仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリの作品情報・感想・評価

「仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」に投稿された感想・評価

これを超えるライダー映画をまだ知らない。
すべてが完璧な仮面ライダー映画。


昭和から平成へと受け継がれてきた「仮面ライダー」のすべてが詰まった映画だと思う。
そしてあらゆるヒーロー映画で提示してきた「ヒーローとは?」というテーマの1つの答えを出した作品。


クライマックスのシーンがまさにそれを物語っている。

風都の住人という守るべき人々がいて彼らの応援を受けて強くなる
ヒーローの原点をエモーショナルに体現したクライマックスだった。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.0
【傭兵集団によりAからZまでのガイアメモリが流出。左翔太郎“仮面ライダーW”らは調査に向かうアクション映画】

[風都の風]
TVシリーズ未見でもある程度付いていける分かりやすいストーリー。特撮の良さ。
シンプルながら街を市民を守るというヒーローらしさが全面に出てて良かった。

様々な能力を使った技やバイク上での格闘等アクションシーンも楽しい。
悪役に松岡充。公開は前後するが「仮面ライダー4号」では4号役も。
板野友美と河西智美(懐かしい)が見つけたメモリがAとKとBで面白かった。

「-W」直後の菅田将暉出演ドラマにエキストラ出演して挨拶したけどこんなに売れるとは。

2018年上半期終了。
長編183作、短編6作、海外ドラマ19作(21シーズン)
YUKI

YUKIの感想・評価

4.2
仮面ライダーWが大好きだったの
ですが、中々見られず今回やっと
鑑賞しました。
仮面ライダーエターナルとその
幹部たちが悪役として魅力的で
良かったです。彼らが敵組織で
TVシリーズの1or2クールやって
欲しいと感じました。
不満点といえば、ファングの扱い
くらいですね、ファングジョーカー
大好きなので。
彼のプライドが許すのであれば、松岡は悪役俳優になった方が上手くいくと思う。
今までの作品の中で一番はまり役だったと思う。

仮面ライダーには全く興味なかったけど面白かった。
ドラマとして見て面白かった。
たしかに子供よりお母さんお父さんの方がハマるわ。
えふい

えふいの感想・評価

5.0
子供向け特撮ヒーロー映画では終わらないアクションとストーリー。
平成仮面ライダー映画の最高傑作だと思う。
探偵物語風ハードボイルド、というのは、つまりヒーロー再構築的な意味合いだと思う。
というのが、前年、クリストファー・ノーランの「ダークナイト」があったからだ。
その上で、平成ライダー10作目「ディケイド」から新たなヒーロー像の模索として、「原点回帰」しつつ、明確な「戦う理由」とその中で「この街を守る」ための成長はテレビシリーズから一貫して描かれているところが素晴らしい。

そして本作は、劇場版ならではのまさに脱正義的な敵。
同じく「仮面ライダー」を名乗るエターナルと、自らと同じスペックで武装した死体の傭兵たち「NEVER」。
つまり「死」の側より、生を挑発する。
異形からの挑戦として、やはり「ダークナイト」の影が見える。特に最後のT2ガイヤメモリに賞金をかけて風都の市民たちの倫理観を揺さぶる描写や、ヒートメモリの女(八代みなせ最高にエロス)と翔太郎のやり取りは最高だし、とにかくさりげない描写がグッとくる。
桐山漣は、とにかく変身ポーズなどのケレン味のある仕草がとにかく色っぽい。

前作の劇場版「ビギンズナイト」では父と子の話として翔太郎サイドの苦悩が描かれたが、今回は対になってフィリップと母との話。
自らの感情になかったはずの感情に戸惑う繊細な演技に菅田将暉はすごいなぁって思う。

とドラマにおいてもツッコミどころはありつつそれでも、繊細に語ろうとしている姿勢と、とにかくあらゆるアイデアやパターンを駆使したアクションシーンに悶絶する。

日本国内どころか世界的にもなかなか見れない美しいシーンの数々。

そこに仮面ライダーが映ってるこの至福たるや、筆舌に尽くせません。
Sena

Senaの感想・評価

3.0


アクションも敵仮面ライダーのエターナルの設定ビジュアルも完璧。

屍人となり孤独を感じたが故の行動。
悲しくも許されない行為、、、
子供向けにしては動機が複雑過ぎる、、、
romao

romaoの感想・評価

3.5
映画は悪くなかったが、杉本彩って(笑)ちょっとお芋さんでした。
最も好きな平成ライダー夏映画。
テンポよく進むストーリーと魅力的な敵ライダー、伏線回収の気持ちよさなど良い点をあげればキリがない。
タスク

タスクの感想・評価

4.3
TVシリーズ44,45話の間の話だけどこれ単体でも楽しめるものとなっており山場も多々あって平成ライダーの映画のなかでもトップクラスに完成されている

大道克己/仮面ライダーエターナルを始めとしたNEVERのメンバー一人一人もキャラが立っており魅力的なキャラとなっている
>|