新感染 ファイナル・エクスプレスのネタバレレビュー・内容・結末

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿されたネタバレ・内容・結末

たまたま私が観た映画館だけだったら全然参考にならない感想になりますが……。

良い意味で音響が抑え気味だったので、
よくある「大音量と共に突然何かが襲ってきて心臓がビックリ!」みたいなのは少なく、それがゆえにストーリーに集中出来た。
もしかしたら意図的に音響を小さくしてホラーやゾンビという枠ではなく、
ヒューマンドラマというかストーリー的に訴えたいものがあるのかなと思った。

自分だけ良ければ良い。
自分だけ逃げ切れれば良い。
そのへんの行動に対して(あのオッサンw)しつこいほどに疑問を投げかけてるように思え、
セフォル号の船長の行動を思い出させる。

主人公も最初はそうだったのだ。
子供に「パパは自分のことしか考えてない。だからママもいなくなった」
みたいなこと言われる。
でも結局、誰かが誰かを守っていた。
ほんと、この映画はヒューマンドラマでした。
感動した!
ゾンビとアジョシがいっぱい

しんどかったけどおもしろかった……!!いいもの観た!
主人公親子以外の人物はところどころでちょっとスポットライトが当たるくらいだったけど、それで十分関係性が伝わってきた。特にあの姉妹!序盤のゆで卵とか、姉の感染前後の2人の表情、台詞で彼女たちがどんなふうに生きていたかがわかるようで切なかった。妹がドアを開けたのはやっちまったな〜と思ったけど、そうしたかったのは納得できる。
ロバート秋山っぽいアジョシかっこよ過ぎるでしょ!あの夫婦どちらも勇気と思いやりと強さにあふれてるわ。
バス会社のアジョシは最初のうちは間違ったこと言ってないかなって感じだったけどね。後半の言動はうっそだろお前……の連発。15号車のドアをさっさと開けてればロバート秋山アジョシ生存ルートで釜山に行けたかもしれんのに……
野球部はつらかった。あの結末は「運命」だったんかな。
主人公はああやって死ぬ(?)ことで責任をとったということ?代理からの電話をとった時から覚悟はあったんだろうか。運転室を出た時のスアンとソグには涙腺がパニック起こしてた。
韓国の事情がわかってたらもっとおもしろかったんだろうな〜
原題の「釜山行き」のかっこよさと不穏さと鑑賞後に意味がわかる感、最高
一企業の失態が発端って、その会社すごい
な!なんてことは全くストーリーには無関係で、ひたすら逃げて逃げきれるかって作品でした。
何と言っても感染爆発してから数時間の話なので。

しかしちゃんとドラマになってる!
しかも映像レベルは邦画の比じゃないリアル感!
ハリウッド級まであと少しって感じ。
走るゾンビに追われるとどんなことが起こるのかのアイデアがすごい!
次々とイベントが起こるというか、シチュエーションが変わって約2時間、全く飽きません。
終わり方は悲惨な感じでも良かったかなぁ。

大人の話す韓国語ってあまり好みじゃないんですが、子供が話すと可愛いですね。
ゾンビって早いとやっぱり怖い(ウォーキング・デッドに慣れていると全然恐怖が無くなる


大量にこっちに向かってくるゾンビ達....
しかし劇場では爆笑してしまった
早いけどコミカルで設定もキチンとしていて最高ゾンビ


全体的なストーリーもシンプルだけど良くて本当に怖いのはゾンビでは無く絶望の淵に追い詰められた時に産まれてくる人間の業の深さ...と言った感じでした
その中で娘に対する愛に目覚めるのが主人公や子供が産まれてくるムキムキのおじさん達なんだけども


