劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディングの作品情報・感想・評価・動画配信

『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』に投稿された感想・評価

くれあ

くれあの感想・評価

3.3
お話自体は本編の続きで良かった。
きりやがもう、可愛い…!なんだかんだ檀黎斗とコンビみたいになってて、ニヤニヤしてしまう(笑)檀黎斗の天才ぶりを見せつけられ、車の運転シーンまで!ありがとうございました…映画館で見たかった…

まどかパパをバイクに乗せるシーン、「あ、ライダーじゃなくても乗せてくれるんだ!?ヘルメットどこから出した!?」ってなった。
エグゼイドがラスボスと戦うシーンは、「歌舞伎じゃん!!」ってこどもがツッコんでてほんとに笑った。

エグゼイドキャラ、みんな大好き。こんなにハマると思わなかった。
 Youtubeでエグゼイドを観ていたので、最終話公開に先んじて公開された本作を観た。最終話後の話ということもあって、一部展開のネタバレはあるけれど、そこまで致命的なものではないと思うので、ここから観てもまあ問題ないかな、と思う。

 観終わってから一月くらい経ってしまったので、ざっくりとした感想を。
 一時間くらいの作品の割には、かなり起伏がしっかりした話だったように思う。物凄く、とは言わないまでも、結構楽しめた。カーアクションもあったりなんかして。
 劇場版限定フォームが、今までのフォームを上回るとかじゃなく、この場で役に立つ新しいフォームくらいの立ち位置だったのも、個人的には好み。
 終わり方も、正しくトゥルーエンディング、という感じで良かった。ファイズみたいな完全に別世界の話も、Wみたいに本編に挟まる話も良いけど、こういう完全な続編も良いな。最終話を踏まえて、まだゲーム病に罹患している人たちを助ける方法みたいなものが示唆されていれば、もっと好きだったかもなあ。

 最後にYoutubeで映画を観るのは本当にオススメしない。広告が入りまくって全然集中できなかった。

このレビューはネタバレを含みます

公開日を考慮して見るべきかな~と思って最終話視聴前に観た。本編初見では無いんだけど忘れている。大体クリスマスのせい。

なぜかランドセルを背負ったまま走るニコ。そういう趣味のスタッフがどっかにいるのか?こわいね。
パパ飛彩先生。子どもの撮影の邪魔されたら私なら張り倒しそうだ。まどかちゃん可愛いんだもの~。
ハンバーガークッションとくじょきりの相性の良さ。
ブラザートムの部屋にいるくじょきり良すぎる。妖艶な部屋が似合う。
何で葱??と思っていた謎の字が判明してスッキリ。
攻撃がVRお絵描きでいいな~。

くじょきり、びしょびしょの状態でゲームオーバーの場所から目覚めてたけど復活した?まだ?
最終回見た後でもう1度見直すべきかもしれないけど、ゲムデウスのデザインが集合体恐怖症泣かせ。


妖艶部屋くじょきり +0.2
要素の1つ1つは面白いのだけれど、何か本編にあったカタルシスがそこまでなく何か惜しかった。

新フォームの能力も面白いし、CHEMISTRYの堂珍さん演じる仮面ライダー風魔もかっこいいからラストバトルで活躍とかしてくれたらちょっと燃えたような。

檀黎斗神たちの元気な姿や、パパになりきってる飛彩さんが見られるのは良かった。

尺がもう少しあったらまた描き方が変わったのかとも思う。
悪杭

悪杭の感想・評価

-
「仮面ライダーブレイブ ~Surviveせよ!復活のビーストライダー・スクワッド!〜」(17)
※ レビューする所がないため、ここでレビューさせていただきます。

