仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーの作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーの映画情報・感想・評価・動画配信

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」に投稿された感想・評価

はじめて観た仮面ライダー映画。
日本の伝統芸能である特撮の世界に足を踏み入れて思ったのが、このライダー沢山出てくる映画は、アベンジャーズと同じエモーショナルな部分をついてくるというところ。
みんなが小さい時から観ていたヒーローが一同に6体居合わせる。
敵の感じも、バトルっぷりもいい塩梅で飽きさせない。
ライダー映画では未だに一番よかった!
全力

全力の感想・評価

3.4
お祭り映画。
いっぱいライダー出てバイクブーン!炎バーン!!
自分が観てた押しのライダーと当時の思い出を懐かしみながら楽しみましょう。

といいつつビルドしか観てなかったので正しく評価できる資格を持っておりません。

あとはオーケンが出てるから見たんだけど、オーケンがゆっくり動いてるだけだったので、もっと素材の味を活かしてあげて!って思ったり。

特撮は全然詳しく無いので見当違いかもしれないけど、ときどき実相寺アングルっぽい!!みたいなのを見つけて楽しんでました。
実相寺アングルで合ってる??
Extreme

Extremeの感想・評価

5.0
弦太朗(フォーゼ)と映司(オーズ)の復活が予告編からすでにアツすぎたので映画館に直行。

アクションに重きを置いていた前作(エグゼイド&ゴースト)とは異なり、こちらはストーリー重視で「仮面ライダーとは何か」が根源的なテーマ。

一方アクションのほうもないがしろではなく、前作よりCG比率が増えたものの、それぞれのライダーの良さがよく活きている。

そして世界観も設定もまったく違うライダーたちのコラボ映画であるにもかかわらず、ストーリーの中できちんとそれぞれの作品に決着をつけているところも最高。ある意味、各ライダーの後日談的な映画でもある。

平成ライダーをずっと追ってきたファンなら絶対泣けるいい作品。
かる鉄

かる鉄の感想・評価

3.8
しっかりまとまってる、という印象。
それ以上でも以下でもない。
オーズのシーンが本当にめちゃくちゃ熱かった
映司とアンクやっぱり最高のコンビすぎるわ……
ファンキーなオーケンも良かった
Tomo

Tomoの感想・評価

3.5
大好きなエグゼイドと新ライダーのビルドの共演ってことで当時はテンション上がって鑑賞。

どちらも引き立てられてて楽しめた記憶。

ライダーの映画はこのような単純な流れから敵を倒す方が面白い。
短い尺で変に回りくどいことやるととっ散らかって楽しめない。

全員集合までの流れも熱く盛り上がる構成で満足!

なによりポスタービジュアルがカッコいい!ドライブあたりからクールなデザインになった印象!
nori007

nori007の感想・評価

3.5
今作はエクゼイドとビルドがメインとなるのだが、世界観がまったく違うのでいつものパラレルワールドというご都合主義の世界観。敵の兵器もエニグマというナチスの解読不可能暗号機。まあ「イミテーション・ゲーム」が流行ったからつけたネーミングなんだろうが、いいかげんこうしたパクリ体質はやめてほしい。

ただ、今作の目玉は、超メジャーとなった福士蒼汰のライダー復帰。そしてエイジとアンクのコンビ復活だろう。この部分だけは間違いなくテンションはアガる。

ただこのテンションのアガりを足を引っ張るのが万丈のヘタレ発言だろう。あのエピソードは本当に邪魔なだけだ。

そして大槻ケンヂが悪のライダーとして登場するが、もっと狂った存在じゃなきゃダメだろう。そしてドギツイロックの主題歌も必要だったはずだ。

前作「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」は、かなり素晴らしい作品であった。

その差は、間違いなく監督のセンスだと思う。
-------------------------------
2018/05/13 01:54

3.6
今回、歴代キャストが登場ということでかなり期待していたのだけれど、正直序盤はまったくノレなかった。というのも毎度毎度お決まりのパラレルワールド。まあビルドとエクゼイドの世界観が違いすぎるので今回は致し方ないか。。。

それにしてもその次元融合装置がエニグマって。。。東映作品はちょいちょい他作品の流行りの言葉をパクって来るがエニグマか~。

そして万丈のヘタレっぷりが許せん。いや新参ライダーの成長を描きたいのはわかるよ。でもな、世界が終わろうとしてるのに。さらに戦友が必死に戦っているのに、ウジウジしやがって。万丈の成長を描きたいのであれば何度やられても立ち上がる姿を描いてほしかったよ。

が、しかし後半となると、映司とアンクのコンビ復活に思わず感動。オーズは素晴らしい作品なのにキャストがどうも日の目を見ない。なのでこうしてまた脚光を浴びるところにファンは拍手喝采となると思う。対するバリバリメジャーとなってしまった福士蒼汰はスターとなった今でもこうして戻ってきてくれるところにまた拍手喝采なわけだ。

そして今回はバイクの揃い踏みとなるところがまたいい。やはりバイクにライディングするからこそのライダーなのだ。バイクアクションは必須にするべき。

自分としては「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」こそが最高と思うのだが、両作品あわせて見るのが正解かもしれない。
ragii

ragiiの感想・評価

3.9
仮面ライダーエグゼイドとビルドの初共演作で、ビルドの初映画化作品。ゴースト、オーズ、鎧武も登場

主役はエグゼイドとビルドのなんだけど、パラドと万丈が主役級の活躍とゆうかストーリー回しする重要な役回り

歴代ライダーが5人も出るってだけでも豪華なんだけど、ストーリーがかなり巧い!

見応えしっかりあるし、テレビシリーズの設定もちゃんと活かしてるし言うことなし!

しっかり楽しませてもらいました。
ち

ちの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映司とアンクのためにでも見る価値あり!
アンクがアイスを食べた時の表情泣けた…
ジオウもこんな感じでストーリー作れば面白かったのにな…

豪華俳優だった!
>|