聖ゾンビ女学院の作品情報・感想・評価

聖ゾンビ女学院2017年製作の映画)

上映日:2017年05月27日

製作国:

2.7

あらすじ

新型ウィルスにより人肉を食らう死者=通称“ギンプ”が大発生し、文明の99%が滅び去った世界。ギンプ除けのフェンスがはりめぐらされた校舎で、人類の未来を託された七人の少女たちが学園生活を送っていた。ノノカ、モエ、エミリ、ナギ、アカリ、カリン、ミユ―― 外の世界を知らず、教師たち以外の人間を知らず、ひたすらギンプとの戦闘法を叩きこまれて育った七人。しかし、ノノカが連日見る悪夢をきっかけに、その日常は…

新型ウィルスにより人肉を食らう死者=通称“ギンプ”が大発生し、文明の99%が滅び去った世界。ギンプ除けのフェンスがはりめぐらされた校舎で、人類の未来を託された七人の少女たちが学園生活を送っていた。ノノカ、モエ、エミリ、ナギ、アカリ、カリン、ミユ―― 外の世界を知らず、教師たち以外の人間を知らず、ひたすらギンプとの戦闘法を叩きこまれて育った七人。しかし、ノノカが連日見る悪夢をきっかけに、その日常は揺らぎはじめる。そしてある日、事件は起きた。訓練中にモエがギンプに噛まれたのだ。ノノカの胸にわきあがる学園への疑念。校長との衝突。やがて、激しい戦いの末に、少女たちは恐るべき真実を知ることになる……!

「聖ゾンビ女学院」に投稿された感想・評価

何がおもしろいって、虹のコンキスタドールが奥村、鶴見、陶山、根本、中村、的場、大塚、ワニ完才というメンバー構成と思われても仕方のないようなワニ完才の推されっぷりで、メンバーは大体上記の順番で出番が多いんですが、ワニ完才はというと陶山の次に出番が多くて、なおかつ、たいていこの手のアイドルゾンビやらアイドルホラー映画はメンバーが誰かしら死ぬ(誰が最初に死ぬかなど、死に順はネタになったりする)にも関わらず虹のコンキスタドールからは死者ゼロ、強いて言えばいつも優しかったワニ完才がメンバーに看取られながら死ぬという一番おいしい場面をかっさらっていく。
大和メンバーを押し退けて加入した新メンバーワニ完才の今後の活躍に期待したい。
虹のコンキスタドールって誰よ!(笑)

地下アイドル応援プロジェクト第3弾!
実は今作劇場公開時に観るか迷ったやつなんです(笑)
でも同じ上映時間に伝説の『屍囚獄』がやってて、そっち観たのでこれは観れなかったやつなんです!(笑)
では行ってみよー!

ギンプだらけの世界から隔離されて闘いの訓練をされている7人のJKの話し。
今作は一応ゾンビものなんやけど、アイドルホラーですらあらへん。
訓練シーンはへぼいし、グロいシーンもチビっとやし、人類がほぼ絶滅しているはずやのに、隔離された女学院の中は何不自由なく生活できてるし、って何より虹のコンキスタドールの7人が微妙(笑)
地下アイドルってこんな程度なんか?(笑)
演技が下手なんはしゃーないとしても、ブスやないけど可愛くない!(笑)
とボヤきながら見てたら、まさかのディストピアものやった!(笑)
アイドルものにしてはちゃんとストーリーあるやん!(笑)
ハリウッドとかでお金かけてつくってたら、なかなか面白い作品になってたやろうに、もったいない!(笑)
実際ネタバレになるから書けないけど、今作とほぼ同じ設定の洋画が今年公開されてて、劇場で観てるしなぁ(笑)
オチはだいぶ違うけど(笑)

地下アイドル主演映画としたら、頑張ってたほうやと思う(笑)
と言っても所詮B級映画やし、前半めっちゃつまんないし、オススメは出来ないけど(笑)
普通のアイドル映画の範囲内の映画
ガンアクションはよかった
爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