2022年 鑑賞 22-222-26 ’22.9.17 (土)
東映特撮 YouTube offical にて

東映特撮ファンクラブ(TTFC)初のオリジナル映像作品として配信された、「仮面ライダーエグゼイド」のスピンオフ作品。「仮面ライダーエグゼイド トリロジー」の3作の鈴村展弘監督や、脚本の高橋悠也さんが脚本監修を担当、「賭ケグルイシリーズ」やTVドラマ「真犯人フラグ」等の高野水登さん脚本による、突如蘇った野獣系仮面ライダーたち「ビーストライダー・スクワッド」。その中心には、かつて「仮面ライダー龍騎」で猛威を振るったあの最凶最悪のダークライダー、仮面ライダー王蛇こと浅倉威(萩野崇さん)の姿が。迎え撃つのは仮面ライダーブレイブこと鏡飛彩(瀬戸利樹さん)。新たなガシャット・ナイトオブサファリの力で奴らをハントすることはできるのか?また、戦いの中で明かされる飛彩のある秘密や、ブレイブ vs 王蛇の信念と信念のバトルを描いたテレビとは一味違うバイオレンスアクション特撮作品。

ー TTFC作品、初めまして ー
みずき(溝口恵さん)やさつき(佐分利眞由奈さん)の鏡に付いている女性看護師にもスポット当てた作品だな、まさかのキングダーク?、ダークキバと血塗れ警官と浅倉、「鯖じゃねぇ!」ってネタじゃん!浅倉じゃねぇし、中の人繋がりだし、何の脈絡もねぇ!(鯖出てきた時点で、期待した自分ももちろんいた!)、「世界一の外科医に似合う世界一の看護師に」、シャワーシーン... 「サイコ」?、タイガとシャワールーム、「見てません!」「見て!」、何故外?、タイガ、ダークキバ、サソード、ビーストに囲まれる永夢(飯島寛騎さん)、「狩るか? 狩られるか?」、浅倉の介入と新しい(オリジナル)ガシャット、「地獄の泥は格別だった」、ガラスと航空券、「初めてだ 患者のプライベートに立ち入るとは... 」、懐かしいぃぃ!浅倉の元にあれが!そして鏡... 、「変身!」、ミラーワールド行かないんかーいっ!まさかの身内相手に大暴れかーいっ!、ビースト&サソード ご愁傷様です、「ソードベント!」、ブレイブのオリジナルフォーム... ダッサ... 、まさかサソードとビーストを●に... さすがっ!、ラストはやっぱりキック!!!、「お前が命を語るな!」、みずき&さつきの気づきと鏡の過去、2人のおじぎがいいっ!、3人の絆... 来るっ!

「人の望みを満たすために 命を救う」

ーー ここから本作のレビュー ーー

2022年 鑑賞 22-226-27
東映特撮 YouTube offical にて
「劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land」「テン・ゴーカイジャー」等の中澤祥次郎監督による、平成ライダー第18作目「仮面ライダーエグゼイド」の劇場版で、突如として新種のバグスターウイルスによる大規模なパンデミックが発生と同時に、謎の忍者集団が聖都大学附属病院を襲撃しこのウイルスをまき散らした。仮面ライダーエグゼイドこと永夢(飯島寛騎さん)たちは忍者集団を率いる仮面ライダー風魔こと南雲影成(堂珍嘉邦さん)に挑むも、圧倒的な実力差から敗れてしまうが、影成の正体が外資系ゲーム会社マキナビジョンの幹部で、彼の上司の目的がVR/仮想現実空間に「絶望から解放される永遠の天国」を作り出すために現実世界の崩壊を目論んでいることを聞かされ、敵の野望を阻止するべく永夢は敵のVR空間に突入する特撮作品。

ー この作品は子ども向け作品?パラレルがたくさん存在する作品?それとも予知作品? ー
平成ライダー2期は数字と関わっている説(変身用アイテムの数がWが2つのメモリ、オーズが3枚のメダル、フォーゼが4つのスウィッチが必要だから... ウィザードの5本指のベルト、鎧武はロックシードが6に見える... )で、エグゼイドは救急で9... なんて説はデマなんで、信じないように...

