仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディングPartIII 仮面ライダーゲンムVSレーザーの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディングPartIII 仮面ライダーゲンムVSレーザーの映画情報・感想・評価

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディングPartIII 仮面ライダーゲンムVSレーザー2018年製作の映画)

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:59分

3.9

あらすじ

ゲンム、ついに覚醒!新ガシャット『ゴッドマキシマムマイティX』を手にした檀黎斗が仕掛ける最後のゲーム『ゾンビクロニクル』に世界は未曽有のパニックに陥る。ムテキに勝るとも劣らない力を手に入れた黎斗を止めるためのカギに気付いた貴利矢は、正宗からある言葉を託され、一人ゲソムに立ち向かい。果たして2人の、そして世界の運命は・・・?

「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディングPartIII 仮面ライダーゲンムVSレーザー」に投稿された感想・評価

さゆう

さゆうの感想・評価

5.0
これ見てない人後悔しない?
テレビシリーズ、劇場版の後日譚として綺麗に続くし無駄はないしとにかくカッコいい。最高
TAKA

TAKAの感想・評価

3.8
2018-058-050-008
2018.3.8 梅田ブルク7 Scr.6

・始まりは・・・
ラストに相応しいドラマ(^_^)
・檀黎斗の孤独
・お前だけには負けられない(* ̄∇ ̄)ノ
・シリーズオーラス・・・?

トリロジー。
オーラスはゲンムVSレーザー(^_^)

考えてみれば、ラストを飾るに相応しいVSかな(^_^)

エグゼイドが平成第二期ライダーの中でトップクラスの名作と感じ始めたのは、ゲンムVSレーザーの戦いが契機になってる。
俺の場合は(^_^)

だからラストを飾るに相応しいVS(^_^)
実際に観た感想としても、トリロジーの中で本作が1番見応えがあった(^_^)
なんなら、他の2作は要らなかったんじゃないの?くらいな勢いで。

最期に止めるのは俺だ!
その気合いは何処からくるのだろう?
彼もまた真の仮面ライダー( ̄▽ ̄)b!

なんてつらつら書いてると、なんか話が重そうなんだけど
(・・・ま、少しだけ重いんだけどf(^_^;笑)
それを救ってるのは
ポッピーの可愛さ♪(^_^)
そして最終兵器!柳ゆり菜さ~ん♪♪
フワッホー♪(* ̄∇ ̄)ノ♪♪(笑)
今回も魅せてくれました!
まさかあんな展開になるとはねぇ・・・f(^_^;
でもキュート♪でした(//∇//)(笑)

ゲンムVSレーザー。
檀正宗も絡んで、
3人の因縁が最終章を迎える。

檀黎斗。
初めてかな。孤独を晒したのは。
純粋な想い・・・?

だけど、
強敵(とも)、レーザーとの対峙に、
思わず微笑む。
瞳は喜びに輝く。

お前だけには負けられない!
(* ̄∇ ̄)ノ

道端の名もない花だけが見ていた。
二人の死闘。

この演出はニクいね!( ̄▽ ̄)b!
盛り上がったっス♪
フワッホー♪(* ̄∇ ̄)ノ♪

だけど、エグゼイド・サーガのオーラスとしてみたら、サービス不足の感は否めないかと。
多少の蛇足感と。

だからあくまで、各ライダーを観たい、観て楽しむためのトリロジーのラストとして楽しむのが正解かな(^_^)
このトリロジー自体ファンディスク的なノリで楽しむもんかも。

トムトムさん、ストローカーエースさん、
関西の同士♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
感想パクってるかもです。
ごめんなさいm(__)m
エンドにふさわしい最後だったと思います。
恵まれてたんだなぁエグゼイド。
これで本当に最後だ!

『仮面ライダーエグゼイド』はまだ終わってはいない。

Vシネ三部作、劇場公開。
第三弾は『仮面ライダーゲンムVS レーザー』

本日、上映最終日。
なんとか滑り込みセーフ。

三部作の完結に相応しく、1番面白かった。

すでに1度ゲームオーバーになっている檀黎斗神、壇正宗、九条貴利矢の物語。命の尊さと医療の意義を問う。

ただ、エグゼイドの本当のラストショーなので全ライダー揃い踏みが見たかったというのが本音だが。

エンドロールがながれエグゼイドに別れを告げる‥‥
ありがとう!エグゼイド!