全く可愛くないなと思っていた子役の女の子が演技上手くて最後はすごく愛おしい存在に


コクソンは極音で観たら本気で怖そうだけどこちらは平気そう
むしろ観たい作品ですね

齢31にして初めてのゾンビ映画は、数十分に一度、隣の人に「ねえ!こわい!」と報告したくなる己の硝子メンタルを知りました。

泣ける、という評判は聞いていて、
でもこのくらいの親子愛じゃ私は泣かないなーと俯瞰して見ていたら最後の最後で泣かされた。
「生存者と確認できないなら撃て」と兵士が引き金に指をかけて、
あーやっぱり一番怖いのはゾンビじゃなくて人間でした、ってオチかよ絶望だよ、と完全に諦めていたら聞こえてきた歌。
歌、が人間と人間じゃないものを分けるもの、という予想を超えたラストに今まで経験したことないぐらい、目と鼻の奥が一気に熱くなって、エンドロール終わっても涙が止まらなかった。
音楽が持つ力を全肯定された気がして、音楽が大好きでやまない自分はこのラストが本当に大好きだ。
そして、彼女が歌っていた歌がアリランなどの韓国の歌ではなく、ハワイ語の歌詞というところもとても良かった。

帰宅して考察ブログを読んでいて、
朝鮮戦争やセウォル号事故のメタファーもある、という点も興味深かった。
確かにこれは日本版でリメイクしても、ここまでリアリティーはないだろう。
トラウマティックだからこそのリアリティー。

ゾンビ怖かったけど、
駅の2階からガラス突き破って上から大量のゾンビがバラバラ落ちてくるとこと、
列車の後ろにゾンビがつかまって、大量のゾンビが引きずられていくとこは笑えた。
ゾンビ映画好きの知人が「ゾンビ映画面白いよ!」って言ってた理由がちょっと分かった気がする。
足速いだけでも恐ろしいのに、電車という密閉空間の中で逃げにゃきゃいけない!!!もうドキドキ!!!

なんでだろう。お決まりの展開で安定して楽しめるのは本当ゾンビ映画ぐらいだけだと思う。本作でもしっかり楽しんでしまいました!!

なんといっても、ドンソク氏のセクシーな腕に惚れました。あの方はゾンビになるために生まれてきたといっても過言ではないと思う程ハマり役だった。

捻くれ者の私だからか、ハッピーエンドなのは少し残念だった。バラエティ要素がもう少し欲しかったかなと思ったので、最後は結局みんな感染して、電車だけが釜山に到着する終わり方でも面白いんじゃないかなって思ったり。でも、家族愛感動お涙頂戴で泣けました。
走るゾンビ怖い!!
感染した時の動きの気持ち悪さもなかなか。迫力があった。

意外にもちょっと感動するシーンがいくつか。
嫌味なアイツも結局みんなの犠牲になってくれたり
恋人が噛まれてゾンビになって自分もその恋人に噛まれちゃったり
親子の永遠のお別れがあったり…

そういや小汚ねえおっさんもがんばってたっけ。
ゾンビ好きには溜まらん映画。

人間がゾンビに転化するところ、おそらくダンス的な要素を加えており、そこが新しい。

またタイトル通り、列車縛りで物語を作れてるのがすごい。

少年ジャンプ的なノリもあり、80.90年代のジャンプで育った男にオススメ

また、ガチムチのおっさん。
現実にいるああいうオシャレしてて、オラオラ系で嫁がきれいなおっさん、大っキライなんですけど、ちょっと見直そうと思いました。
お父さんの成長がよかった
子供が役の中でも、役者としてもすごかった。
他の作品でもいえるけど、死んですぐのゾンビは新鮮だから走り回れるのかなぁ
電車の中で巻き起こるゾンビパニックムービー!元気の良いダッシュ力のあるゾンビ達はなった瞬間の関節の動きが不気味で良かった★積み重なってその上から追いかけてくる様は運動会や体育祭を思い出した🌞ストーリーは家族愛がメインで強い旦那さんが闘って逝ってしまったのと子供の号泣につられて泣けた…
>|