新感染 ファイナル・エクスプレスのネタバレレビュー・内容・結末

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

4.1

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

主人公がただただイケメン。

主人公が感染して死んでいくシーンはかなり悲しかったけど列車から離れていくスローモーションはもはやアートだった、笑
ラストに救いがあって良かった。

子供が純粋で良い子すぎて可愛かったです。
あと妊婦の夫が良い人すぎて強くてかっこ良かったーー!

ゾンビのクオリティの高さも素晴らしい。

しかしまあ 全然的にハラハラして面白いけど、 ゾンビっつうかあのがめついおっさんがいっちゃん怖いて話でした。
ゴミみたいなおっさんだったな、、
ゾンビというかこわいもの、びっくりさせられることが苦手なのですがやったら評判がよかったので観てきました。

面白かったです!

新幹線(や列車)という動く密室で感染するという絶望感と、限られた場所を最大限活用するギミックに創意工夫が溢れていてもう最高。

テープを腕にグルグル巻きにして噛まれてもヘーキヘーキと言わんばかりのガバガバ戦闘方法もスクリーン越しに見るとあら不思議、なんとも頼もしい。(のちにうまいことテープを巻かれてないところを噛まれるのだけどそれはまた別の話)

とにかくマッスルがいいキャラでいいひとで、マッスルがんばれ!がんばれ!と。大好きだったし、彼を見捨てざるを得ないところで初めて主人公が言う「すまない」に少しホロリ。

未感染者と感染者の対決から未感染者同士での対立という流れもお約束ながら、魅力的なクソ野郎のおかげで本当に楽しかった。
アイツがちゃんと死んでくれてよかったです。

仕事第一・家庭を顧みず手段を選ばない主人公と、そんな父親でもそれでも愛する娘の親子愛というのもよかった。よかったんですけど、お前が最初からちゃんとしてれば「こんなこと」になってなかったかもしれないのに。とかね、少し思っちゃいました。
いや、ちょこっと泣いたのも本当で。

お話に関してはなんとなーく雰囲気で感動させられてる気もしなくは無かったけど、実際感動しちゃったし、とにかく映像の力強さ、熱量が最高でしたし、ゾンビ映画って面白いんだ。というのは自分の中で大発見でした。
 

自宅にて鑑賞。韓国製サバイバル・アクション・ホラー、原題"부산행(英題"Train to Busan")"を無視した物凄い邦題。独特で特徴的なのは、感染すると発症が速く、音には敏感に反応する割に鳥目なので、だるまさんがころんだ状態が何度か繰り広げられる。更に予算的な意味合いか、アップに頼らず、窓の映り込みだけで燃え盛るビルや崩壊する街を見せるシーンが何箇所かある。ゴア描写はマイルド目乍ら、主要な登場人物がドンドン減って行くのも好感が持て、前半~大田(テジョン)駅から再発車させる迄の展開が特に小気味良い。80/100点。

・テンポや描写がスマートでクールだが、拝金主義や権威主義が見え隠れし、物語のバッググラウンドにそれらが込められていると感じた。

・誕生日プレゼントやイヤホンのシェア、或いは座席を譲り合う等、ダレ気味になりがちな登場人物の性格や背景を説明的になり過ぎずサラッと見せ、伏線はキッチリ回収されている。ただ惜しむらくは、利己主義者が複数いたりするやや重複的なキャラクターが出て来たり、意味深なC.グィファ演じる“ホームレス”が何でもなかったり、このシーケンスの為に配したと思われる登場人物がいる衒いが残るのは少々残念。

・“ソグ”を演じたG.ユは釜山出身であり、“サンファ”のM.ドンソクは、彼のパーソナルトレーラーだった事から本作出演のきっかけを得たらしい。ちなみにM.ドンソクは、米の総合格闘技イベント「UFC」の王者で、我国の「PRIDE」でもお馴染みの“赤鬼”と呼ばれたM.コールマンのパーソナルトレーナーを務めていた経験もある。

