仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダーの作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダーの映画情報・感想・評価・動画配信

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』に投稿された感想・評価

だりあ

だりあの感想・評価

4.0
意外にもレビューを書いてなかった、現在の冬映画の流れを築いた平ジェネ一作目。

坂本監督なので変身前アクションが多く、一つ前の作品との面識で5人が繋がるのは客演作品として模範的な良作。
鎧武だけキャスト不在を逆手にとってドライブベルトが登場したり、主題歌バックの戦闘シーンなどニヤリとさせられる要素も多かった。
だが、永夢の医師である部分を見せるためにタケル殿が死ぬラストの強引さはなんとも(笑)

個人的に、初めてエキストラとして撮影に参加させてもらった作品なので加点しています。
ウルトラマンジードのヒロイン役の人が悪役として登場
相変わらず監督の趣味丸出しでペラペラの剣を振り回してました まあジードよりはしっかりした剣だったけど
またあの監督らしく無駄に変身せずに生身での戦うシーンが多くてイラっとしました もっと変身できない理由付けをしろよ
そしてゲームモチーフだからこそのパックマンコラボ ピクセルで見たやつ
パックマンはゴーストに弱いから仮面ライダーゴーストにも弱いというのはすごいこじつけだったなw おもしろい解釈!
でもそこまで弱点らしい描写はなく中盤の山場としてあっさり倒されてました
あと過去ライダーのテーマソングメドレーカッコよかった
フォームチェンジしまくってくれるのは楽しいね チェンジする意味ないなかったけど
tt

ttの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

東吾とアカリの症状が何故リンクしているのか?その理屈が最後までわからなかったけど、それは置いといて面白かった。東吾を病気などに罹らない究極生命体としようとする、敵に対して、永夢は患者を笑顔にすることが医療だと、改めて自分の信念を思い出す。病気を治すだけがドクターではないのだ、永夢の中では。あと、ゴーストとエグゼイドの共通点として、
「人の生命」というのが挙げられて、その大切さ、当たり前だけど言われなければ気づかないことが、この作品では描かれる。生きているからなんだってやれる、死んでしまっては何もできない。
まあそういう本筋も良いんだけど、やはりあらゆるライダーが集って、大暴れするのがこの作品の醍醐味よ。エグゼイドにゴースト、ブレイブにスペクター、スナイプにネクロム、そして本編では死んでしまうレーザー。他作品からは鎧武にウィザードにドライブ、そうした最早当たり前となったクロスオーバーを、改めて真正面から描いているのが、この作品の一番の魅力である。
hmc

hmcの感想・評価

4.8
エグゼイドが出ているので見た。
佐野史郎演じるDr.パックマンの一味がめちゃくちゃかっこいい!特にギリルバグスター役の山本千尋さん、アクションが凄すぎて圧倒された。変身するときにガシャットを膝に当てる仕草が最高
今のところ本編はエグゼイドしか履修してないけど、仮面ライダーがたくさん出てきてお得な気持ちになった。
各仮面ライダーがそれなりにしっかりした理由で参戦し、それぞれフォームチェンジしながら活躍をする。それが出来るだけで仮面ライダーの客演映画は評価が上がる。できていない映画が多いから笑

タケル殿が泊進ノ介を頼りに行く展開がいい。タケル殿は泊夫婦の結婚式に出席しているから全く不思議でない。

ウィザードだけ他キャラクターとの関係が希薄なのが勿体ないが、鎧武がライブラリ音源だけでなければ少しは絡んだりしてみたのだろうか。

ラストでタケル殿の心臓が唐突に止まって宝生永夢が下手くそな心臓マッサージをする(胸骨圧迫の位置がずれている)ので笑ってしまったが、次作『FINAL』でタケル殿が変身出来ない宝生永夢を助けに来る動機としては十分すぎたので新しい仮面ライダー同士の関係を生んだ点では評価出来よう。
柏木

