新感染 ファイナル・エクスプレスのネタバレレビュー・内容・結末

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

何故ホームレスの男は急に身代わりになったのか。
何故関西風パンチパーマのおばちゃんの姉妹は、普通に助かりそうな時に無駄死にしたのか。
何故トンネルの中の電車は電気が点かないのか。
何故ひと噛みしてツバをつけたら、感染者はすぐに次の人間を狙いにいくのか。

全ては話の展開のために、都合が良く済まされているところが多々あった。
その中でも特に気になって仕方がなかったのは、どうでも良いようなモブの感染者は噛まれて速攻で転化するが、話の都合上見せるのが必要な人物の時は、転化まで時間がかかっているというところである。
パンデミックものには秩序が必要不可欠である。秩序を失くしては、違和感を覚えて斜めに構えて観てしまう。

それから、クライマックスに主人公が噛まれるのだけ予想外な方向に持っていってくれたけど、それ以外は全て予想通りだった。
ああ、こいつは次でこうなって良いやつになるんだなとか、こいつはここのかませ犬だなとか、構成がシンプル過ぎて分かりきった展開にしかならなかった。
そのためか、ビクッと驚けるところも特になく、そういう演出にも努めてはいない様子。

あと、血は繋がっていても赤の他人のような冒頭の父と娘のやりとりと関係性を、もっと濃くやってくれないと、ラストの父と娘のシーンで泣けるところまでいけない。
その点は『ウォーキング・デッド』の方が、尺が長いからできるのもあるが、人間関係やそれぞれの葛藤がちゃんと浮き彫りになっている。

主人公達に一切銃を持たせなかったところは素晴らしい試みであり、また、『アイアムアヒーロー』みたいに感染者に理性が垣間見える様子があるのもとても興味深かったから、それなりに面白くなりそうだと思って観ていたら、余計に悪いところが気になってしまった。

というか先ず、邦題のオヤジギャグをどうにかして欲しい。
THEパニックムービー。目新しさはないけどハラハラできたので○。
一番良いシーンのはずの主役の回想が変にアイドルっぽくて笑ってしまった。また、子供の気持ちを汲んで“家族”なのかと思ったら、母親が1ミリも出てこなくてさらに笑った。本当に冷め切ってたのね。
最後の歌のオチはギリギリまでどちらか予想できなくて感心した。
泣けるゾンビ映画!
登場人物が揃った時点で誰が死ぬとかまあまあ予想つくんだけど、すぐ脱落させず、各人物に愛着湧かせてからどんどん感染していくものだから、まーつらい。
おデブな旦那さんが噛まれた時は分かってたけどショックで叫んだ。
妊婦さんが可愛いんだよなー。めっちゃ走ってたのはかなり心配になったけど。
噂でゾンビ映画だけど温かい作品だと聞き、感動ものだとは聞いてはいたけど、、嗚咽なんですけど。。目が腫れて外に出れる顔じゃないんですけど。。鏡見て自分が感染したかと思ったわ←

ああー、コンユ様かっこよすぎる。。あんなアッパだったらな、、
スアナ上手いし、韓国の子役は層が厚いです素晴らしいです。

感染してないはずの人間達の欲ぶかさは恐ろしかった。でも自分もあの列車にいたら、自分の大切な人と自分を守るためだったら他人を犠牲にしてたかもしれないな、、個人的にプサン好きなので安全そうで良かったな←
歌とかさ、最後にずるいでしょ。。アッパために練習した歌で救われるなんて、切なすぎるでしょ。そんな伏線の張り方ないぜ〜
本当にこすかですよ〜
マドンソクの赤ちゃんの名前のとことかさ、、
でもそういうちょっとくさいとこ韓国の好きなとこ〜♡ツボ〜♡

はあ。。昨日からグレイテストショーマンから泣きすぎて疲れたよ。。
今日はトドメのキスをリアタイで見たいからあと2本までだな。
こちらでの評価が高いので、滅多にアジアの作品は見ないのですが、レンタルして鑑賞です。

最近、ずっとウォーキングデッドを見ていたので、そこそこゾンビには慣れていると思うんですが、モンゴロイドだとまたイメージが違う。そしてとにかくワールドウォーZ並みに動きが速い!跳ぶ!覚醒するときの動きが取り憑かれたみたいで気持ち悪いです。終盤、電車に引き摺られるとことか、なかなかの迫力でした。

序盤がスピーディに進むので、主役のお父さんがどんな人なのかは少しずつわかりますが、ラスト、ずっと一緒にいられると思っていたからこそ、忙しさにかまけて娘との時間を作らなかったことへの後悔がすごく伝わって、涙腺決壊ダー!

