伝説のアニメーター フロイド・ノーマンの作品情報・感想・評価

「伝説のアニメーター フロイド・ノーマン」に投稿された感想・評価

ディズニーの1人のアニメーターのドキュメンタリー。
【良い点】
ディズニーの初期を知る生き証人ならではのエピソード
【悪い点】
ホームビデオよりな雰囲気があり全編渡ってまったりしている

【総評】
ドキュメンタリー全般に言えることだが興味があるなら見るべき。リラックスして見るべきなので談笑しながら見るのがオススメ
ディズニーの伝説的アニメーター、フロイド・ノーマンの半生に迫るドキュメンタリー。
まだ黒人に対する偏見や差別がひどかった時代だから、1950年代の終わりにディズニーに入社、その類まれな才能はいち早く社内でも評価され、『眠れる森の美女』『101匹わんちゃん』など数多くの名作に関わってきたフロイド。ディズニー・レジェンドとして名高い9人のアニメーター、「ナイン・オールド・メン」の下で日々スパルタ指導を受け、実際に生前のディズニーとも仕事していたという、まさにディズニー全盛期を目撃した生き証人。80歳を超えた今もご健在、定年退職した後もまだ彼のデスクがあって日々通ってはさまざまなプロジェクトにアドバイザー及びクリエイターとして参加していらっしゃるそう。

多くの差別を受けてきた...というお涙頂戴なドキュメンタリーではなく、あくまで彼はただ絵を描くのが好きだからこの仕事を続けてきただけ、と明るくお話しされる姿が印象的でした。上司たちはあくまで彼の才能に惚れ込んで、偏見など持たずに雇用に踏み切ったわけで。いかに彼が絵を描くことを愛し、ひたむきに向き合っていたかがじわじわ伝わってくる素敵なドキュメンタリーでした。
ウォルト・ディズニーはやはり上司としては非常に厳しい存在だったなんて裏話も聞けて、私たちファンには絶対計り知れない部分を知られたのも興味深かったです。ヘビースモーカーだったのも初耳!

しかし、自分の才能を一番生かすべき場所として黒人史の映画を手がけたり、かの有名なハンナ・バーベラ社でアニメーターとして働いたり、とにかくものすごいキャリアの持ち主。その一方でディズニーの都合で何回も解雇され、さらには呼び戻され...を繰り返したのは何だか気の毒でした。
普通のディズニーのドキュメンタリーでは絶対に描かれないような、会社自体の「闇」の部分にも少し触れていて、その意味でも面白かったです。

好きを仕事にする、って永遠の憧れ。仕事へのモチベーションを与えてくれる作品でした。
kaname

kanameの感想・評価

3.0
アメリカの天才アニメーターの半生。ちょこちょこと差し挟まれるアニメがかわいい。

ディズニー、ピクサー史も追えて学びがある。
所々挟まれるアニメーションが面白く、
飽きることなく最後までのめり込むことが出来ました!

歳をとってもアグレッシブに好きな事に打ち込めるって幸せで、
周りの環境も大事だな~と思いました。

監督と話す機会があったので思い出深い作品です。
最近、ドキュメンタリーに耐性がついて来てフィクションとは違う面白さに気づいてきたりしています。とはいってもこれはディズニー関連だから楽しめただけかもしれませんが。
ディズニーアニメーションを支えた重要な人物の1人であるフロイド・ノーマンのドキュメンタリー。内容としては、いい意味で普通。たまに入るアニメーションが面白かったです。ディズニーアニメーションの歴史に興味がある人は面白いと思います。
それ以外の人にはおすすめできません。
でもドキュメンタリーってそういうものが多いですからね。