仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング PartII 仮面ライダーパラドクスwithポッピーの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング PartII 仮面ライダーパラドクスwithポッピーの映画情報・感想・評価

「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング PartII 仮面ライダーパラドクスwithポッピー」に投稿された感想・評価

RenAlLotus

RenAlLotusの感想・評価

2.6
みんな言ってるけど、たしかに中継ぎっぽさは拭えなかった。

でもパラドとポッピーの内面は本編でけっこう深めに描いてたから、それでもまあいいのかもしれない
本編の後日談として楽しめますが、あくまでテレビシリーズの延長で、映画ならではの魅力が今ひとつ物足りないです。
izumo

izumoの感想・評価

3.4
檀黎斗が全裸になるまでの物語…ではない、はず。

ウイルスが人体を心配するというのは、文字にしてみると
確かに滅茶苦茶なことである。
Reo

Reoの感想・評価

3.5
『ブレイブ&スナイプ』に継ぐ、アナザーエンディングシリーズ第二弾。
前作は、ブレイブとスナイプをしっかりメインに添えて仕上げられていたけど、今回のパラドクスとポッピーは、次作『ゲンムvsレーザー』への繋ぎ感が強い。

本編が好きなら問題なく観られるレベルではあるけど、映画館でこのスケールだと少しガッカリするかな。

前半で2人が遊んでるゲームが、どう見ても全てクソゲーなのに、めっちゃ楽しんでるのが笑える。
16番線

16番線の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

紗衣子先生えっち・・・・・・・・・エグゼイドのレギュラー女性キャラにいなかったセクシー担当じゃない?ビジュアルが好き。
Vシネクストの新キャラクターの前の名字と本当の目的がエグゼイドVシネクスト2番目で明らかになる。高橋先生って伏線の回収が上手だなと思ってたけどまさか平ジェネ無印の財前まで拾うとは思わなくない?財前紗衣子・・・・・バグスターを恨んでいてパラドとポッピーに「バグスターと人間が共存できるわけない!」と言い実験をしてボロボロにするんだけど、実は紗衣子先生も黎斗に利用されていただけで、終盤廃人同然になってしまうのがな・・・
ポッピーと櫻子さん・・・・・全裸の黎斗・・・・
パラポピの撮影が雨だったらしくて大変だったのと、ポッピーを拘束していたピカピカしてるやつ作るの大変らしいから休憩中も松田ちゃんは縛られたままだったって聞いた!あと、全裸黎斗シーン、大切な部分を前貼りした状態でバスから降りて森の中を移動したらしいんだけど、柵を越える度前貼りがめくれてとんでもないことになっていたって岩永さんがニコニコしながら言っていて笑ってしまった。
yu51

yu51の感想・評価

3.4
エグゼイドVシネマ第2弾。
今回はパラドとポッピーがメイン。
第3弾のつなぎのような話だったけど本編ともちゃんと繋げてくれてるし面白かった。
ポッピーのコスプレが最高でした。
そして最後の神にはやられた。
斬鬼さん、ナスカに続く全裸シーンが見れます(笑)
かなき

かなきの感想・評価

3.3
【神が仕掛ける第2のゲーム!
激闘、パラドvsパラド!?】

『命を差別する今のあなたには従わない!』

『バグスターが人と争う時代は終わったんだ』

ゲームの中のキャラクターデータとして存在するバグスター2人がメイン。

『人類がいなくなったら、誰が私たちと遊んでくれるの?』とゲームキャラとしてみんなで楽しく遊べる未来のために全力を尽くすポッピー。

今まで軽んじていた“命”が本当に消えてしまう恐怖を味わい、人と争うことをやめたパラド。

そんな愛すべき2人のバグスターが、本編以上に“心”を持った展開に、心を打たれた。

真の黒幕である黎斗の策略が3部作に渡って描かれているため、今作は3作目への繋ぎ的要素が強い。その中に、心を持ったバグスターたちの物語も落とし込まれており、本編に忠実な要素も盛り込まれており、とても巧妙。

ただただポッピーが可愛くて笑顔になれる。メイキングもすごい可愛い。
原作との絡みがしっかりあり、話の根拠的なところの発想がよかった。
ゆうと

ゆうとの感想・評価

4.0
パート1と同様面白かった。
エグゼイドって面白いですよね。
ポッピーのコスプレシーンがあったので、前作より+0.1ポインツ
あおい

あおいの感想・評価

3.6
バグスターにも心を…

「エグゼイドトリロジー」第2弾!これは、松田るかをひたすら愛でる映画!めちゃくちゃ可愛い( ^ω^ )あとは、壇黎斗が暴走してる( ^ω^ )

◎ストーリー
八乙女と壇による秘密の計画、それの第2段階は、パラドとポッピーを育て直すというとのだった。一体彼らの目的は、何なんのか?そして、2人のバグスターの正体とは…?

仮面ライダーポッピーってなんだかんだで、本編にはあんまり登場してなくて寂しかったから、こうやってフォーカスされてるだけでも良かった。ヒロインが変身するのはやっぱ燃えるな( ^ω^ )

完全に次への布石でしたが、ポッピーの過去が明かされたり、黎斗の本当の目的やったりと、後日談としてはいい話になってきてる気がします。本編があまり好きじゃなかった自分でも楽しめてます( ^ω^ )

そして見所はポッピーのコスプレ大会です。オタクダンス踊ってみたり、浴衣やったり、ウエディングドレスやったり、非常にむふふです( ^ω^ )八乙女によるさくらんぼプレイもあります。てか、八乙女先生役の人、なんかエロいよ( ^ω^ )

新登場はブラックパラドと、アナザーパラドクス。黒スーツになっただけやけど、ボロボロマントがカッコいい( ^ω^ )

メイキング見てても、改めて松田るかにはこれからも頑張って欲しいなと思った。主題歌も歌ってたし、マルチにできる人なので、いけるとおもうなぁ( ^ω^ )

次はついにラストバトルで、九条さんが活躍する作品なので、期待したいですね!
>|