劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディングの作品情報・感想・評価

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング2017年製作の映画)

上映日:2017年08月05日

製作国:

3.6

あらすじ

この世界は幸福なのか……? 現実の世界を滅ぼして、VR《仮想現実》空間での支配を企む忍者集団が現れる。絶望から解放される“永遠の天国”を創るために。 「消えゆく小さな命」「忍者仮面ライダー」「光の手裏剣」「夢の大運動会」「バイオテロ」「ピプペポパニック」「I am God」「幻夢VR」「最強のラスボス」――。 永夢たちは、次々と襲いくる衝撃に打ちのめされていく。果たして運命を変えることなど…

この世界は幸福なのか……? 現実の世界を滅ぼして、VR《仮想現実》空間での支配を企む忍者集団が現れる。絶望から解放される“永遠の天国”を創るために。 「消えゆく小さな命」「忍者仮面ライダー」「光の手裏剣」「夢の大運動会」「バイオテロ」「ピプペポパニック」「I am God」「幻夢VR」「最強のラスボス」――。 永夢たちは、次々と襲いくる衝撃に打ちのめされていく。果たして運命を変えることなどできるのか!?

「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」に投稿された感想・評価

くじょきりを雑に扱う公式好き。
キューレンも見たくなった。
NaoOza

NaoOzaの感想・評価

2.4
高橋某の脚本がそんなによいと思ったことがない。三条陸や小林靖子と比較すると、細かいところを情動の勢いで気にさせなくする力が足りないと思うんだけど、、、冬は頑張ってほしいものです。

このレビューはネタバレを含みます

公開日に一回、最終回後に一回観に行った。
本編を見てから観た方が良い。
ジョニーをもう少し掘り下げて欲しかった。
まりる

まりるの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

子供の付き添いと言いつつはまっている。
仮想空間の設定がおもしろおかしく、最後のシーンで研修医から小児科医になったえむせんせーに1人感動。子供たちはもちろん気付かず。
第1話と同じシーンなのに、えむせんせーの成長が嬉しかった。
なま

なまの感想・評価

3.0
分岐っていうか本編に組めこめそうだけどムービー大戦に繋がるストーリーてことなのかしら

恒例の次作ライダー先行登場は本当好き

今年のムービー大戦はまたしても良作になりそう
最終回後に観たのもあってか満足感しかない。ただ数年後もこの映画のこと覚えてるかな…
雨がとにかく降るなーエグゼイドは
映画館で鑑賞。ストーリー:鑑賞前に期待し過ぎたか物足りなく感じた。演出:クリエイターゲーマーの技の演出は面白かった。
ドクター達が力を合わせて、一つの生命を救う話。

エグゼイドはここがブレないから良いのよね。
確かに一見するといわゆるお悩み解決回を引き伸ばしたような話に感じるけど、それぞれのキャラ達が生命を救うために団結し協力し攻略する。
「エグゼイドってこういう話」を表現してる映画だと思う。

本編最終話『終わりなきGAME』が『終わる』話だから本編見終えたあとだとエグゼイドのエンディングとしては1番綺麗でトゥルー・エンディングと呼べる話なのかも、と思ったり。

このレビューはネタバレを含みます

親子愛に泣けます。

まどかちゃんと影成がこれからまた親子として歩んでいくのがとても感動的です。

ドクター達もテレビ本編の最終回の話なのでそれぞれの道を歩んでいってるのがとても良かったです。

パラドやポッピーのバグスター組もバグスターだけども人間との共存が出来てるのが良かった

あとムテキとタドルレガシーの音楽がとても良かった!
あれは劇場の音響で聴く価値あり!
テレビ本編の最終回でムテキの出番がなく終わってしまったので映画でムテキが無双してるあたりが宣伝通り真の最終回って感じで良かったです。

最終回見た後じゃないとわからないところがあるのでスコア4.5で
プー

プーの感想・評価

3.0
『フツー・エンディング』

TVシリーズが圧倒的な盛り上がりをみせる中で、とても楽しみにしていたのですが、THEフツーだったかと。
トゥルー・エンディングの意味もフツーで、お話も盛り上がりもフツーでした。
近年のライダー映画の中で、最も可もなく不可もない劇場版でした。(決して貶してるわけではありません。)

三浦大知さんの主題歌が最後を綺麗に締めてくれたので満足気で劇場は後にしました。
さぁOVAに期待すんべ。
>|