仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーの作品情報・感想・評価

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

あらすじ

『MOVIE大戦』から超レベルアップを遂げた『平成ジェネレーションズ』が、2017年12月、衝撃の結末を迎える。仮面ライダービルドと仮面ライダーエグゼイド、2人のヒーローの出会い。それは、新たな脅威の始まりを意味していた。 窮地に陥るビルドとエグゼイド。そして立ち上がる“あの”戦士たち。仮面ライダー新次元の物語が、あなたを震撼させる。最後の『平成ジェネレーションズ』で、計測不能の化学反応(ベス…

『MOVIE大戦』から超レベルアップを遂げた『平成ジェネレーションズ』が、2017年12月、衝撃の結末を迎える。仮面ライダービルドと仮面ライダーエグゼイド、2人のヒーローの出会い。それは、新たな脅威の始まりを意味していた。 窮地に陥るビルドとエグゼイド。そして立ち上がる“あの”戦士たち。仮面ライダー新次元の物語が、あなたを震撼させる。最後の『平成ジェネレーションズ』で、計測不能の化学反応(ベストマッチ)を体感せよ――

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

今回の登場ライダーの中では特にフォーゼにどっぷりだった人間なのですが、
福士さんだけでなく、アンガールズ田中さんや土屋シオンさんが出演されていたのが本当に嬉しかった……!

あらすじとしては奇抜な点はあまりありませんが、
いつもより多めのバイクアクションや、先輩ライダーの登場シーン、
また、万丈の成長物語としても綺麗にまとまっていて、近年のライダー映画では上位に食い込む出来なのではないでしょうか。
特撮というフィルターを外して観ても大満足です。

エンディングのメドレーはちょっとずるいかな。泣きます。
フォーゼの場面写真にユウキちゃんがいなかったのが残念だけど。

あと、一番大事なこと忘れてました。
オーズファンの方は覚悟とハンカチを忘れずに。
あおい

あおいの感想・評価

4.0
平成にその名を刻んだ戦士たち。彼らの最後の共闘が幕を開ける…

平成ライダージェネレーションズ最終章。今までライダー見てきて良かったなと思える平成ライダー愛の詰まった作品。

◎ストーリー
平行世界を繋げ、世界を1つにする恐ろしき装置エニグマが起動し、ビルドの世界とエグゼイドの世界が交わろうとしていた。この平成最大の危機に集まったライダーは、“旅人”と“先生”と“王”と“オバケ”と“ドクター”と、“天才物理学者”だった…

この作品は仮面ライダークローズこと万丈龍雅の成長物語、そして仮面ライダーオーズの真の最終回です。オーズファンは特に懐かしさがこみ上げてくると思います。

毎度お馴染み、レジェンドライダーとレジェンド俳優陣が豪華出演で盛り上げてくれるシリーズですが、遂に如月弦太郎が福士蒼汰で帰ってきました!

更に映司&アンク、去年の作品では惜しくも出演できなかった紘太までもが完全復活を果たし、これで平成2期ではWの2人以外の全てのレジェンド俳優が戻ってきてくれたことになります!嬉しい限りです!

よくここまでの俳優を出してくれて、そして出てくれた、今作を観るだけでライダーの歴史に浸れます( ^ω^ )

ストーリーは今までよりも設定がかなり凝っていて、思いのほか見応えあり。最後やし大人も楽しませようとする心意気がみられるいい脚本。ライダーがなぜ戦うのかという、仮面ライダーの根本的精神が描かれています。

レジェンド俳優の変身もしっかり撮られていて、その都度トリハダたちました( ^ω^ )やっぱり役5年ぶりのオーズとフォーゼ変身シーンがねぇ、たまらん!

エンドロールで、7大ライダーの主題歌メドレーと共に各ライダーの名場面が流れます。それがほんまに激アツやった!

いつものように本編フライング映像ありで、驚きの劇場版最新情報もありでした!

入場特典では葛城巧の研究ページ風のガンバライジングカードセット!すぐ無くなると思うからぜひお早めに!

上映されて3日しか経ってないけど、案の定パンフレット売り切れ(T . T)みんな買いすぎやろ。

劇場は結構埋まってて、女性も多かったのが驚き!女性の大きいお友達も増えてるんやね( ^ω^ )家族連れから、大きいお友達まで、ライダーが大好きなら絶対見に行こう!

2017年劇場鑑賞43作目
龍海

龍海の感想・評価

3.5
3.5点はオマケにオマケだ!
あー!これはオーズファンには感涙物だ。オーズだけでVシネマ作ろうぜ!

小林靖子さん。アマゾンズじゃなくてオーズを!(笑)
三浦君かっこよすぎ。これだけでおつりくるわ。やっぱりオーズの話、嫌いじゃないわー!