うん?なに?なに?なんだ?
‥‥‥‥‥‥‥‥
‥‥‥‥‥‥‥‥

To be continued
茄子

茄子の感想・評価

-
あの坂で雨降ってるのは切ないに決まってるやつ
壇政宗が息子に向けて言った言葉と貴利矢が言った才能の使い方を間違えたって言葉、後者のお陰で彼の命は肯定した気がして少し安心した
嫌いでは無い、好きでも無いけど

檀黎斗が初めて自覚アリの失敗を経験するっていう流れはとても好き
面白かったけど正直これで完結なの?て感じ、もう少ししっくり来る感じがほしかったかも、その辺は小説に期待ということで‼️
やまゆ

やまゆの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2018/03/12 鑑賞
エンディング次第で変わる未来

お疲れさまでした。
可能性を持たせる結末ではあったけど、それはあくまでもエグゼイド世界での未来であって、作品としては、しっかりと落ち着いた印象。
やっぱり1時間ちょっとという長さではあるので、書き足りないところはたくさん感じたけど、最後にこのシリーズを一番書き乱した黎斗と一番大きな犠牲を払ったであろう貴利矢の対峙で締めるというのが良かった。
トゥルーエンディングでわりと締まってたけどね!?とは思うし、ドラマ本編もんん?みたいな終わり方したし、蛇足や中途半端なところが目立ってしまう作品だったけど、命というものを中心にゴーストからうまく引き継いだ作品だったかな。
小説に続くとのことで、それも楽しみです。

以下、細かいメモ的な感想
ポッピーとパラドは今変身できなかったんでしたっけ?生身でゾンビたちと戦っていたので、かっこいいけど何故?と思った…。
大我の新ゲーマドライバーはもう少しフューチャーしてほしかったかも。あと飛彩だけボロボロだったのは少し笑った。飛彩にも何か新兵器を作ってあげてよ…。
ガワオタだから最近の強くなる=デカい!みたいな流れにちょっとだけ飽きてたけど、レーザーのギリチャン最終フォームはあの丸い基礎型にうまくスタイリッシュにまとめていたのでテンションがぶち上がったりした。黄色とシルバーっぽい青ってかっこいいよね。

やっぱり最初から最後まで九条貴利矢が好きだったなあと思いました。

このレビューはネタバレを含みます

仮面ライダーエグゼイド アナザーエンディング、完結。


今作、ひいてはこのアナザーエンディングという作品は、仮面ライダーエグゼイドの物語においてどうだったか。



小姫の心情や檀正宗に感染したバグスター、檀櫻子の存在などなど...本編であまりスポットの当たらなかったポイントが描かれた点はファンとして非常に嬉しかった。



だが...今作の結末を見るとやはり蛇足だなあという印象に落ち着いてしまった。



テレビシリーズ、そしてトゥルーエンディングで描かれたラストでは、ゲーム病自体は根絶されず消滅した人々もそのまま。だが医療の未来や人の思いでいつかは...という希望を持たせたものだった。

しかし今作で消滅者も幾人か再生し、バグスターの身体も人体に戻るきっかけを得た...のは良いとしても、それはすべて檀黎斗の計らいによるもの。テレビシリーズやトゥルーエンディングのラストを台無しにしてしまってやいないか...!?医療の未来や人の思いよりも檀黎斗なのか...?なんだかなぁ。


そしてこのアナザーエンディング3作を語る上で外せないのが鈴村展弘監督。
アナザーエンディング前2作でも気にはなっていたものの、特に今作での演出はかなり滑ってしまっていた印象。
コミカルシーンとシリアスシーンの温度差、役者の演技の引き出し方、カメラワーク、アクションシーン。本作のテーマと合致しない花を映す演出も首をかしげてしまった。極め付けはクライマックスの雨の中の死闘シーン。演出次第では最高に素晴らしいシーンになったはずだが、安っぽく陳腐な仕上がりだった。惜しい。


不満な点は多々あるし結末には納得がいっていないものの、仮面ライダーエグゼイドを放送が終了してもたっぷり楽しむことができて(それもスクリーンで)非常に嬉しかったのは事実。2018年の冬映画ではもう一度永夢=エグゼイドの活躍を見せてほしいところ。小説も楽しみ。
顎

顎の感想・評価

4.5
主役並みに因縁のある二人の決着。
キリヤ好きと神のモルモットとしては、ノリにノッた作品でした。


EDでつい「お前が歌うんかい」と呟いてしまった。
>|