劇場版 仮面ライダービルド Be The Oneの作品情報・感想・評価・動画配信

『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』に投稿された感想・評価

【途中経過】

先日、TV版を一気に駆け抜けてスピンオフの「~クローズ」も観て「あとはこっちだね~」なんて息子と言いながら何気なく鑑賞を始めたんですが・・・

ん?
なんか話が変だぞ?
あれ、これって最終回で決着つきませんでしたっけ?

・・・失念しておりました。
この作品、いわゆる「夏映画」として劇場公開となったものなんですが、この時の公開日が8月4日。
仮面ライダーの年間スケジュールは9月末でグランドフィナーレということを考えると、まさにTV版が佳境を迎えているタイミングに公開していたんですね(笑)
なので、状況としては最終回直前ってとこね(すでに最終回まで進んでしまった時間軸を脳内で微調整)。
物語上はTVシリーズの45話と46話の間のエピソードらしい。
そうか、だからグリスもローグもまだ・・・
っていうか、もう佳境も佳境じゃん!


・・・これは難しいよね。
いわゆる「大人の事情」的な匂いもプンプンしますわ。
最終回のオチをここでバラす訳にもいかないけど、かといって全く流れにも乗らないようなトンチンカンな話をやってしまっても盛り上がりにも欠けるし・・・。

でも、そこはさすがビルド。
TVシリーズでも触れられている部分に「肉付け」をするような形で、本編を邪魔しないようにスピンオフ部分だけを膨らませていた。
そういった意味では、いい意味で「バランスが取れた作品」とも言えるし、穿った言い方をすれば「ムリして挟むエピソードではなかったかな」とも言える。

もちろん面白かったんだけど、いよいよ佳境っていうぶっとい直線でTVのストーリーを絶賛放送中のところで、若干流れにも影響しそうなエピソードを「劇場で」という流し方をしてしまうと、タイミングや住んでいる場所の問題で観にいけないという人も大勢いたと思うんですね。

確かにこのエピソード自体は観ていなくても全然違和感なくTVのストーリーは繋がるんだけど、これを間に挟んでから見るとやっぱり気持ち的な部分ではどうしても印象は違っちゃうかな。
特に「北都、西都、東都の知事たちのエピソード」に関してはTVでもチラッと顔見せ自体はやっちゃってるのに、彼らがどういう意味を持つのかはこの劇場版を観た人だけがわかるっていう仕組みだしね・・・。

そういった意味では「映画としてはとても面白いけど、別になくても成立する映画」という微妙な雰囲気・・・。

いや、この作品が悪いんじゃないんです。
「TV版の放映サイクル」に対して「劇場版の毎年の公開時期」が決っている以上、TV版を逸脱した内容を劇場版で描くこともできないし、かといって当たり障りのないスピンオフ作品ばかりを上映されても、子供たちが劇場に大挙して訪れるとも思えない。

描いても支障のないギリギリの線を探りながらTV版と同時進行で撮影してたって考えたら、なかなか大変な作業だよな・・・って思う。


・・・っていう大人の懸念を他所に、うちの子供はあっさりと受け入れていた様子。
きっと普段から入浴剤の代わりに柔軟剤でも入れてるんじゃないだろうかっていうくらいに、ヒーローものの「アレコレ」に対してはレノアよりも柔軟だ。

ある意味、お父さんよりも大人なのかもしれない。

このレビューはネタバレを含みます

劇伴が直近の作品よりも格段に少ない!!!
本編とは雰囲気が違うと思ったらどうりで……

ストーリーは本編3話に帰結するような内容

60分っていう尺の中だからまあツッコミどころはあるけれど、終始仮面ライダーとしてのロマンが詰まっており、ED曲が個人的好みで余韻が良い感じ
ラストは良かったけど…
もしかしたらドラマ版だけで良かったかも
結賀

結賀の感想・評価

4.0
ビルドらしいストーリー、好き
闇堕ち万丈を戦兎が救うなんて、最高
最後の変身シーンは何度観ても笑える‪🤣‬
なごみ

なごみの感想・評価

3.5
テレビシリーズの合間の物語。
本編とリンクした作りは好きなので、お祭りすぎない落ち着いた感じも良き。
平成シリーズだと上位で面白い映画ですね。

強いて挙げるならですが、戦兎と万丈に絞った物語なのでやや全体におざなり感は否めないですね。
敵の設定や味方の登場シーン含め、理由づけが薄いような印象を持ちました。

ということで、映画はお祭り、というのは根底に持って見るといいのかなと。
趣味

趣味の感想・評価

4.3
久しぶりに鑑賞しました。

ビルドは粗も多いし、言いたいこともいっぱいある作品なんですけど、個人的に割と嫌いになれない、むしろ好きな作品でして、今作もビルドらしくシリアスなところとコメディのところのバランスがよくて、好きな作品です。

ストーリーは至ってシンプルでエボルトの同族を倒すだけなのですが、戦兎と万丈の絆を感じられますし、ラブ&ピースというビルドのテーマも感じられて良いと思います。やはりビルドは愛と平和という、ヒーローものとしてはあまりにも陳腐でクサいテーマを掲げていますが、それに説得力があるストーリーとキャラなところが良いところだと思います。

ラストの地中でのバトルシーンも見応えありますし、個人的には無音の演出がうまいなぁと思いました。ラストが切ない中にも希望を感じられますし、その後の主題歌も好きです。

2022
9/22
けー

けーの感想・評価

3.6
なにその変身!!!
戦兎と万丈の後ろ姿に感動した!!

2022/86
yayayayaya

yayayayayaの感想・評価

4.2
ちゃんと映画になってもビルドらしい物語で良かった❗️

ガチのBe The One

エボルト一応助けてくるの敵なのになんかワクワクした‼️
映画特有の敵が一瞬味方する流れ好き
りくな

りくなの感想・評価

4.5
この映画を観るのは公開当時以来、2度目!
仮面ライダービルド45話まで観てからこの映画を視聴!

本当に尊い。戦兎が万丈のことを相棒なんだよって本人の前じゃ絶対言わないだろ。本人が居ないところで本音が出るの好きすぎる。

万丈も、エボルトの毒にやられてる戦兎や一時的に葛城になった時にずっと想い続けてるんだぜ。

お互いが居ないところで想い合ってて、一緒にいる時にバカ丸出しで喧嘩してるのが最高。

これだからバディものの作品好きなんだよな。Wやオーズもいいけど、バディものの最高傑作じゃないか仮面ライダービルドって。

仮面ライダー以外だと、BANANA FISHとかも好きなんだよなー😢
kazuhisa

kazuhisaの感想・評価

3.0
まあ可もなく不可もなく、新しいかっこいい仮面ライダーを見る映画でした。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品