仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーの作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーの映画情報・感想・評価・動画配信

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」に投稿された感想・評価

本作は、…アンクにつきますよね笑

まあ、パラレルワールド設定だとした場合、このライダーはこちらの世界で、このライダーはあちらの世界、みたいに思えた作品ではあります。

後に別作品で地球20個出てきたけどw
醜い平成と言われちゃうけどww

とりあえず、オーズ好きは見た方がよいですね。なんかほっこりします。

ビルドも時間系ではないのだけど、世界改変が絡むから色々ややこしいライダーですが、この頃からそれを示唆してたなと改めて思います笑
hosh

hoshの感想・評価

3.5
上堀内監督特有のアイデア満載の
アクションシーンがよかった。

POV視点のガンアクションや今は中々
見られない終盤のバイクアクションは
最高の一言。

ドラマパートはオーズと万丈が主役
と言った感じだけれど、どちらも過去作品と上手くリンクしていて良かったと思う。
じゃん

じゃんの感想・評価

3.2
なんとオーケンが出てた笑笑

大槻ケンヂ、久しぶりなんやけど。
まあまあでした。
もうちょい重みあると良かった。

何故、ライダーをするのかという根源的な問いに対して、ビルトの相方新人ライダーが悩むのだが、それぞれのライダーの答え自体はイマイチだったかなあ。

福士蒼汰がちゃんとフォーゼで出てくるのは偉い。お得感ある。

やはりイケメンなだけでなく、最低限の演技力が欲しい。決めポーズや決め台詞して決まる人の時は盛り上がる。

でも一番盛り上がるのは、オーズのアンクとの友情の切なさかな。

そこだけ世界観がハッキリしていて素晴らしい。

オーズだけは続編あればちゃんと見てみたいと思う。

TVシリーズでは、主人公の俳優そんな上手くなかったのに、どんどん上手くなってて良い。

アンクの人は他のドラマや映画でも観たいのに、全然売れてなくて悲しい。

平成ライダーは、初期の龍騎やファイズが一番好きで次にカブトやダブルなのだが、

ディケイドあたりからもうあまり好きやない。
例外がオーズかな。
ウィザードも嫌いでは無いが。

ゴースト以降はほぼ見てない。
エグゼイドとかデザインだけで拒否感あるし。。

ビルトは話はともかく、ダブル的なデザインは好き。

にしても毎回この並行世界の世界観に付き合わないといけないのか笑

エンディングのそれぞれのライダーの曲がかかるのは偉い!
万丈龍我の成長物語であると同時に
仮面ライダーは何故戦うのかが描かれていた素晴らしい物語だった、
個人的にオーズフォーゼは本当に激アツものでした。
オーズの変身シーンはいつ見ても泣けます
ゼロ

ゼロの感想・評価

3.0
凶悪科学者の人類消滅計画に、7人の戦士が立ち上がる。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』シリーズの第2弾。仮面ライダーのお祭り映画。

敵役・最上魁星を演じる大槻ケンヂさんが好きなので観た作品。彼が演技をするイメージはないですが、 カイザーとカイザーリバースで静かな演技と明るい演技ができているところは、素直に凄いと思った。

また多くの人が興味のある仮面ライダーですが、ビルド・エグゼイド・ゴースト・ガイム・フォーゼ・オーズと数々の人気ヒーローが集まり、それぞれに見せ場があるのは良かった。

子供たちや好きな人が観たら楽しめるお祭り映画でした。
TOT

TOTの感想・評価

3.5
表テーマは平成ライダー集結で、裏テーマは万丈龍我の戦う理由探し。
ビルド観てたら急に知らないシーンが出てきたから調べて今作に辿り着く。
良い子はビルド14話の後に見よう!
アンク切なかったなー。
オーズ見たくなりました。
あと、オーケンがひたすらオーケン。

赤楚さん履修ポイント
・髪型が映画版仕様
・ライダーの戦う姿から、自分が戦う理由を考えていく万丈の成長を暖かく見守った結果、出てくる感想は「万丈かわいい」
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

