劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディングの作品情報・感想・評価

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング2017年製作の映画)

上映日:2017年08月05日

製作国:

3.6

あらすじ

この世界は幸福なのか……? 現実の世界を滅ぼして、VR《仮想現実》空間での支配を企む忍者集団が現れる。絶望から解放される“永遠の天国”を創るために。 「消えゆく小さな命」「忍者仮面ライダー」「光の手裏剣」「夢の大運動会」「バイオテロ」「ピプペポパニック」「I am God」「幻夢VR」「最強のラスボス」――。 永夢たちは、次々と襲いくる衝撃に打ちのめされていく。果たして運命を変えることなど…

この世界は幸福なのか……? 現実の世界を滅ぼして、VR《仮想現実》空間での支配を企む忍者集団が現れる。絶望から解放される“永遠の天国”を創るために。 「消えゆく小さな命」「忍者仮面ライダー」「光の手裏剣」「夢の大運動会」「バイオテロ」「ピプペポパニック」「I am God」「幻夢VR」「最強のラスボス」――。 永夢たちは、次々と襲いくる衝撃に打ちのめされていく。果たして運命を変えることなどできるのか!?

「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」に投稿された感想・評価

本編終了後の話として丁度ええ感じ。ブレイブに見せ場が結構あって嬉しかったけど、起伏が今一つかな。
本編後の物語が違和感なく描かれている。ゲムデウスが出てきた割にはなんとなくピンチ感が薄いかも。結局ムテキで倒せてしまうのもなんとなくさみしい。もっとVRを駆使したり、仲間との協力プレイが観たかった感は否めない。
とはいえ、まとまりがよく普通にエグゼイドの通常回を観ていると思えば十分楽しめるかと。
あ!!!ニコちゃんの体操着姿が見られます!!!!注目!!!!!!
「トゥルーエンディング」という文字に期待しすぎたかも。
本編との繋がりはしっかりあるし、面白いには面白いけど普通だなという感じ。

VRもっと活かして欲しかったな。

パラドぉ......
ただ、敵キャラライダーの風魔ってクズ親じゃねって感じ。
でも、本編との繋がりもあるから面白い
nori007

nori007の感想・評価

2.0
エクゼイドは、デザインがチャラくてカッコよさがまったくない。おまけにストーリーも大体ライダーが大勢で戦って、退場したと思ったらまた復活して、また大勢で戦ってを最後まで繰り返している作品であった。

トゥルーエンディングということで、もっとマシな最後になるんだろうか?と期待してみたのだけれど、エンディングでもなんでもない話しだという。。。

子供がバーチャル世界に行ってしまったので助けに行くってだけの話しであった。
これ映画にする必要あったんだろうか?衝撃の真実があるわけでもなく、ただただTVシリーズの一話でもおかしくない内容。
仮面ライダー生誕45周年記念作品「仮面ライダーエグゼイド」の毎年恒例夏の劇場版。
エグゼイドは仮面ライダーとしては異色の
ゲームと医療をテーマにした作品。
バグスターというゲームから生まれたウイルスが人に感染すると死に至り消滅してしまう。
患者を救うため仮面ライダーに変身して
医療行為=戦闘を行なって行く。
一見かけ離れた要素を上手く掛け合わせ命を救うということを医者として仮面ライダーとしての2つの側面から描いていました。
僕は後追いで全話見ましたが、キャラクターの立て方、伏線の回収の仕方など中盤からの怒涛の展開に興奮していました。
良いシリーズだったと思います。

TVシリーズの最終回後の話がこの劇場版です。
仮面ライダーの劇場版はスーパー戦隊との同時上映になるので毎回1時間しか尺がありません。
それに加えて様々な制約があるので絶対大変だと思います。
その中でとても無難に仕上げた作品だなと思いました。

真の最終回と銘打って番宣されていましたが、正直後日談という印象は否めなかったです。
それでも演出は本当に素晴らしかった。
雨の中の全ライダー同士変身、タドルレガシー、ハイパームテキの登場シーンは本当にかっこいいです。

この作品から去年の12月に公開された「平成ジェネレーションズファイナル」へと繋がっていくのですが、その流れを見ると本当に上手く構成されているなと思います。

平成の後の新年号ライダーがどのように人々を救い夢と希望を与えていくのかとても楽しみです。
むぅ

むぅの感想・評価

2.5
主題歌目当てで劇場へ
しかし地元の映画館で
最後列では物足りなくて残念
人生初の仮面ライダーシリーズ
この映画目当てでテレビを
後追いで観たけれど面白かった
エグゼイドは基本好きなのでファンサ含め良作
本編の設定をうまく生かしきってる
まさかのライダーシリーズ劇場版で、こんなまともなストーリーがあったなんてw
そもそもエグゼイド自体が好きではなかったんですけど、設定としてライダーとゲームの相性がここまで良いとは当初は想像してなくて。だから、それは凄く良い効果でありシリーズとしての個性にはなってたと思います。シリーズ観終わって、ストーリーはやっぱりダメだったけどガジェト的な魅力溢れる作品だったと思いました。
で、そこ踏まえて今作ですが展開からオチまで真っ当すぎて通常の過去シリーズ劇場版はもっとぶっ飛んでたこと考えると大人しすぎますよねーw
でもしっかりしてたのでこれはこれでアリかと。この後、平成ジェネレージョンズFinalやスピンオフVシネがありますけど一応お疲れさまでした!

このレビューはネタバレを含みます

仮面ライダーエグゼイドを最終話でみて、平成ジェネレーションズFinalを見てこそ、トゥルーエンディングの良さがわかる気がする。
繋がり意識していた映画な気が強いからこそ劇場で見た時の感動がまだ少なかったんじゃないかなと思います。
この先のエグゼイド アナザートリロジーにも続くと考えるととても楽しみになる作品でした。
>|