デヴィッド・リンチ:アートライフの作品情報・感想・評価

デヴィッド・リンチ:アートライフ2016年製作の映画)

David Lynch: The Art Life

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:88分

3.5

あらすじ

アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ…

アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。後の『マルホランド・ドライブ』(2001年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。

「デヴィッド・リンチ:アートライフ」に投稿された感想・評価

切身

切身の感想・評価

3.4
映画界の天才も、普通に人間してるんだなっていう映画。
リンチ作品の源になる要素と、そうでないような要素と、どちらもあるところが良い。
ys

ysの感想・評価

3.5
DVDで鑑賞。ツタヤ発掘良品。
デヴィッドリンチのドキュメンタリー。
エレファントマン5.0
ツインピークス4.5
ワイルドアットハート4.5
ブルーベルベット4.0
俳優としてはラッキー4.0
他も観たけど難解系は苦手です。
絵を描きながら、生い立ちトーク。
今年ヒカリエでデヴィッドリンチ展でも観たけど、グロくないけど不気味な絵
家には飾りたくない、笑
学生時代は引きこもって絵を描いている。
ボブディランのコンサートに行ったが、
会場が大きく、ステージが遠かったから
途中で帰ったそうです。
1人で暮らすようになっても
地下で、果実、鳥やネズミの死骸の腐敗の実験。それを訪ねてきた父に見せる。
ヤバすぎる!マリリンマンソンかっ!
と思ったら、ロストハイウェイ🎬にマンソン出てるらしい。
いつか観ようかな。
そしてムービングペインティング、動く絵に目覚める。
ほとんど映画の話はないし、
もともと映画に興味がない。
芸術の表現手段として映画を撮った。
やっとイレイザーヘッド🎬
と思ったらおしまい。笑
映画監督以前のドキュメンタリーですね。
いまいちだけど、ラストの音楽が良すぎて
0.5加点。
渋谷のハンズの近くに
カフェモノクロームなんてあるんですね。
知らなかった。リンチワールド。
行ってチェリーパイ食べないと!
maichan

maichanの感想・評価

-
大自然の中で仲のいいご両親に育てられ、映画では出てこなかったけど、ボーイスカウトのイーグルスカウトにまでなった人がなぜ、カルト映画の巨匠デヴィッド・リンチになったのか。何となく垣間見えるような気がするドキュメンタリーです。

リンチ先生は映画監督というより芸術家なんですよね。「エレファント・マン」の監督にスカウトされ、成功したことにより商業映画監督の道に進んでしまったけど、本来だったら現代美術家になり、「イレイザーヘッド」のようなシュルレアリスムだったりグロテスクだったりな映画や絵画を作り続けたかったのかも。
「イレイザーヘッド」を制作している時が一番幸せな時間だったという言葉がそれを表してるように思いました。純粋にアートだけだった時。

もう今は本当にやりたいアートだけ、商業を一切考えないものしか作らない。ですからリンチ作品に普通のストーリーや起承転結を求めても裏切られます。ツインピークスの新作は正にそれでした。

リンチ先生のお話、もう大人だったのにニコニコしながらネズミの死骸などのコレクションを得意げにお父さんに見せて、息子は気が狂ってしまったと思われたり、いつまでも終わらないイレイザーヘッドの撮影に業を煮やしたお父さんと弟にまともになれと諭され、人知れず涙したエピソードに申し訳ないけど笑ってしまいました。

このドキュメンタリー「イレイザーヘッド」のエピソードまでで終わってしまいますが、続編作ってくれませんかね。
木

木の感想・評価

-
朗読をきいているようで
絵画を見ている気分のようでもあるし
ミュージックビデオのようでもあった
不気味で暗く明るい
具合の悪い夢の感じ

話す内容というより
リンチの話し方には魅力がある
不思議だな



あとDVDの写真がCGゲーム感あるのはなぜだろう
彼の作品に触れていない人は楽しめないのは当然。でもリンチ好きなら若い頃の話、家族の話、制作の話、色々と聞けるこの映画はとてもありがたい。
これを見ると、やっぱり彼はアーティストなんだなぁと。。。A,B,Cの動画について触れてて嬉しかった!
リンチの人となりを少しだけ知ることができた。
普通の家庭で育ち、別に今だって際立って変な風貌でもないし、ただただ作品が奇妙なだけ。
抑圧された内面から捻り出されるようなイメージの作品たち。それがなぜか心をくすぐる。
これからもリンチの作品をもっと見ようと思った。
「イレイザーヘッド」に至るまでの生い立ちをデヴィッド・リンチ自らが回想する

初盤からタバコに火をつけるデヴィッド・リンチ
一時停止で銘柄を確認(監督のインタビュー映像でやりがち)。アメスピのレギュラーだ

自らのアートライフを語るデヴィッド・リンチ
「コーヒーを飲み、タバコを吸い、絵を描く」
かっこよすぎる!
髪型も毎回キマってる!
絵画が動いたら面白いだろうなって発想から映像作品に着手し始めた動機もおされ!
もっと先まで語ってほしかった

あと、デヴィッド・リンチのカフェ、いつか行きたい
pacheco

pachecoの感想・評価

3.4
もう倍観たかった。定職に、という父と弟の懇願に涙しながらも芸術家の道へ進んでくれて本当にありがとう。
新文芸坐二本立て鑑賞。
いくらリンチファンでも、青少年時代の不気味な体験と、奇妙なアート作品を延々見せられると辛くなる。
ただ、ボブ・ディランのライブを中座して同室のJ・ガイルズ・バンドのピーター・ウルフと喧嘩別れしたり、地下室に収集している腐敗中の小動物を父親に見せて「おまえは子供を持たない方がいい」と言われたり、変人エピソードには苦笑いできる。
この変人を「イレイザー・ヘッド」製作へと救い導いた、米映画業界の懐の深さに感謝したい。
D

Dの感想・評価

-
稀代のシュールレアリストの脳内に迫るドキュメンタリーは、美術学生時代の退屈と憂鬱、悪夢のような街フィラデルフィアの暮らし、長編デビュー作のイレイザーヘッドに至るまでの一人語りで、耽美主義の一端に触れることができる。パンフも必読。
>|