もちろん、妊婦さんの旦那さんのかっこよさは言わずもがなだし、生まれてくる子どもの名前を伝えるシーンが、どんな別れの言葉よりも辛くて、涙ぼたぼたでした。

これでもかというくらいの危機的場面が次々に現れるアクション面も抜かりがなく、それ故にドラマも引き立って、すごく引き込まれました。

お父さんの手の血糊のつき方が前後したのだけが、前のめりになった気持ちをちょっとだけ現実に引き戻したかなぁ。
いやぁー面白かった!
特段「ゾンビが好き!」ってわけじゃないんですけどね、周りの方もみんな口を揃えて「面白かった」「泣ける」って言うもんで気になっちゃって。

評判通りによかった!
ゾンビは口実にすぎない、父として親として人として、娘や妻や他人にどう対峙していくのか。
そしてどうしようもなくなった時、どういう行動をとり、何を守るのか。

マジであのクソ親父なんだよ‥
無駄にしぶといし‥
バス会社の常務だかなんだかって話だけど、まぁわかりやすい権力者、乱暴者、自己中のお手本みたいなキャラ。
各シーンで「こいつまじ許せないな」と思うんだけど、なんでかゴキブリみたいにしぶとい。
最後はまぁ、うん、、
言っちゃいけないってわかってるけど敢えて言うよ。ザマァ。
(ごめんなさい)

妊婦さんの旦那さん。
ロバート秋山と新井浩文を足して2で割った感じの優しいプレパパ。
そして強い。彼のラストは泣けたシーンの1つでした。
最後まで生きて欲しかった。

野球部の彼と彼女。
仲間は殴れないよね。悲しいよね。
そしてあのおっさんがまた許せなくなるんだけど。この2人のラストも泣けた。
かわいそうに‥。
2人であちらで仲良くね‥。

そして主人公スヨンとそのパパ。
いわゆる仕事人間。
家庭を顧みず没頭している。
そのせいで嫁は出て行き、娘の世話は祖母に頼んでいる状態。
娘の誕生日こそ覚えていたものの、こどもの日にあげたプレゼントとダブっちゃってがっかりされる始末。
仕方なく嫁のところへ娘を連れていくところでゾンビ事件発生。

お年寄りに席を譲る娘を褒めるでもなく「そんなことはするな」と一括。

「パパはいつも自分のことしか考えてない。だからママも出て行ったんだ!」

パパ、がーーーん😨😨😨😨😨

親心もわかるけどね
仕事は大事だし、予想だにしない場面ではまず自分の身を守ることを子供にはしてほしい。
とはいえバス会社のクソ親父みたいになるともはやゾンビより化け物だよね。
ほんと、あんな大人にはなってほしくない。
愚かな人間も充分怖いんだという、普遍的ではあるけどパニック映画につきものの教訓もあり。

あと集団意識かなぁ
誰か1人が「出て行け」と声をあげる。
それに誰かが加勢する。
きっとあの中にはあの行動に疑問を持った人もいたはずなのに。
生きるために‥(死んだけどな!!)
あえて言おう!!ざまぁあああああ!!!


パパとスヨンの別れ。
「だから手出したら噛まれちゃうよ!」という私の声は届かなかった‥
娘に噛み付くことから守ったとはいえ、まだこの先が安全かどうかわからないのだから。
娘が生まれた時の白いフワフワした映像は必要だったのかどうかわからないが、まんまと号泣したから多分必要だったんだろうな。


あのホームレスのおっさんたちが最初の方ブツブツ言ってたのはなんだったの?
結局何者?
もしかしてなんとかバイオの関係者なのかな‥?

続きがあってもおかしくない作りになってるから、というか細かいことが全然わかんないから、このクオリティならまだ他のお話も見たいなぁ。
もちろんスヨンのママのことも気になるし‥
アニメーション作品でアナザーストーリーがあるみたいだけど、アニメーションかぁ。

ウォーキングデッドでチンタラしたゾンビばっかり見てたから、飛んだり跳ねたりクソ俊足でアグレッシブなゾンビに心踊ったわ!ただし鳥目←
なんだかんだササーっとラストまで見てしまった。内容ありきという事かな。
ラストが切ない感じでなんだかなぁ…
っていうか最後まで残ってた自己中なオジさんに腹が立って仕方ない。
アイツさえ居なければ!こんにゃろ!
好きな俳優さんが出てたので映画で見たかったけど結局レンタルに…

ゾンビ映画というよりワールドウォーZみたいな勢いでゾキュンにも似てた…最後はアイアムレジェンドみたいだなって…
列車にあんなにたくさん生存者がいたのに最後二人しか生き残らなくて…あのお父さんのシーンは泣いた…
ゾンビ映画。
電車の中で感染するから新幹線とかけて「新感染」。
邦題のネーミングセンスが。。

TWDとは違ってゾンビが元気。
かなりハラハラした。
とにかく、最初から最後までドキドキの連続でずっと面白かった!

ゾンビ映画かつ、映画の題名が新感線という、ダジャレ?な感じだったので、評価は高かったものの、それ程期待せずに鑑賞したら、、ゾンビ映画なのに感動(;;)

ずっと感動(;;)でした。
人の温かさだったり、反対にずるい部分、自分だけを大事にしてしまう部分、エゴの強さなど、生きるとはという大きな問題についても考えさせられる話でした。

最後に2人が生き抜いて保護されたのが、せめてもの救い。本当に面白い作品!
>|