ディストピア パンドラの少女の作品情報・感想・評価・動画配信

『ディストピア パンドラの少女』に投稿された感想・評価

部長

部長の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんかモヤモヤするラスト。
このモヤモヤは、先生の内面が描かれていないこと、ハッピーエンドなのかなんなのかわからないことに起因する

ゾンビ映画って①世界滅亡、②軍により制圧、③人類の砦に到着、④ワクチン完成って感じのラストが多いと思うんだけど、本作ではゾンビと人間のハーフがゾンビ化の原因の真菌と共生しながら新人類として生存していくという、一寸ひねったハッピーエンドという解釈で良いのかな?

ハッピーエンドという解釈なら、もう少し子供たちは人か否かで先生にも葛藤してほしかった。
博士は人と知りつつも実験体として扱ってきた苦悩を最後に告白したり、軍曹は殊更子どもたちに冷たく対応してきた裏に生き別れた妊娠中の妻がいたことを告白したりして、それぞれ事情があった。

しかし、先生は初めから疑いもなく子ども大好き、最後に籠の鳥になっても先生業ができて本望という感じで、「いや、それが信念なのはわかるけど、旧人類が滅んでいくことへの葛藤とか、自分が籠の中で死んでいくことへの恐怖とかないの?」と聞きたくなる。

もう少し、先生の信念が固まるまでの過程を見せてほしかった。

それとも、感染した妊婦の腹を食い破って生まれた第2世代もまた、出産時には食い破られてしまうのか?
だとしたら、出生率は1を超えることはないから、長い目で見ると人類滅亡エンドなのかな?


【以下蛇足】
後は、先生の信念や博士の苦悩に関わるところって、つまりは「ゾンビと人間の線をどこで引くか?」だと思う。

しかし、それこそゾンビ映画ファンなら、みんなしたことがある泥議論なので、もっと掘り下げられたでしょ?

テーマ→人を凶暴化させるウィルスに感染してるのはゾンビか否か?

ゾンビ保守派→ゾンビは生き還った死体であり、「◯日後」はゾンビじゃない。後、走るな!
ゾンビ革新派→死ぬまで待ってたら展開が遅いんだよ。感染即ゾンビ化で走っても良いだろ!

みたいな感じで昔はみんな泥を投げあってたよね?
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
〖小説実写映画化:SF:イギリス・アメリカ合作〗
マイク・ケアリーの小説『パンドラの少女』を実写映画化らしい⁉️
ハングリーズは…いわゆるゾンビ⁉️
大人は…だめで、子供は…な作品でした😱💧

2022年2,833本目
りいな

りいなの感想・評価

3.4
走るゾンビ 、28日後みたい。
雰囲気はウォーキングデッドみたいでもある。
不気味だけどゾンビ 映画好きだから釘付けになって観てしまった😱

シュレーディンガーの猫

開けてはいけない箱ってあるよね‥。
伏線回収が何とも言えない。

タイトル通りのデストピアな世界観。
ディストピア好き、カズオイシグロ好きな私には期待膨らむ設定💓ワクワク💓

真菌に侵された人がゾンビ🧟‍♀️🧟‍♂️🧟ってのがありえないので怖くないです。むしろ現実に起きているコロナウイルスの方がよっぽど怖いやんけ🫱ってツッコミを入れたくなります。

個人的にはこの終わり方が好きです。
人間って何様よ、ただの生態系の一部分じゃないかと思っちゃいました。
人間性を保っていれば、それはゾンビか否か。

最初の方のゾンビたちとの死闘が好きだったから、個人的にはもっとアクションしていてほしかった。

あと、内容が似てるってわけでもないけど
何気にゲームのラストオブアス感がある。
一部ゾンビの設定似てる?
Kiri

Kiriの感想・評価

-
「彼らの母性行動を初めて見た」
絵本
「生きるためよ、誰でもそう」

このレビューはネタバレを含みます

● 「ランド・オブ・ザ・デッド」の「精神的・改変作品」!

多分、見る人によって良し悪しがハッキリ分かれる本作、「ディストピア パンドラの少女」。

筆者の勝手な意見では、

本作はゾンビ界の巨匠 ジョージ・A・ロメロの監督作品、「ランド・オブ・ザ・デッド」を上手く再解釈した「精神的・改変作品」と考えている。
筆者が本作に好意的なのは、それが理由である。


● じゃあ、「ランド・オブ・ザ・デッド」って、どんな映画?