本編14話のあとに観賞。面白かった。裏の主役は万丈(赤楚衛二)だよね。万丈が戦うことの意味を見出すまでの物語かな。オーズが好きなので、オイシいとこ持ってってくれて嬉しかった。
まろ

まろの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

オーズ完走後に鑑賞なのでオーズ寄りの感想です

メインとなるエグゼイドとビルドの世界観を知らなかったが、仮面ライダー集合の映画はいつもこんな感じなのと大筋のストーリーは明快なので終始楽しめた。

オーズはいつ出てくるのかと思ったら想像以上の尺を使ってオーズのパートを描いており興奮どころではなかった

時を経て火野映司は益々貫禄が増し、逆にアンクは時が止まっていたかのような美貌を保っていた

仮にも7年前の作品だが、映司がアンクに手を伸ばすシーンや過去回想まで作って頂き、ここまで惜しげもなく丁寧にアンクと映司の再会を演出してくれた制作陣の方々、本当に感謝しかない
アンクが消えてしまう場面は涙なしでは見れなかった…感無量である

仮面ライダー全員集合は胸熱
なんかフォーゼのおかげでまとまりがついた気がする。こんな飛び抜けて面白いライダーだったのか。

その後、当初出演は映司役の渡部さんのみだったけれど、やはりアンクがいなければ、という渡部さんの想いから三浦涼介さんにオファーしたというエピソードを拝見して胸がいっぱいになりました。

他にも沢山登場してるライダーの一作一作に思い入れが強いファンの方々が数多くいらっしゃることと思います。仮面ライダーは本当に愛されているシリーズなのだなと改めて思い知りました。

願わくば、いつかまた彼らに会いたいです。
10周年イヤーに…とは言わないです。
必ず近い将来、いつかの明日が来ることを信じています。
ビルドが大好きなので… でもオーズがかっこよすぎて持っていかれた、いつかの明日がまた来ますように…!大好き
仮面ライダービルドを履修中、知らない要素が出てきて調べたら映画を見る必要があったため視聴。

初っ端からよそのライダーから成分を採取するな、それを浄化するな、などつっこんでしまった(あとから必要なことだったとわかるけれど)

今のところ万丈くんが推しなので、万丈くん中心に見てた。
万丈くんの髪型がいつも以上に凝ってるな。映画だから?
平行世界に万丈くんが飛ばされてしまったわりに出番が少ない。
その分、万丈が出てきたときの安心感がすごい。
仮面ライダーが勢揃いしてバイクで駆けるシーン、万丈くんいないけど・・・。
もしかして:おいていかれた
「自分を信じてくれたもののために戦う」立派な動機だと思う。
万丈くん、健やかに育ってくれ。


仮面ライダーの知識が無いので全然誰が何だかわからなかった。すまない。
エグゼイド、プリレジェの鏑木だ!!君仮面ライダーだったのか!
誰ですかこのかわいい方は?パラドくんっていうんですか??とってもかわいい…。
2年も自分の世界じゃないところにいたのか・・・。心細かったろうに。
アレ?劇団EXILEの方いらっしゃいます?エグゼイドの知り合いですか?
また知らない仮面ライダーがでてきましたね・・・。
本当にビルド以外の仮面ライダーを知らないのですが、知らなくても胸をえぐられるような回想を見せられ、どなたかの相棒的な人が復活していた。映画で復活していいんですか…?アイスでなんでもやってくれるんですか?復活した相棒とそんなすぐお別れしていいのか・・・??
仮面ライダーフォーゼ、福士蒼汰くんということもありとても興味がある。ビジュアルは最もアレなんですけども。
4人まとめてタイマンはらせてもらう、とは?タイマンって何だっけ??
佐野岳くんだ!!!仮面ライダーだったのか!

全体的に仮面ライダーの知識が深ければ100%楽しめるのだろうなと思う。
万丈くんがかわいいので何も問題はなかったです。
>|

似ている作品