・舞台となるKTX101列車は、客車2両と接続部3両をセットとして組んだと云う。CGIは本篇の約1/3にも及んだが、車窓からの外景は演者への映り込みを考慮し、敢えてブルーバック等のクロマキー合成を使用せず、約300個のLEDパネルを設置した(『オブリビオン('13)』でも用いられた)背面投影スクリーンを使用し、更に時速300kmを自然に見せる為、複雑な照明を駆使し、撮影された。

・ライナーノーツによると、撮影は'15年4月26日~'15年8月19日迄で1,800カット全てを撮り終えたと云う。

・'17年9月現在、本国韓国で歴代六位、シンガポールでは韓国映画として初の百万ドル越えとなるスマッシュヒットとなった。これを受け、監督は前日譚となるアニメ『ソウル・ステーション/パンデミック('16)』を脚本・監督した。

・鑑賞日:2017年9月4日

 
文句なしに面白かった!!

何から語れば良いのやら迷うくらいに褒めどころ満載の最高の映画でした。
友達と語った内容と合わせて書き留め…


①まず何よりも、ゾンビと掛け合わせた鉄道という要素を掘り下げに掘り下げてるのが素晴らしい!
車両、トイレ、荷物置き、駅、窓、トンネル、密室などなど、使えるところを余すところなく使っており、そのアイデアの引き出しの多さは脱帽もの。
駅のエスカレーターで下っている途中でゾンビになった軍隊が上がってくるシーン、エスカレーターにはこんな使い方もあるのかと驚いた。
新幹線が斜めに傾き、窓から大量のゾンビがこちらを覗き込んでいるシーンの画なんてゾッとするくらいいい画だった。
また、新幹線という「常に移動する密室」は、考えてみるとゾンビ映画と物凄く相性が良い。密室でゾンビと一緒になり、しかも逃げ場がないという閉鎖的な恐怖があるし、籠城して展開が硬直している時も常に移動し、状況が変化していくので飽きることがなかった。新幹線の中の状況が落ち着いたら外に出されてまた車両へ、の繰り返しで、1つの場所に全く止まらせない。


②キャラがいい!
主人公は序盤、自己中心的に物事を考える男だった。でも自分が助けて貰ったことで他人のことも思いやるようになった。初めからできた奴だったり、誰かを守る覚悟を決めるような成長というのはパニックものでよく見る主人公といった感じなのだが、こういうアークが主人公に課してあるということがこの映画のドラマへの入れ込み具合を表している気がする。描写もしっかりしているし、ドラマ部分がスリラー部分を邪魔していない。
おそらく最も嫌われ役のバスの常務の男。彼は自己中心的な人物で、主人公と対比して語られるポジションだった。主人公も娘がいなければこの男の様になっていただろう。主人公とこのキャラクターが一騎打ちで対決したのはただの偶然ではないと思う。ちなみにこの2人は死に方も同じである。
一番好きなのは太った男と妊娠した奥さんの2人(3人)。常識がないが何よりも奥さんと子供を優先して考える男と、彼を少し尻に敷いてたしなめる美人な奥さん、という関係性がたまらなく好きだった。

③ドラマがいい!
やはり韓国のお国柄なのか、親子愛のエピソードが多いのだが、ゾンビパニックを邪魔せず良きタイミングで良きドラマが挟まる。
ベタベタだが、太った男が死ぬシーンは泣いた。子供の名前を初めて奥さんに告げる、というワンアクションのおかげであのシーンのドラマの質がぶち上がっている。
ラストシーン、妊娠した奥さんと主人公の娘が軍隊に保護されるまでのくだり。軍隊は初めその2人が感染者か確認できず射殺しようとする。ここで思い出すのは、主人公と娘の車の中での会話。主人公は学芸会で歌を途中でやめた娘に対して「諦めるくらいなら初めからやるな」と教えている。一般の感性なら、それで良いのかな?と疑問を覚える様なセリフである。そしてこのセリフは、感染者か分からないくらいなら初めから諦めて2人を撃ち殺そうとする軍隊の行動そのものなのである。しかし、その行動を覆したのは主人公が叱ったの娘の歌。良い構成だった。