2005年公開の「ランド・オブ・ザ・デッド」は、簡単にいって、

「ゾンビ禍が起こった近未来を舞台としたゾンビもの」なのだが、一番変わっているのは、

「意思を持ったゾンビ」が登場すること。

しかも、サル山のボス猿のような一個体が、「ゾンビの群れを率いて、人間と戦ったりする」のである。


この話を聞いた時点で、コアなゾンビ・ファンは、


「え~~!(落胆)」と思われたのではないか? 


安心して欲しい。筆者もそう思った一人である。

ロメロは元々、吸血鬼にヒントを得てゾンビを制作しており、故に元ネタのドラキュラのように意思を持った存在にしたいと考えていたようだ。
(この辺りは、前作「死霊のえじき」(Day of the Dead) でも描かれている)
映画の最後では、人間側がそのボス・ゾンビに対し、「──あれも一つの生命だ」的な発言をし、攻撃せず見逃すという終りになっている。


──ロメロよ、あなたのやりたい事は分かった。しかし、「超設定・超展開過ぎて、見ていてキツい」のだが…


正直なところ、これが「ランド・オブ・ザ・デッド」の偽らざる感想であったのだ。

さて、ここでようやく本題に移るが、筆者は本作「ディストピア パンドラの少女」こそ、

「ランド・オブ・ザ・デッド」のテーマと、その抱える問題点を上手く解決した作品だと考えているのである。




(以下、「パンドラの少女」の大幅なネタバレが始まります。ご注意下さい)




● ゾンビには二種類のゾンビが居る!

映画をご覧になった人ならご存じのことと思うが、「パンドラの少女」には二種類のゾンビが登場する。


一つは、「ハングリーズ」と呼ばれる、いわゆる「いつものゾンビ」。

そして二つ目が、主人公の少女に代表される「意思を持ったゾンビ」である。

補足すると、主人公の「メラニー」はハングリーズに噛まれた妊婦から生まれたハイブリッドであり、人間の唾や体臭を嗅ぐと狂暴化するが、それ以外では人間と変わらず、思考力・学習能力を持ち合わせている。
ハイブリッドたちは実験材料として軍事施設に幽閉されており、その中でもメラニーは特に高いIQの持ち主であった。

さて、勘のよい方ならもうお気付きと思うが、このメラニーに代表される「意思を持ったゾンビ」、形は違えど「ランド・オブ・ザ・デッド」と共通のテーマだ。
そして「パンドラの少女」が大変上手いのは、「意思を持ったゾンビ」を「普段はふつうの人間」と置き換えたところ。ハイブリッドが特定の条件下でのみ狂暴化することで、人間性を残しつつ、物語性も担保できるというオマケ付き!

実に「ランド・オブ──」が抱えていた問題を、綺麗さっぱり解決しているのだ。


● 評価が分かれる点について

物語が進んで行く中盤辺り、雰囲気がガラッと変わる瞬間が訪れる。

軍事施設に囚われていたのではない、「自然発生的に生まれた野生のハイブリットたち」を、主人公が発見してしまうからだ。

ここから物語は急展開を見せ、やがて次のような秘密が明かされる。


「ハイブリッドはゾンビ禍に対応する為、人類が進化した姿。進化に対応できない者がハングリーズである」──と。


この秘密の皮肉さは、我々映画を観ている観客のすべてが「進化に対応できない側」という点である。
だから終盤、主人公の取る行動が、対応できない我々に対する「裏切り」と映るのだ。

けれども、物語はハッキリこう告げている。

「さよなら旧人類。そして、こんにちは新人類」

筆者としては、その皮肉な問い掛けも含めて、「大きな意味で人類は生き残ったんだから、ハッピーエンドじゃね?」と、
まるでタイタニックの救命艇を女・子供に譲る老人の気分で楽しんだが、

果たして皆さんは、どうだっただろうか?

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ菌がはびこる世界。感染しながらも理性を保つ半ゾンビの少女が、学者や兵士らと危険な市街地を突っ切ろうとする。
人類のためにワクチンの材料となって死ねと言われた少女の導き出した答えが、パンドラの箱に残った最後の希望ということか。
旧人類は一回滅びろオチが、最近多いような。
F

Fの感想・評価

4.0
途中までめっちゃいい映画で今年1だと思ってたけど終わり方がうーんだねぇ
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

3.4
基本設定はオーソドックスなゾンビ映画で
セカンドチルドレンの少女が主人公
ラストも好きな感じ
>|

あなたにおすすめの記事