ディストピア パンドラの少女の作品情報・感想・評価

ディストピア パンドラの少女2016年製作の映画)

The Girl with All the Gifts

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:111分

3.3

あらすじ

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、…

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、思考能力を維持し、見た目は人間の子供そのものだった。彼らから、ワクチンを作り出そうと模索する中、子供たちの中に高い知能をもった奇跡の少女メラニーが現れる。 彼女は人類の希望となるのか―絶望となるのか。

「ディストピア パンドラの少女」に投稿された感想・評価

yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
開始そうそうから緊張感ありゾンビわらわらやってくるまで、どうなる?どうなる?の興味も手伝って一気に観れる。
その後、あえて都市部に移動したりして画的にもおもしろい。朽ち果てたメルセデスベンツのビルが印象的。
登場人物も単純な善人、悪人というのがいなくてお話もパターンの展開しなくて神話なんかを絡ませて深い感じもさせる。
ゾンビを撃ったらバーン!と血が飛んで穴も開く。
サンウドトラックも凝ってたりしてまあ良質な映画だと思う。

観やすい口当たりのよい映画でいいのだが、ゲロゲログログロがもっとあってもよかったかなーと。

こんな展開もありなのか!
…と思わされた一作。

パンデミックで人類滅亡の危機を迎えた世界。そこで産まれた二番目のこどもたち。
ウイルスを体内に共生させており、人間にとって希望であり、絶望でもあるこどもたち。

とにかく設定が面白いのと、キャストの配役もよかった!

最後まで夢中になって鑑賞できました!
Hasshy

Hasshyの感想・評価

4.0
終末モノのゾンビ映画だけど映像の撮り方が美しくて一風変わってる感じ。クライマックスは音楽も相まって余韻が凄かった
みなみ

みなみの感想・評価

3.4
ラストまではめっちゃオモロイやん!って見てたんだけどラストが、んんん???ってなる終わり方だった。
なぜ火を点けたのか。
先生はそれでいいの?飼い殺しみたいになってるけど…。
結構銃をバシバシ打ってるのに、動かないゾンビ多くない?ゾンビ走るの速すぎない!?
原作は小説らしいけど、小説のラストはどうなのか気になりました!
joujim

joujimの感想・評価

4.0
地元では名画座でやったゾンビ映画です。最初は敵対していた軍人たちとの関係性が変わるところが良かった。人類に見切りをつけて、パンドラの箱をあけることになるわけですが、最後に残ったのは希望だったのでしょうか。おそらくは低予算だとはおもいますが、なかなか考えさせられるシーンが多かったですね。
第2世代ゾンビも、こういう映画での自己犠牲精神のないヒロインも珍しくて面白かった。
てっこ

てっこの感想・評価

3.5
記録用
真菌が原因でゾンビみたくなるんだが、黒人の女の子可愛い…
そして、頭がいい。
最後、少しほのぼのw
meba

mebaの感想・評価

3.3
原作を読んですごく面白かったから映画化は嬉しかった!

ストーリーはほぼ原作通り。もっと登場人物同士の衝突とか色んな事件があるんだけど、そこ削るのは仕方ないか。
でもメラニーと軍曹の衝突があっさりしちゃったのは残念。
あの対立があってこそなんだけど。

ゾンビに関しては残念。ビジュアルが。
とにかく沢山いるんだけど、予算不足なの?
顔に泥つけてるだけ、みたいな。
イマイチだわー

でもグレンクローズ出てるんだよね!
ちょいちょいマイケルダグラスと顔かぶりません?彼女。

やっぱオチは痛快だったな!
akii

akiiの感想・評価

3.4
どこか奇妙な子供達、まさか感染してた子達とは思わなかった。1人の少女が頭良すぎ。見終わったあとで少女の頭の良さに怖くなった。内容あって面白かった。
ohshima

ohshimaの感想・評価

5.0
どうもディストピア警察です。ねーねーこれのどこがディストピアなんですか〜?ディストピアなとこひとつもなくないですか〜?原題にも小説の邦訳にもない言葉なんで使っちゃったんですか?かっこいい言葉だから意味知らないけど言いたくなっちゃんたんですか?邦題つけたん誰や、いい大学出て映画好きそうな顔して金もらっとるんとちゃうんかい。バカなのは仕方がないから言葉は正しく使って、適当なタイトルつけないでください。恥さらしです。情けない、とっても不愉快。
ジャンル映画をアート方向にアップデートさせる試みは僕のエリを連想させますがそういえばあれもクソ邦題でしたね。不穏な音響やボケを多用するカメラは主人公の主観に寄り添っていて非常に素晴らしいです。初めて外界に出た草原のシーンなんか最高。病原となる真菌の生活環や子どもたちの原始的な社会形成なんかすごく面白くてB級ジャンルをうまく今日的なSFに昇華させてると思います。すごく好きです。あと主演の女の子がすっごく良い。全力疾走系のゾンビにしては緊迫感に欠けることが恐らくの欠点ですが(そもそも主人公が既にゾンビなので当たり前か)、もともと怖いの苦手なので全然気になりません。逆にそれ目当ての人にはオシャクソぶったヌルイ映画だと思います。でも僕は好きです。参照すべきは「僕のエリ」「トゥモローワールド」「28日後」あたりでしょうか、その限りにおいて手堅くまとまってますね、くらいの出来なんでしょうがその上でのスペキュレイティブな部分がツボでした。
>|