新感染 ファイナル・エクスプレスのネタバレレビュー・内容・結末

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

山場がこれでもかってくらい!あり、盛り盛り盛り盛り盛りだくさん!!
ハラハラドキドキ。面白い!
面白くて3回見てしまった!

最後、歌ってくれてよかった(><)
あー本当よかった。。
文句なしに面白い。
オープニング3分で、主人公の設定、つまり職場、家族、子供との関係、別居している妻との関係などを、説明セリフ一切なしに描いたところから分かるように、とてもシナリオがいい。
ところどころ、ご都合主義すぎる部分はあるんだけど、それすらも、ハイテンションの連続に、どうでもよくなってしまう。
最後は号泣。
ゾンビの、音に反応する、暗闇だと右往左往してしまう、という弱点を後半活かせたら、もっとよかったのに。
ランニングデッド。

娘によって大切なことに気づかされて、最期は笑顔で終えたお父さん。
最初はクズな父親が徐々にいいやつになっていったと思ったら最後に、、、泣けた、、、号泣や、、、

確かに、最初の性格だと映画で死ぬキャラな感じだったけど、、、切なかった、、、

とにかくよかったです、、、
こんなことになったら、恋人に噛まれてとっととしんじゃいたい
最後、バケモノであるかどうか歌で証明されるところで崩壊した
評判通り良作で、案の定大泣き。
脚本のテンポの良さと劇中のゾンビの元気さ(死んでいるが)がマッチしてトントン見れるのが小気味好い。
ああこの人は死んでしまいそう、とか、ここでゾンビ来そう、とか、そういう読みはし易くて、話の意外性はさほど無かったが、むしろ王道的な面白さに感じた。
昨今のゾンビ映画はゾンビが元々人であることの葛藤をあまり感じさせないというかアクション面が強く、いわゆるエモさが不足しがちだけども、
その点本作はエモ満点。
ゾンビとゾンビの蔓延る世界いう題材の持つ哀しみや、集団心理の恐ろしさ、などなど、ぎゅっと中身の詰まった映画という感じ。
それでいてアクション面は、さすが韓国映画で見応え満点。ハラハラドキドキもバッチリ抑えているし、韓国映画の質の高さを改めて感じた。

面白すぎる!
見た人誰もがお勧めする理由がわかった。
マ・ドンソクが良すぎる。
ありきたりでありながら
すごいアクションとかではなく
現実味のある作品だった。

最後、射殺されるエンドもすこし期待した
思ったより微妙でした。
電車一本のシチュエーションかと思ったら意外と展開があったのでそこは見応えあったけど、、、

全体的にアクションがもったりしてたし、ゴア描写が少ないからか緊迫感が薄く感じた。てかゾンビが弱い。遅い。あまり噛まない。
ドーンオブザデッドとか28日後…とか絶望感ヤバかった。

おばあちゃん姉妹の妹がなんでか一人コントみたいなメイクで、出てくる度に興ざめしたし。
ゾンビがワラワラ群がるのもワールドウォーZで見た事あるぞと。
クライマックスのコン・ユが身投げするシーン、影で見せる手法はドライヴで見たなと。
ゾンビの血が付いたシャツで娘抱きしめないであげて!目とか粘膜から感染したらどうするの!と気が気じゃなかったり。

うーん色々と思うところがありました。

よく引き合いに出されるけど、個人的にはアイアムアヒーローに軍配が上がります。
主人公たちがやってくる→感染者だと疑われ、隔離される→婆さんがドアを開けてみんなゾンビに食われるの流れが、あざとすぎて完全に冷めてしまった。スローが多いからか、スピード感にかける。主人公が死ぬシーンの回想カット入れるのも苦手だ。
日常から非日常にシームレスに流れる感覚はアイアムアヒーローのほうが遥かに上手い。

ただマドンソクが発車する列車に乗ろうと走りながら、ゾンビをばたばた倒してくとこと、ラストの伏線回収は見事。
韓流映画でかつゾンビ映画という普段あまり借りないジャンルで新鮮だった。みんながゾンビに逃げながらも感染していく仲で恋人同士の愛や親子愛等さまざまな愛のかたちを感じられる一面もあった。
>|