柏木の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ツイッターでの感想そのまま
・言いたいことはあるけど、結論としてかなり良かった。
・36話ぐらいまで見てからこれ見たんだけど、本編の重要なシーンとかが結構散りばめられてたんだなと思った 映画見なくても本編は楽しめるし説明してくれる、映画見てたらあの時言ってたやつ!ってなるからどっちにしても楽しめていいね。
・やっぱ歴代が出たらテンション上がった お祭り映画の良さはこれですね 晴人出たとき声出たし進霧で声出たし鎧武出たとき声出たし各変身シーンで声出た(めちゃめちゃ声出てる)
・ライダーの戦闘シーンが好きだから変身せずに戦ってるとき「早く…早く変身しろ…」って思ってた。
・でも九条貴利矢のカッコいい足技が見られたから良かった 九条貴利矢、カッコいい。
・進兄さんどうやってドライブになるのか気になってたら神・鎧武がベルト持ってきてくれて「神は便利すぎて物語に出すのズルくない!?」と思った 神様ってスゲーなで片付けていいのか?いいのかな…いいか別に…神様はスゲーし…
・ウィザードとか4年経ってるから、晴人が本編での優しそうな青年の顔つきだけじゃなくなってて年月感じた。
・進兄さんは進兄さんだった 進霧を出してくれて嬉しかった。
・鎧武は…こうたさん出なかったね…ドスの効いた声で違う人が声当ててると思ってた 鎧武ってそんな喋り方だったんだっけ
・ウィザードの喋る指輪(ベルトだっけ)が久しぶりに聞けて嬉しかった 全フォーム見せてくれたのは良かったけど、チョーイイネサイコー聞きたかった 変身するときも混線してて聞こえなかったし 私はウィザード贔屓です
・ウィザードやっぱり足技か魔法のみで、殴ったりしてなくて笑顔になった
・戦い終わってみんなの元に戻るとき
急にタケル殿が倒れて心臓止まって←え!?
エムが心マしたら戻ってきて←え!?
助けてくれてありがとう…←えぇ!?
このシーン何?ここずっと何何何?って言ってた。言わんとしてることは分かるけど急に話作るの下手か?になった。
・タケル殿が死んだ経験があるからって急に脈絡なく心臓止めていいってことはないからね 本当に急すぎてギャグシーンだと思って笑っちゃった
・あと晴人の役割がうーん?だった 登場→敵組織加入→嘘でしたまでがめっちゃ早かった。
気になるところはそれぐらいであとはかなり良かった。

このレビューはネタバレを含みます

アクション良かったが、最後の患者のありがとうございますの顔イラつきすぎたw主人公の秘密がここで分かんのかい!ってなった
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
ゴーストがエグゼイドで
エグゼイドがゴーストになったとこは
それって必要!?って思ってしまった(笑)


鎧武のいきなりの登場からの
ベルトさん
神様ってすげーなは笑えた(笑)
ひつじ

ひつじの感想・評価

3.4
※2回目視聴時のレビューです。

ライダー映画、感想が難しい。
加点法だと100万点!!!!みたいなのが多すぎるので……

記憶よりも生身での肉弾戦が多くて、この人達いつライダーになるんだ……?と別の意味でハラハラするシーンが連続していた。

泊進ノ介が出てくるだけで一気に”締まる”のが好き。

このレビューはネタバレを含みます

いや〜良かったな〜
オリジナルキャストがその後のストーリーとして出てくるのは単純に嬉しい。
1年戦ってきた後の仮面ライダー達だから完全に俳優さんたちの顔つきが現行の仮面ライダーであるエグゼイドの俳優さんと全然違うのめちゃくちゃ良い。
変身の時とかの動きもめちゃくちゃキビキビしてる。

ただな〜変身しないで生身で戦うシーンが長い長い。マジで長い。想像の20倍くらい生身で戦う。変身して戦って。

ドライブはかなり嬉しい演出が多かったけど
ウィザードって割と出てきただけだったな……鎧武はマジの便利キャラだし……

この映画で一番ビビったのはラストで突然、マジで突然ゴーストのタケル殿が心停止して死ぬんだけど
あーゴーストの後日談としてせっかく作品内で生き返ったけど死んでなにかゴーストとしての作品の余計なオチをつける気なんかな……と思ったら死んだゴーストをエグゼイドが蘇生するっていうちょっといいシーンのために死んでみたのなマジでビビった。
なんなんだよ。

言いたいこととかやりたいことはわかるけどマジで突然過ぎて「これがやりたくて今死んだの!?!?」っていう驚きがあった。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品