新種のバグスターウイルスのパンデミックと、謎の忍者集団の因果関係がいきなり... まあいきなりでなくちょっとした焦らしがあっても良かったかなと思う。忍者集団 vs エグゼイドらのアクションはやっぱり燃える!ブレイブこと鏡飛彩(瀬戸利樹さん)、ポッピーこと仮野明日那(松田るかさん)、スナイプこと花家大我(松本享恭さん)が次々に倒れ、ウィルスに感染... エグゼイドも風魔に敗れ... 小児病棟に入院していた星まどか(森山のえるさん)が狙われ...

“私のシナリオ通りに 誰にも邪魔させない”
明日那が目覚めた世界は... 運動会!で、元気なまどか、大我は学校の教師、飛彩はまどかの父?、マキナビジョンの存在、まどかの夢、南雲は●ど●の... ハッピーエンド、永夢もゲンムこと檀黎斗(岩永徹也さん)やレーザーターボこと九条貴利矢(小野塚勇人さん)の助けでVRの世界へ... (個人的な話だが、今日はサイバーやVRと行ったり来たりだ... )

“檀黎斗神(だんくろと しん)だっ!”
永夢を車に乗せ逃げる黎斗、撒菱、風魔 vs ゲンム雨の決闘、黎斗の仕組んだアレとライフは残り1、雨が重要な要素?

“ノーコンティニューでゲームを作るぜ!”
まどかのゲームの世界と現実世界で苦しんでる人たち、「患者を救うのは使命だ」、学校の屋上での戦い、ゲーム内は晴れ、だから現実世界は雨?、エグゼイド クリエイターゲーマーの力、大量のロケット、「出口がないなら作るまで」、人々は現実の世界へ!も、まどかのみ現実世界に戻ることを拒否し、この世界に残る... そして...

“最強のラスボスさ!”
マキナビジョンの社長ジョニー・マキシマ(ブラザートムさん)が黒幕だった!一方現実世界では、永夢らライダーたちと南雲の姿、南雲がやろうとしたこと、永夢との言い合い、現れた社長と全知全能、そしてあの宣言...

“究極のゲームを始めよう!”
超ゲムデウスマキナが登場!ライダー達は一瞬で敗れ去り... 、「まどかちゃんの本当の望みを叶えるね」、大我と貴利矢の決意、飛彩のの参戦、永夢が南雲への願い、「まどかちゃんの本当の笑顔を取り戻せるのは あなただけだ!」

“ラスボスを倒して ゲームクリアだ!”
エグゼイド vs 超ゲムデウスマキナのクライマックスバトルの開始!だが、フルCGで... なんか特撮の良さをもうちょっと活かしたCGが観たかったなぁ... あとまどかの母の朱美(藤本美貴さん)やあの人との3ショットが急ごしらえ感あって(まどかが父を知るシーンは大満足なんだが、あの人が駆けつけたシーンはもっとなんかあってもいいのに、サラッとしてて不自然)、私には薄っぺらだと思った。いくら子ども向けとはいえ、これはどうかと... あと、EDロール後の蛇足感も含め、「ハッピーエンド」というより、有耶無耶のまま風呂敷畳んで、なんとか次のライダーにバトン渡しました!って作品だった。

「救える! 未来に希望があれば人は笑顔になれる 笑顔でいれば人生は救われる」

「どんな運命だろうと変えられる 人はその力があるぅぅぅ」

1886
ANew

ANewの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

劇場版「仮面ライダーエグゼイド」、本作は本編終了後の後日談だそうです。
大体劇場作品は本編途中の出来事を補完したり、パラレル・ワールドを描いたりすることが多いですが、珍しく後日談。とはいっても、本編終盤に出てきたカタコト日本語の社長さんがラスボスのゲムデウスとして出てくるので、一応本編の伏線回収はされています。

