゾンビ入門編って呼ばれそうな作品だなぁ。レイジ・ウイルスみたいだけど死体も動いている気がする。
PICASO

PICASOの感想・評価

2.5
ずーっとハラハラしてるから緊張で見終わったあと全身の力抜ける(笑)
最初から最後までずーっと気を抜けない映画だった。
ダラダラしないでどんどん展開が進んでいくから飽きずに見られていい。
記憶がうろ覚えになったらまた観たいかな。
映画見たあとにメイキング見るとさらに楽しい!!
小銀

小銀の感想・評価

3.6
個人的にはバイオハザードよりもリアル感があったので面白かったです。
のえる

のえるの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

バタバタ倒していく爽快ゾンビ映画とは違って、各キャラの心情とか人間性とかにフォーカスされてる映画。ちょっと泣いた。
悪役のおっちゃんまじ卍😩何人が犠牲に…。
でも新幹線っていう密室の中でかなり魅せられた。

走ってくるゾンビには、やっぱり勝てる気がしない。
P銀

P銀の感想・評価

4.6
WWZ並みの速度と物量で雪崩を打って迫るゾンビ群。エゴい奴はエゴく良い奴は良い明瞭なキャラ描写。ダラダラと苦悩する暇のない展開。通信や車窓から見える世界の終末感などなど、パニック作品の良い所を研究してある良作。
ゾンビに転化する際に、秘めた本音が漏れるのはアイアムアヒーローが最初だろうか?この手法も、人物描写としてあちこちで効いている。
カール

カールの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

妹おばあさんのカツラっぽさが終始気になってしまった。
まぁそれはいいとして、とても良くできた作品だと思う。親と子の立場の違いだったり、生存者と感染してるかもしれない人たち。極限状態の中での、それぞれの考えや人間の心理をよく描いていた。自分が主人公の立場だったら、子供を第一に考えるのは至極当たり前だと思う。だけどその行動は子供含め他の人から見ると、自分たち以外の他人は、どうなってもいいと考えているように写ってしまうのだろう。
気になった点としては、新しい新幹線ではなく電車?に移り、感染者が追いかけてきた時、電車のスピードを上げること、またそれを試す、指示を出すことはできなかったのかなと思った。
次に、感染可能性者が罵詈雑言を吐かれながら連結部分に追いやられるシーンで、なぜ感染者から離れられる連結部を嫌がるのか、意味がわからなかったし、それに気付く人もいなかったのが気になった。結果はまぁ予想通り。
最後のトンネルのシーンでトンネルなど暗いところは、安全性が高いことはわかっていたはずなのに、なぜあんなにも大声で歌っていたのか気になった。
これらは気が動転していたなどの理由で片付けられちゃうのですが、気になってしまいました。
演技、特に野球の彼の演技はちょっと、、
他の人も普通でした。内容は面白くて良かったです。
邦題のセンスで期待値は低かったけど、乗客たちのキャラクターがわかりやすくて利害が交錯するドラマは王道でおもしろかった。
車両内や駅が舞台でゾンビは素早く、生存者たちとの攻防も緊張感がある。
ちょくちょく強引な展開があったり、脇役は噛まれたら発症するが主要人物は別れの挨拶をする猶予があったりはちょっと気になる点。
ファンドマネージャー=クズと断じるのは笑った。
人間が人間に、
ゾンビが人間に
なる群像を見てた気がする
2018.09.15
#1137
ゾンビが走ったら絶対に勝てないと思う。

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビとしては邪道かもしれないけれど、動きが速くてよかった。
主人公たちの成長や散り様にはもちろん感動したけれど、一番印象に残っているのはあのおっさんかもしれない。どこまでもクズなところが清々しかった。韓国映画ってあまり知らないけれど、「キャラが立ってる」っていうのが一つの特徴なのね。
>|