仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング PartII 仮面ライダーパラドクスwithポッピーの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング PartII 仮面ライダーパラドクスwithポッピーの映画情報・感想・評価

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング PartII 仮面ライダーパラドクスwithポッピー2018年製作の映画)

上映日:2018年02月17日

製作国:

3.5

あらすじ

再生医療に従事する女医・八乙女紗衣子の依頼のもと、消滅者復活のカギとして開発された育成ゲーム『パグスターをつくるぜ!』永夢がパラドを紗衣子ポッピーを育成するテストプレイに臨む。が、そのゲームから現れたパラドは様子がおかしい。何者かに囚われてしまった”本物の”パラドは、永夢との絆を胸に”もう一人の”謎のパラドと対峙するー。

「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング PartII 仮面ライダーパラドクスwithポッピー」に投稿された感想・評価

かなき

かなきの感想・評価

3.3
【神が仕掛ける第2のゲーム!
激闘、パラドvsパラド!?】

『命を差別する今のあなたには従わない!』

『バグスターが人と争う時代は終わったんだ』

ゲームの中のキャラクターデータとして存在するバグスター2人がメイン。

『人類がいなくなったら、誰が私たちと遊んでくれるの?』とゲームキャラとしてみんなで楽しく遊べる未来のために全力を尽くすポッピー。

今まで軽んじていた“命”が本当に消えてしまう恐怖を味わい、人と争うことをやめたパラド。

そんな愛すべき2人のバグスターが、本編以上に“心”を持った展開に、心を打たれた。

真の黒幕である黎斗の策略が3部作に渡って描かれているため、今作は3作目への繋ぎ的要素が強い。その中に、心を持ったバグスターたちの物語も落とし込まれており、本編に忠実な要素も盛り込まれており、とても巧妙。

ただただポッピーが可愛くて笑顔になれる。メイキングもすごい可愛い。
原作との絡みがしっかりあり、話の根拠的なところの発想がよかった。
ゆうと

ゆうとの感想・評価

4.0
パート1と同様面白かった。
エグゼイドって面白いですよね。
ポッピーのコスプレシーンがあったので、前作より+0.1ポインツ
あおい

あおいの感想・評価

3.6
バグスターにも心を…

「エグゼイドトリロジー」第2弾!これは、松田るかをひたすら愛でる映画!めちゃくちゃ可愛い( ^ω^ )あとは、壇黎斗が暴走してる( ^ω^ )

◎ストーリー
八乙女と壇による秘密の計画、それの第2段階は、パラドとポッピーを育て直すというとのだった。一体彼らの目的は、何なんのか?そして、2人のバグスターの正体とは…?

仮面ライダーポッピーってなんだかんだで、本編にはあんまり登場してなくて寂しかったから、こうやってフォーカスされてるだけでも良かった。ヒロインが変身するのはやっぱ燃えるな( ^ω^ )

完全に次への布石でしたが、ポッピーの過去が明かされたり、黎斗の本当の目的やったりと、後日談としてはいい話になってきてる気がします。本編があまり好きじゃなかった自分でも楽しめてます( ^ω^ )

そして見所はポッピーのコスプレ大会です。オタクダンス踊ってみたり、浴衣やったり、ウエディングドレスやったり、非常にむふふです( ^ω^ )八乙女によるさくらんぼプレイもあります。てか、八乙女先生役の人、なんかエロいよ( ^ω^ )

新登場はブラックパラドと、アナザーパラドクス。黒スーツになっただけやけど、ボロボロマントがカッコいい( ^ω^ )

メイキング見てても、改めて松田るかにはこれからも頑張って欲しいなと思った。主題歌も歌ってたし、マルチにできる人なので、いけるとおもうなぁ( ^ω^ )

次はついにラストバトルで、九条さんが活躍する作品なので、期待したいですね!
檀黎斗周りのギャグシーンずるいと思ってたら、さらに最後に持っていかれた笑。
人間を守る為、戦うまでに成長したパラドに感動。

ポッピーの『ニチアサのときめき』シーンは完全に製作陣の趣味ですね。嫌いじゃないわ!

物語は『ここを掘り下げてくれるのか!』というスピンオフならではの面白い進みになってきて目が離せない。
yh

yhの感想・評価

3.8
トリロジーの2作目なので、仕方ないのかもしれないが、ブレイブ&スナイプと比べると、繋ぎ間が強くドラマの1話を観てるような感じ。
前作よりエロさを増した柳ゆり菜と、神の顔芸は良かった。
友一

友一の感想・評価

2.7
松田るかコスプレ七変化と神の生ケツを映した時点で"勝ち"ということになるんでしょうな。

しかし、パラドの単独スピンオフと言っていいような内容で、ポッピーのエピソードがほぼ皆無だったのが気になりました。

本作も本編のほとんどが敵に囚われパラドの助けを待っている状態でかなり不満に感じました。まがりなりにもタイトルにポッピーの文字があるのに、ですよ。

TVシリーズでも思ったのですが、いくら男児向け番組とはいえ、"戦う力を有したヒーロー"であることには変わりがないはずの女性キャラクターであるポッピーの扱いがどう考えても退歩的だなと、

松田るかに可愛いらしいコスプレをして柳ゆり菜と百合っぽいやり取りをするだけなんて、有難いけどあんまりすぎ。いい加減日本のヒーロー番組も考えた方がいいと思いますよ。
仮面ライダーエグゼイド外伝後日譚第2弾。元・敵にして相方パラド/サポートガールポッピーが中心のお話ながら探偵役は九条先生(かっこよい)。 過去を回収しながら、邪神と美魔女の野望が動き出す。永夢やバグモンおじさん他がゲストとしてしっかり出るよ。
ストーリーはなかなか面白いし、これはよく組み立てたなぁと思わせるが、ちょいちょいチャちさ(ゲーム映像など)が見えて全体に薄味というか続編への橋渡し的感じなのが惜しい。様々なコスに着替えるポッピーの映像にソフトフォーカスが当たっていて「違うッ。くっきり映せッ!」と苛立つなどする。久しぶりに戦うならポッピーにも新武器とか欲しかったな。
しかしそれらの短所も長所も最後に神が根こそぎ持っていくのであった。ずるい。全ての元凶と、そのさらに元凶を解きほぐさんとする探偵監察医、待て次巻!
今年、11本目

エグゼイドトリロジーの一編。
観る順番を間違えてパラドクスwithポッピーを1番最初に観てしまい、ライダークロニクルガシャットの入手経緯の回想シーンは、なんのことやらだった。

完全に繋がりがある3編であるから、番号をふってくれてもよかった。

内容として視聴順番を間違えたことが、けっこう響いた部分が大きかった。

柳ゆり菜の撮り方が坂本監督チックだったけど、エンドロールで違う監督さんなんだと知った。
それくらい予備知識無しで観た。

パーフェクトノックアウトは大好きなフォームなんでモノクロバージョンは良かった。
本編であまり語られていなかった、檀櫻子の記憶が描かれていたのは良かった

最後の全裸神にめっちゃ笑った 笑
>|