戦闘はエグゼイドメインで、他のライダーはやられっぱなしに近いです。エグゼイド以外のファンには微妙かもしれません。

ラストに次回作の仮面ライダービルドが出てきますが、本編を観ている人なら「今ここで出るの!?」ってなると思います。
タイトル通り、真のエンディング。本編観ているなら必見の作品です。
tt

ttの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最高のライダー映画や……。AtoZやREALTIMEに匹敵する最高のライダー映画だった。「綺麗事じゃない、子供の生命を、子供の笑顔を守るのは、僕たち大人の義務じゃないか!」「どんな運命だろうと変えられる!人にはその力がある!」「人が生きるという事は、それこそが全ての人が持つ、運命を変える力だ!」VR空間を現実の逃避先として描いたのは、
ゲームをテーマにしたこの作品では賛否あると思うが、ヒーローものとして見たときに、まどかちゃんという一人の患者を主軸として、守るべき人や世界をそこに写し取り描写したのは、綺麗だったと思う。何より上の様な台詞を、正面から言える宝生永夢、仮面ライダーエグゼイドという、主役、ヒーローが素晴らしい。
視聴通算324作目 2022/221作目 2022/9/17 YouTube

YouTubeで無料配信していたので見てみた。
エグゼイド本編を44話までしか見ていない自分には充分すぎるネタバレを食らった。
いやー、最終話見てからにすればよかったー。なんでこのタイミングで配信なのよ。
YouTubeでテレビ本編やってるんだから45話の後でよかったんでないの?
公開当時もそういう感じだったんだろーけどさ。

ストーリーは東映特撮の夏映画にありがちなごちゃごちゃした内容ではなく、作り込まれていたのでよかった。
最終回の続きだったので、45話まで見ていたらもっと楽しめたと思うが、パラレルにならず続いているのは評価できる。

あー!45話まで見てからにすればよかった!!
YouTubeさん、もう冬のビルドとの共演映画まで配信しないと許さないから!!!
ででん

ででんの感想・評価

3.0
同名特撮ヒーロー番組の劇場版。
タイトルが「トゥルー・エンディング」となっているのに、後日談の外伝的ストーリーでやや拍子抜け。
とはいえアクションが多く、要所要所でしっかり変身シーンを入れてくれて、特撮ヒーローものとしては満腹感ありました。
ストーリーの軸が「子供と難病の家族ドラマ」という医療ドラマの定番なのは、エグゼイドらしい話と言えるかも。良くも悪くも普通に楽しめました。
moku

mokuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

''劇場で観てこそ''なライダー映画の個人的1位
ハイパームテキ変身シーンがとにかく最高!

シナリオ
・せっかく最終回の後日談という設定なのに、風魔関係自体はテレビシリーズの普通のゲスト回みたいなお話
まあ無難というだけで決して駄作ではない

良かった点
・ポッピーがちゃんと変身。エグゼイドの単独映画だから当たり前っちゃ当たり前か
・パラドの登場シーン、あのシーンのパラド&黎斗の頼もしさ
・風魔が戦闘もデザインも変身前もイケメン
・ハイパームテキ変身シーン
当時TVで見るだけでは「なんだこの音声!?」と良さがわからなかったけど(笑)、劇場の大音響で聴いてから惚れました。今じゃ大好きな変身音です。

不満点
・単独映画なのにフォームチェンジ少なめ
・ビルドに圧倒されるLv99パラド せめてLv50で舐めプにしてあげて…
・マキシマの印象が薄い。風魔や檀正宗に比べるとかなり薄い。申し訳程度のラスボスって感じ

エグゼイド本編はロスな気分になるぐらいハマったのでこの映画を上映時に見ておけて良かったです

追記
ソフト化されてから再び見返しましたが、当時の劇場音響ほどの興奮はなかった…
改めて劇場音響ってすげぇんだなぁ~と思わされた数少ない映画だった
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品