映画 中二病でも恋がしたい Take On Meの作品情報・感想・評価

映画 中二病でも恋がしたい Take On Me2017年製作の映画)

上映日:2018年01月06日

製作国:

ジャンル:

3.7

あらすじ

「十八歳。高校最後の年。なのに六花は・・・・・・まだ中二病だった」 大学受験も見えてきた高校三年間近の春休み。 相も変わらず富樫勇太は小鳥遊六花と共同生活をしていた。 しかし未だ上位契約も結べていない様子・・・・・・。 そんなある日、姉の十花が六花をイタリアに連れて行くと宣言する。 仕事も安定したので、家族で移住すると言うのだ。 焦る勇太だったが、大学進学も危うい六花をこのままにはし…

「十八歳。高校最後の年。なのに六花は・・・・・・まだ中二病だった」 大学受験も見えてきた高校三年間近の春休み。 相も変わらず富樫勇太は小鳥遊六花と共同生活をしていた。 しかし未だ上位契約も結べていない様子・・・・・・。 そんなある日、姉の十花が六花をイタリアに連れて行くと宣言する。 仕事も安定したので、家族で移住すると言うのだ。 焦る勇太だったが、大学進学も危うい六花をこのままにはしておけない、という十花の意見はもっともだった。 このままでは二人が引き裂かれてしまう。心配した丹生谷らいつものメンバーから、勇太はなんと”駆け落ち”を提案される。こうして、日本全国を舞台にした二人の逃走劇が、今始まるのだった。

「映画 中二病でも恋がしたい Take On Me」に投稿された感想・評価

Tai

Taiの感想・評価

3.4
TVシリーズの劇場完結作!
だから単作としての評価はちょっとわかりません!
何も知らずに本作だけ観ると「ふ〜ん」で終わると思います。
私は1期にハマったのにも関わらず2期を観てないという不届きものでしたが、充分に楽しめました◎
あれ、完結したんですよね?まだ続いたりするの?
1期だって良い感じの終わり方だと思ってたのに2期あったし…

物語は高校生カップルのお話。
彼は元・中二病。彼女は現役の中二病。
彼女が海外へ引っ越して離れ離れになりそうなんで駆け落ちしようという内容です。

しかし移動総距離半端ない!
勇太くんの財力が高校生の域を超えてない⁉︎
そんな交通費をポンポンだせるとか男前過ぎるよ!

そして六花のヘッポコな可愛さは正義です◎

本当にバカップル(^ω^)
満足のラストでした!
アニメは1・2期共に視聴済み。本作は最終回的な位置付けなのかな。六花が自分の殻を少し破るまでの物語。でも、中二病を完全に捨てきってないところもいいですね。余韻があります。「爆ぜろリアル!弾けろシナプス!バニッシュメントディスワールド」←やっぱり好き。 最後の勇太のメールもいい。「中二病でも恋がしたい」 見事に回収しました。 贅沢を言えば、石山駅がもっと登場してほしかったかも。あと、丹生谷さん(モリサマー)ほんと可愛い笑
hiro

hiroの感想・評価

3.8
中二病でも恋がしたいの劇場版。

アニメ2期のその後の話なのでまだ見てない人はそちらから視聴推奨です。

テレビアニメを見たのはだいぶ前ですが劇場版は見てなかったので視聴。

全体的にラブコメ的な感じで面白かったです。

高校三年生になる六花が結局これから中二病ののままなのか、はたまた中二病卒業するのかという所も問題としてあげられてました。

結局、答えは出ないのですがどんな六花になってもずっと一緒にいると言える優太はかっこいいね

最後の方はバカップルぶりを見せつけられました(笑)

アニメだけ見て劇場版見てない人は是非見てみてください
key

keyの感想・評価

3.5
「爆ぜろリアル、弾けろシナプス!バニッシュメント・ディス・ワールドッ!」

最近、アニオタが加速して止まらん。
にしても、京アニのキャラ可愛すぎなのと、ロケハン丁寧なのと、構図が大胆なのは天晴至極!
中二病を取るか好きな人を取るか。

面映ゆい正統派な逃避行の物語。

テレビシリーズ観てる人向け。
village123

village123の感想・評価

3.5
高校3年に進級前の春休み、補習から帰宅した六花と付き添いの勇太は、自宅から六花の荷物が運び出されていることに愕然とする。六花の姉の十花が、中二病から卒業しない六花を心配し、仕事先のイタリアに連れて行こうとしていたのだ。仲間たちに背中を押されて勇太と六花は駆け落ちすることに。

テレビシリーズや原作を知っていないと、入り込めない内容は仕方ないが、キャラがそれぞれ生き生きしていて良かった。
あちこち移動する展開は途中からマンネリ化して、思いのほか盛り上がりに欠ける気はしたけど、中二病に決着をつけない曖昧さは余韻を残している。
キャラの動作や姿勢など、細かい描写が丁寧だと思った。
僕はアニメを語れるほどアニメを観てこなかったのですが(ぶっちゃ年間片手で数えるほどしか観ない)、この作品はかなり好きです。そこらのコメディよりよっぽど笑えるし、ラブコメ要素も興味深いです。すでに本編を観て、好きになっているキャラクターたちの強い絆を改めて感じることが出来た作品でした。

基本的にあからさまなラブロマンス要素って結構白い目で見ちゃうんだけど、こんなに応援できるカップルってなかなかないと思う。

口元をアップで映さないのが良い。コメディ要素もあいかわらず笑えたし、あと結構いい台詞多いなぁって思いました。

この映画を観れてかなり満足です。

てか一色くん登場するまで完全に彼の存在を忘れてましたww
KOUTA

KOUTAの感想・評価

2.1
普通にテレビで放送した方が良かったでしょう。映画『ラブライブ!』の脚本家が携わったというから、その微妙さには納得しましたね

http://ko-tachannel.hatenablog.com/entry/2018/08/02/180000
268.
あー、これは初々しい、眩しい(笑)

これはこれで素敵な作品なのでは?

アニメを見てたので久々に出会えて嬉しかったです。
いくえ

いくえの感想・評価

4.0
出てくるキャラクターがみんなかわいい!
京アニの聖地巡礼できて感動〜
青森県のあの場所観た瞬間なんてもう...(*>_<*)( 笑 )
そこに☆1こプラス♪
>|