劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディの作品情報・感想・評価

「劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ」に投稿された感想・評価

紫色部

紫色部の感想・評価

2.5
2019.1.18 BS

横じゃなくて縦。「宝島」は名曲。
pppppppp

ppppppppの感想・評価

4.1
あすか先輩に焦点が当たってる総集編!感はあるけど、テレビアニメを補完するようなシーンもちょこちょこある。
でもそれぞれのシーンの重みみたいなのはアニメの方があるなーって前半は思ってたけどやっぱり滅茶苦茶に泣いた

なつき先輩はずっとかっこいいんだ…どこ切り取ってもかっこいいんだ……

お姉ちゃんとあすか先輩が重なるの、すごくいい

河川敷で2人並んで座ってる姿が本当に好き

でも、えーーー!!!あのお姉ちゃんシーンをカットするのーーーー!?!?って気持ちになったよ……
umetono

umetonoの感想・評価

4.6
TV版を上手く編集して、あすか先輩にスポットをあてた感じに仕上げてある。
他の子たちにもそれぞれドラマがあると思いつつ、あすか先輩の話もなかなか泣けた。
何より、地元が舞台になっており、あちこち見たことのある風景がリアルで、河原の名場面も、あそこねってわかるし、姪っ子が行っている高校が舞台なのでリアル!アクトパル宇治!京阪電車!
京都アニメーションにはデフォルトプラス1のスコア加点。
みゆ

みゆの感想・評価

3.7
自分も中高吹奏楽部だったから、重ね合わせて最後まで飽きずにみれた。あゝ青春、全国大会出たかったなあ
楽器の運指や背景がアニメと思えないくらいリアルで感動した
Abby

Abbyの感想・評価

-
総編集は総編集でしかなかった、かな。

とくに先輩とくみこにスポットを当てても観た内容は変わらない。角度を変えて観たらというのもあるかもだけど、それも特には・・・。

新作の劇場版、楽しみにしてます。
顔夕

顔夕の感想・評価

4.4
響けユーフォニアムの2期の総集編、というより再編集でテレビシリーズの内容をさらに深めた劇場版。テレビシリーズの視聴は必須。
1期とは趣の違う面白さで良かった。
来年の劇場版も超期待!
TVアニメシリーズ「響け!ユーフォニアム」第2期の総集編映画です。

第2期の内容から、主人公の黄前久美子と田中あすかの物語を抽出して再編集した内容です。
「リズと青い鳥」の主人公である鎧塚みぞれと傘木希美が中心となる部分(2期の1話〜5話あたり)の内容はざっくりカットされているのでおさらいには使えません。

前回のヒロイン高坂麗奈に対して、田中あすかは曲者です。
人当たりが良くいつも笑顔で社交的ですが、本心は誰にも見せないという、ギャルゲーならフラグの立て方を間違えるとクリア不能になる上級者向けルートみたいな人です。

久美子があすかに本心をぶちまけるシーンは、黒沢ともよさんの凄まじい演技力、京アニの作画演出力、劇場音響のパワーも相まって、テレビで何度も見たのに涙が出てきてしまいました。

「響け!ユーフォニアム」の劇場版は一本の映画として実によくできています。
1作目と2作目、どちらからでも良いのでとりあえず見て、好きだったらテレビシリーズやスピンオフ「リズと青い鳥」を見る。
といった順番でも全然いいと思います。
アニメが気が付かないうちに、ネクストレベルまで上がったな、という確信を得た作品。

今回は、副部長にして同じパートのあすか先輩とのストーリーにシフトしていって、前作のヒロインはほとんど出てこなくて(・・・浮気?)と思わないでもないけれど、でも、それだけに、家族の確執にピントがあっていて、だからこそ普遍的な作品にまでなったと思う。

あと、光線の扱い方とか、被写界深度とか、画作りとか、すごく上手くて、リアル以上にリアルっぽくて、そういう点でも、アニメの全体的なレベルが上がっているのを感じた。

これは、アニメが頭のおかしい人に、難癖つけられても仕方ないかな、って感じ。
めっちゃ良かったー!私もあすか先輩が大好きー!
ぜんぜん総集編じゃないやん…めっちゃ新規カットある…凄すぎ…
テレビシリーズを編集して新しく映画を作るっていうのはこういうことなんやな…頭が上がりません…
立川シネマシティ極音上映(2月含め3回目)

テレビ版総集編の劇場版はかくあるべき

全てに隙がなく素晴らしい出来

何度観ても落涙します

来年の新作も楽しみです(*´ω`*)
>|