大好きなエグゼイドが観たくて観たんだけど、なんだが微妙ですね。オールキャストで変身してなかったし、エグゼイド観るならパックマンだわー。
ゴーストはうん!特になし。本編も好きになれなかったし、合わないだよな。

鎧武は、もっと「神ってる」感じで良かったのでは。「ムテキ」より正直、強いでしょ。
フォーゼ。彼はやっぱ「友達」いてこそ、なんぼだ。もう見れないキャストばかりで少し悲しくなる。

そして、ビルド。これだけは私は6話ぐらいで脱落しまして、特に思い入れないけど、ぶっちゃけこれ!
ビルドの映画と言うよりもボクサーの映画でしょ(笑)見せ場ありすぎ

そして、大槻ケンヂ。笑うわ。結構、好き。中身ありそうで、無いキャラクターだったから掘り下げて欲しかった。

脚本に関しては、まあまあ。
子役がほとんど出て来ない。大抵この手の映画は子役の(棒)演技や、夢や希望や仮面ライダー理論が子役相手のため説得的にならない「絵」になるけど、それがなかった為、少し締まった絵になったかな。
敵幹部の扱いはちょっとイラッとしたけど。

まとめ。
もっと出来そうだけど、及第点かな。全てのシリーズを見ている人へ、やっぱりビルド好きな人に向けての映画だ。
こじま

こじまの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

映司とアンクのための映画みたいなところあるけど万丈の成長譚として綺麗にまとまっていた

フォーゼ本編だと弦ちゃんのバックボーンの薄っぺらさが本当にネックなんだけど客演となると位置人間としての深みが出ていて良かった

今作で戦兎=葛城ほぼ確定したような開幕だったから映画で発表かと思いきや本編までお預けとは…

壇黎斗神と紘太神絡まないのか…そうか…

まぁいろいろ論ったけど結局オーズだよね…Vシネかアマプラで続編書いてくれないかな靖子にゃん…
ドント

ドントの感想・評価

3.6
ライダー映画でベストのステージに立つ一本で、平成二期を観てきた人には最高の贈り物。謎の科学者の手でビルド/エグゼイドらの世界が融合する計画が進み、その衝撃で人類滅亡が迫る中、ビルドとエグゼイド、そしてゴースト(御成もいるぞ)、鎧武、フォーゼ(JKと大杉先生もいるよ)、そしてオーズ(嗚呼、アンク……)らが立ち上がる。
「ライダーって何で見知らぬ人のために戦えるんだ?」と悩む中、平行世界に行ってしまった龍我に主題性を預けて、先輩たちはいつものようにどんどん戦っちゃうお話の通行のよさが抜群。向こうで最初に出会うのが兼医師のエグゼイドたちなのもまたよい。医師としての仕事ぶりも引き続き丁寧に描いている。
演出にちともったいぶりすぎた部分も散見されるが、無人飛行機/小型の手持ちで撮ったとおぼしき映像の遊びも楽しい。戦闘場面も火薬量などは少ないものの充実している。
先輩ご本人登場には無条件にキターとエキサイトしてしまうが、「助けに来たぜ!」だけじゃなく新たな物語を編んでしまうオーズ。こんなん泣くしかないじゃない。ずるいぞ!
オーズだけじゃなく短めの時間で各人物をバッチリ伝える配分も絶妙。意思を引き継ぐ龍我の心意気も気持ちよい。やや説明過多な印象もあれども現行・歴代好きの欲望両方を満たす一本だった。ありがとう!!
すなお

すなおの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

語彙力皆無です。

卒業式みたいだった。
エンドロールがメインだった。
演出最高。
砂時計が割れる演出で拍手しちゃった。
ロボとフェニックスっていう不死同士の無機物と生物のベストマッチまじベストマッチ。

オーズ未視聴(ちょいちょいと最終回はみた)だったけど、感動した。
タ、ト、バは声出た。
(もちろん宇宙キターーーも控えめキタした。)
アイス!!!アイス…

仮面ライダーがなぜ戦うのか。
守りたいものを守るため。
頷きすぎて、顔と口抑えすぎてファンデーションボロボロ。
新人ライダーたちの目的がまだフワッとしてるのがよかった。

紘汰さんの「育ててくれた地球」は泣ける。

万丈と戦兎の同時変身初見???くらい高まった。

パラドくん、お帰りパラドくん…

バイクシーン、リアルバイクライダーさんライダーコスして高速道路走ってください。
サンタさん並みの感動を子どもに与えてください。(無責任)

世界をどうしたいかの主張の違いと
最後のフォーゼの友達のハンドサイン?グータッチ?をそれいいなっていうライダー達まとめて愛おしい。

ビルド本編の戦兎のあれこれが予想通りっぽくてそれも本当にありがとうございますって感じでした。

エンドロールまじエンドロール。


興奮のあまり書いたのでいろいろごめんなさい。最高でした。
日本最南端のtohoシネマズで鑑賞

何歳になってもワクワクはします

家探し鬱や
特撮はずっと好きだけど初めて映画館で見た。

オリキャスがたくさん出る中で各々の後日談としてしっかりストーリーが練られてたのでよく研究されてるなあと感心してしまった

オーズ好きはたまらんでしょうなあ
MASARIDER

MASARIDERの感想・評価

3.5
特撮贔屓なしにしても、映画として面白かったです。

主役は仮面ライダークローズで、1番おいしかったのは仮面ライダーオーズでした。
ここ数年のライダー映画ではベスト級。泣ける
>|