3.5
ギンプと呼ばれる生ける屍によって文明が99%滅んだ日本。ギンプ除けのフェンスが張り巡らされた校舎で外の世界を知らずギンプとの戦闘方法を叩き込まれて育った7人の少女。その中の一人ノノカは連日観る悪夢をきっかけに学園での日常に疑問を持ち始め…というストーリー。
虹のコンキスタドールという聞いたこともないアイドル主演のゾンビ映画です。
本作のゾンビはギンプと呼ばれメイクは白塗りで欠陥が浮き出た超なメイクですね。お食事シーンは全然ないです。終盤になるまでは外をうろついてるだけでそんなに数も登場しません。人を見つけると体内で電気を発するという独自の設定があり、発電に使えそうだなぁと思ってたら実際に発電に使ってたのは笑いました。
主役の女の子たちは演技はまあ…という感じですが、低予算和製ゾンビ物には欠かせない存在になってきつつある亜沙美嬢ドS教官役で存在感発揮していました。ただ、退場の仕方は勿体ないですね。どうせならギンプ相手に得意の殺陣を披露した後に豪快にムシャムシャ食われるくらいのサービス精神は見せてほしかったですね。後、親切な用務員の佐古田さんがいい味出していました。
終盤明らかになる学園の秘密と主人公たちの正体はほぼ同時期に映画も公開された「パンドラの少女」を彷彿させました。
ゾンビから守る為フェンスで隔離された施設、終盤そこにゾンビが押し寄せる展開は「死霊のえじき」ですね。
監督さんが他の映画でガンエフェクト担当されている方なのでガンアクションは気合入ってましたね。
最後は一見ハッピーエンドっぽいけど人類視点で見たら結構ダークな展開で意外でした。所謂メリーバッドエンドってやつですかね。
アイドル映画ということで期待値低めに見たからなのかそれなりに楽しめました。ただ、ゾンビ映画ファンはあんまり満足できる内容じゃないかな。虹のコンキスタドールファンなら楽しめるんじゃないでしょうか(僕は別にファンじゃないけど)
ひろむ

ひろむの感想・評価

2.7
前回の長編PVに比べて、格段にレベルUPしてるのが良かった。

まぁ、アイドル映画にしては良かったって感じ。
一人じゃ見れない…
単なるアイドル映画かと思ったら、ガンアクションはすごかった。
マサ

マサの感想・評価

2.0
ゾンビと学園の裏の顔を暴くという二段構成。ゾンビ物の逃げる恐怖とかはないものの、CGや武器のチープさは見てて笑ってしまうほどの出来!これはテレ東の午後のロードショーでもやっていいと思う。

このレビューはネタバレを含みます

腐る前に、戦え!

***

可愛い女の子が銃もってゾンビと戦うって、それだけで最高じゃないですか。

…割とほんとに普通に楽しかった。笑

え!?半ギンプなの!?
え!?姉妹なの!?
え!?そんなに外の世界のこと知らないの!?車初めて見たの!?
やった!念願の107(マルナナ?)行けるね!!!
てな感じでこういう作品をピュアに楽しめるの、自分で言うのもなんですが、僕の良いところだと思うんです。笑

虹コンちゃんお疲れ様でした!鶴見さん🙆‍♂️!
綾女さん目的に「光」を観に行くか、はたまた亜紗美姉さん目的に本作観るか…迷いましてん
結果本作を選択、すぐに公開終わりそうやしな
うん、ポンコツゾンビ映画は大好物やけど、それでも「光」観た方が100倍有意義だったに違いない!という確かな手応え

パンデミックが起こりゾンビにより壊滅した文明、僅かな生き残りが集う学園で7人の少女が人類の未来を担い教育を受けていた、しかしやがて彼女達にも自我が芽生え自分達の置かれた状況に疑問を持ち始める

公開日に関わらず上映19時1回のみ、しかも無駄に舞台挨拶付きでお値段高め…
亜紗美姉さんの登壇でもあれば万歳三唱したが、残念ながら中学生?高校生くらいかな?ナンチャラカンチャラって名前のアイドルグループらしい小娘ばかり、フォロワーさんの中には僕がロリコンやと思っている方もいるようだが、断じて違う、本作のキャストで僕は断然亜紗美姉さん推しだ!

そしてグダグダな舞台挨拶が終わり、さぁいよいよ亜紗美姉さんとゾンビだ!なんて思いきや、なんやこの盛り上がらないポンコツっぷりは…もしかしたら「ゾンビデオ」みたいな楽しいゾンビアクションかもしれんな!なんて期待した僕がバカでした…

ゾンビのクオリティは高くは無いですがまぁ最低限見れるくらいには、でもほぼ役立たず、スーパー戦隊のザコ敵くらいのポジションで本作のゾンビには楽しみも悲しみも見出せませんでした
亜紗美姉さんは7人の少女の教官役、怖いお姉さんでほぼ女の子達を叱り倒してるだけ、もっとゾンビ相手に殴る蹴るのアクションしてくれよ…
ヒロインの7人の女の子達は…うん、ほぼフトモモとお胸の谷間しか目に入りませんでした、ムチムチ
グダグダな展開に、どうでもいいわ…なる隠された真実、ポンコツが過ぎるアクション

劇場の中を埋め尽くした客の大半はナンチャラカンチャラってアイドルのファンなのでしょう、終幕後には暖かい拍手が
その拍手を背にゾンビみたいな生気の無い目で劇場を後にするしかできませんでしたとさ…フラフラ