ディストピア パンドラの少女の作品情報・感想・評価

ディストピア パンドラの少女2016年製作の映画)

The Girl with All the Gifts

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:111分

3.4

あらすじ

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、…

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、思考能力を維持し、見た目は人間の子供そのものだった。彼らから、ワクチンを作り出そうと模索する中、子供たちの中に高い知能をもった奇跡の少女メラニーが現れる。 彼女は人類の希望となるのか―絶望となるのか。

「ディストピア パンドラの少女」に投稿された感想・評価

セイゴ

セイゴの感想・評価

3.3
個人的には、かなり面白い方の部類に入るゾンビ映画です(ゾンビ映画とは、知らずにレンタル)

序盤から、初めて 見る異様な光景・・・
子供達が軍人達に銃を向けられ、車イスで勢揃いで授業(ヤバイ)
初めから、ブッ飛んでいる!
謎が多すぎて、一気に入り込んだね!
飽きさせないように、展開が展開を生んでいくと言うか、この先どうなるの~と、いい具合にのめり込んだ!
監督の意気込みを感じましたね!
登場人物達もいい感じに描けている!また、主役のメアリーの
演技力も中々!!
ツッコミ所はあったが、少ない方のゾンビ映画です!(中盤のワンちゃんに反応するのに、銃➕人間に反応が薄いゾンビ達が・・・)
〈結論〉
走る凶暴なゾンビ映画だったので、そこが良かったです!
ラストからの展開は、怖さはなくなったが、初めて見た展開なのでアリでした!(ゾンビ映画限定で)

このレビューはネタバレを含みます

施設から脱出するまでは適度な緊張感・謎があり引き込まれた。
病院エリアで停止している大量のハングリーズの描写もゾンビ映画していて良い感じ。
ただ、終盤に向けて野良の第二世代が出て来たあたりから雲行きが怪しく、人により評価は別れそう。個人的には尻すぼみ。

ラストは胞子タワーという「パンドラの箱」を焼く(開ける)ことで人間にとっての「災厄」が飛び散り、ハングリーズにとってはユートピア、人間にとってはディストピア。
一方で移動式実験室が「箱」であり、中に残された先生は「希望」という二重の解釈も出来るのかなーと思った。

外に出られなくなった訳だけど、先生は食事どうするんだろうか。
かん

かんの感想・評価

3.2
切り口は面白かったんですけど、もう少しと言った所です
中盤まで説明が皆無なのはどうかと
Sentokun

Sentokunの感想・評価

2.7
楽しみにしてたやつがレンタル落ちしてたので、即レンタル。

う〜ん。

前半は好きだけど、後半がなぁ‥。

ゾンビに噛まれて変身するところや動きとかは好感り

ストーリーというか展開というか、話が個人的には好きじゃなかった。それ以外はツボです。

ゾンビ映画好きの人は観た方がいいと思います!
菌に侵された人間がゾンビになり、人間を襲う。
人間は菌を全滅させるためにウィルス研究をしている。研究の実験体になっているのが子供達。
その中でも天才的頭脳のメラニーと、研究者の女性がストーリーの中心。
人間の世界は小さな砦内だけで、砦の外はゾンビだらけ。この辺は進撃の巨人を思い出しました。
shhba

shhbaの感想・評価

3.0
メラニーが最後何がしたかったのかよく分からない…
片手間で見ちゃったせいなのか…

最後がいまいちだった残念
TeoDAce

TeoDAceの感想・評価

2.9
なんでメラニーは菌をばらまいたんや!?んで、最後の授業の意味は??
メシないから先生飢え死ぬやん。
ストーリーは好きな感じやったんやけどなー、途中までどーなるんやろーって観れたのに最後がなんか残念…
マエ

マエの感想・評価

3.5
新しいタイプのゾンビ映画。
発想を変えたらハッピーエンドなのかも。
2000年代になってからゾンビ映画の主流となったウイルス感染系走るゾンビ映画の一本。タイトル通り、人間を凶暴化させるウイルス感染によって文明社会が崩壊した後のディストピア世界を楽しむ雰囲気映画です。設定は良いしロードムービー的な構成も好きなんですが「どこかで観た感」が強いですかね。あと、空腹になると小動物を貪り食うヒロインに余り感情移入が出来なかったり(笑) ヒロインの最後の行動はなかなか面白かったですが、あの後大好きな先生は一体どーするのでしょう。何気に平和に暮らしていけるのかな……。
すぽ

すぽの感想・評価

3.2
サンゲリアを彷彿とさせる粉っぽいハングリーズ達の動きが気持ち悪くてよかった。

ディストピアというか、新たな時代の創生を描いた感じなのかな。

サントラが欲しくなる作品。
>|