新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

4.1

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

かぴ

かぴの感想・評価

5.0
とにかく泣いた。
色々考えさせられたし、ゾンビ映画苦手だけど見てよかった。
素早いゾンビでスピード感がありテンポがよかった ウォーキングデッド視聴勢なためまずゾンビの素早さにビビる あと銃がないため武器は野球バットか素手というほぼ丸腰体勢というリアルな状況がスリリングだった
同じ列車内パニック系映画では「スノーピアサー」を思い出し、あちらも楽しく観れてた人間なので本作も好きな感じだった 列車内という限られた狭い空間を隔壁となるドアをうまく使ったり一回駅に停車してみたり荷物棚這って使ったりなどして飽きさせない そしてあのバス会社のオッサンな… あのオッサンが全てをかき乱しており安定のトリックスターでした 畜生…
まぐ

まぐの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

文句なしに面白かった!!

何から語れば良いのやら迷うくらいに褒めどころ満載の最高の映画でした。
友達と語った内容と合わせて書き留め…


①まず何よりも、ゾンビと掛け合わせた鉄道という要素を掘り下げに掘り下げてるのが素晴らしい!
車両、トイレ、荷物置き、駅、窓、トンネル、密室などなど、使えるところを余すところなく使っており、そのアイデアの引き出しの多さは脱帽もの。
駅のエスカレーターで下っている途中でゾンビになった軍隊が上がってくるシーン、エスカレーターにはこんな使い方もあるのかと驚いた。
新幹線が斜めに傾き、窓から大量のゾンビがこちらを覗き込んでいるシーンの画なんてゾッとするくらいいい画だった。
また、新幹線という「常に移動する密室」は、考えてみるとゾンビ映画と物凄く相性が良い。密室でゾンビと一緒になり、しかも逃げ場がないという閉鎖的な恐怖があるし、籠城して展開が硬直している時も常に移動し、状況が変化していくので飽きることがなかった。新幹線の中の状況が落ち着いたら外に出されてまた車両へ、の繰り返しで、1つの場所に全く止まらせない。


②キャラがいい!
主人公は序盤、自己中心的に物事を考える男だった。でも自分が助けて貰ったことで他人のことも思いやるようになった。初めからできた奴だったり、誰かを守る覚悟を決めるような成長というのはパニックものでよく見る主人公といった感じなのだが、こういうアークが主人公に課してあるということがこの映画のドラマへの入れ込み具合を表している気がする。描写もしっかりしているし、ドラマ部分がスリラー部分を邪魔していない。
おそらく最も嫌われ役のバスの常務の男。彼は自己中心的な人物で、主人公と対比して語られるポジションだった。主人公も娘がいなければこの男の様になっていただろう。主人公とこのキャラクターが一騎打ちで対決したのはただの偶然ではないと思う。ちなみにこの2人は死に方も同じである。
一番好きなのは太った男と妊娠した奥さんの2人(3人)。常識がないが何よりも奥さんと子供を優先して考える男と、彼を少し尻に敷いてたしなめる美人な奥さん、という関係性がたまらなく好きだった。

③ドラマがいい!
やはり韓国のお国柄なのか、親子愛のエピソードが多いのだが、ゾンビパニックを邪魔せず良きタイミングで良きドラマが挟まる。
ベタベタだが、太った男が死ぬシーンは泣いた。子供の名前を初めて奥さんに告げる、というワンアクションのおかげであのシーンのドラマの質がぶち上がっている。
ラストシーン、妊娠した奥さんと主人公の娘が軍隊に保護されるまでのくだり。軍隊は初めその2人が感染者か確認できず射殺しようとする。ここで思い出すのは、主人公と娘の車の中での会話。主人公は学芸会で歌を途中でやめた娘に対して「諦めるくらいなら初めからやるな」と教えている。一般の感性なら、それで良いのかな?と疑問を覚える様なセリフである。そしてこのセリフは、感染者か分からないくらいなら初めから諦めて2人を撃ち殺そうとする軍隊の行動そのものなのである。しかし、その行動を覆したのは主人公が叱ったの娘の歌。良い構成だった。

④ゾンビがいい!
この映画のゾンビの特徴は見た目以外で大きく分けて2つ。足が速いこと、見えないものを追えないこと。特に後者の特徴はトンネルと相性抜群で、トンネルに入っている時間とトンネルを出た瞬間の静と動のコントラストが良いスリラーを生んでいた。
見えないと追ってこない、という制約のおかげで、難易度的にかなり丁度良くなっている。
また、見た目がそこまでグロくないので、スリラーばかりに意識がいかないのも良かった。
何回かあったけれど、ゾンビの集団が波の様に膨らんで襲ってくる描写がバカっぽくて好き。


スリラーとしてもドラマとしても文句なしに面白く、ゾンビ映画の中ではかなり爽やかな方だと思うので、色んな人に勧めたくなる。
これをカップルで見られる人たちは勝ち組だと思う。
Taul

Taulの感想・評価

2.0
『新感染』
釜山行きKTXでのゾンビパニック。類型キャラと有名列車と所謂ゾンビというネタで明快な作劇。戦争トラウマや経済不安らを背景に韓国社会の縮図が走る。ありきたりもノンストップで真っ直ぐにここまでやるとな新鮮な力強さが。ただベタな顔芸やメイク、演出が気になりノレなかった。

プロットや韓国社会の反映とか上手かったけど、演出と演技やメイクが苦手で乗りきれなかった。感動やキャラが明快過ぎると引いてしまうのかも知れない。それと悪役の最後が不満(カットされた?)
りお

りおの感想・評価

3.5
ゾンビスリラーと聞いて正直得意な分野ではないのですが、とりあえず韓国映画にハズレはないので今作も頑張って観に行きました。
序盤からかなり苦行を強いられましたが、ストーリーが進むにつれてこの作品の描きたいテーマが浮き彫りになり、登場人物達に感情移入していきました。
ゾンビの描写、気合入ってたなあ。
この作品、怖がらせたいのか泣かせたいのかどっちなの笑
ラストには思わず唸ってしまいました。
序盤のあのエピソード、伏線だったのかよ。
また韓国映画の評価が上がりました。
しほち

しほちの感想・評価

4.2
韓国映画、侮ってたーーー。めちゃくちゃ楽しかったーーー!!息つく暇もない超高速エンタテイメントって感じ。楽しかった!
かか

かかの感想・評価

3.8
まさか、ゾンビ映画とは知らずに観賞(笑)三回も体がビクッと。で、泣けた。コン・ユ~♥
泣けるゾンビ映画という割には泣けませんでしたが…
ゾンビがバタバタ降ってくる荒っぽさがステキ。
鹿ゾンビ化もよかった。
見えなくなるとおとなしくなるとか鳥目だとか、幼児退行するとか、そもそもゾンビは何を求めているのかがわからなくていいですね。
ゾンビ映画でこんなに泣いたのは初めて( ´;ω;` )素晴らしい
綿木

綿木の感想・評価

4.2
映画館で泣いちゃった😅
必死に我慢してたのに
声我慢するの大変だったわ本当にふざけんな😡
絶対に許さない