④ゾンビがいい!
この映画のゾンビの特徴は見た目以外で大きく分けて2つ。足が速いこと、見えないものを追えないこと。特に後者の特徴はトンネルと相性抜群で、トンネルに入っている時間とトンネルを出た瞬間の静と動のコントラストが良いスリラーを生んでいた。
見えないと追ってこない、という制約のおかげで、難易度的にかなり丁度良くなっている。
また、見た目がそこまでグロくないので、スリラーばかりに意識がいかないのも良かった。
何回かあったけれど、ゾンビの集団が波の様に膨らんで襲ってくる描写がバカっぽくて好き。


スリラーとしてもドラマとしても文句なしに面白く、ゾンビ映画の中ではかなり爽やかな方だと思うので、色んな人に勧めたくなる。
これをカップルで見られる人たちは勝ち組だと思う。
ちょっと前に観ました。
ゾンビ映画の王道でとても良かった。
ちゃちで大雑把な感じも一種のユーモアささえ感じます。ヒロインの女の子より、サブキャラの妊婦が綺麗、おばさま姉妹の妹のカツラが妙に不自然。バス会社の常務はいそうなやなオッさんだし、プロレスラーみたいなオッさんが熱いいい奴だったり、高校生のカップルが今時どうってセンスだったりと突っ込みどころ満載です。
結局は父娘の愛情を描くドラマです。
熱くてストレートな韓国映画なんで同じようなもの見続けると胸焼けしますが、たまに観る分には中々いいもんです。
狙いはシンプルでブレないのでいい映画だと思います。
オススメしてくれた友達がハードルを上げすぎたので、ちょっと期待外れな所はあったけど面白かった!

何よりも何よりもコン・ユを知れた初めての作品ということで私の記憶に残るでしょう。
めちゃくちゃカッコイイやんけ…!!

ゾンビ映画って面白いね。
何度も笑ってしまった。
勝手に扉開けたおばさんが1番腹立つなぁって未だに思い出し怒りしてしまう。笑
娘がもっと可愛かったら良かったなぁ。
あと邦題。笑
泣ける映画だとは思わなかった。こんなおもろいゾンビ映画初めて見た
1人でゾンビ映画なんて見ることないんだけど評判良すぎて見た。

クオリティ高い〜
ゾンビがシンプルで人物の方に注目いくようになってるし、そんでもってメインどころがみんなカッコいい

クソ親父だけ最後までくそくそでした。
いいクソっぷり。
火事場の馬鹿力。

基本的にホラーやゾンビが出るような映画は苦手なので観るつもりはありませんでしたが、、感動のラスト!とか言われると気になってしまい、滑り込みで映画館へ。苦笑
妊婦さんが荷物台によじ登れる?あんなにダッシュできる?等々、突っ込みどころは多々ありましたが、ご愛敬。子どもを想う親の気持ち、パートナーや友だちを最後まで助けよう守ろうとする男性たちの姿には感動しました。特にサンファがカッコよすぎ!生まれてくる赤ちゃんにはパパの勇姿を伝えてあげてほしいです。

余談ですが、、主役のコン・ユさんが田中実さんに見えたのは私だけ?(最近見かけないなと思ったら亡くなられてたんですね、知らなかった・・・)
ただのゾンビ映画じゃなくて登場人物それぞれにドラマがあった
お父さんに聞いて欲しかった歌が最後に娘と妊婦さん助ける役割を果たした時はもぉゾワゾワってきた
ただひたすら正義のスーパーマッチョマン頼りがいありすぎる
お父さんの自分優先思考から物語すすむにつれて変わってく過程も納得 最期も納得
クズはクズの役割をしっかり果たしてて、それはかつての主人公の姿でもあってと感慨深かった
>|