劇場版 境界の彼方 I'LL BE HERE 未来篇の作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場版 境界の彼方 I'LL BE HERE 未来篇」に投稿された感想・評価

アニメはかなり前に見てた。
ずっと思ってたけど、このヒロインが眼鏡っ子とは認められない。完全に伊達やないか。
伏線が全て回収されてるかって言ったらそうではないけど面白い
しんどいシーンもあったし最後の盛り上がりは泣けた
絵がやっぱりめちゃめちゃ綺麗!!
ちょっと大人びた博臣かっこいい、、、美月ちゃんすき、、、
境界の彼方みれてよかったなあ〜!!
Kubo

Kuboの感想・評価

5.0
映画版というスケールの拡大
壮大なテーマに寄り添った音楽
既知なる部分を更に照らし出す綺麗な情景描写

幸せになってくれて本当よかった--

踏切の矢印・謎の人物が現れた時の
道路の立ち位置に、栗山さんを写した車の鏡
機微なとこも、とても好き。

本編からの伏線
藤間と泉、栗山の過去、神原・母の意義...等
見事に回収してくれている。

神原と栗山は勿論。
何よりも「あなたが居てくれたからキラキラ。」
「あの子が愛したすべてを守りたいの。」と
栗山・母の愛情にそん時の涙を全部を持っていかれた。

ヴァイオレットエヴァーガーデンで知った
石立太一 監督はほんと<大切・綺麗>という
普遍的な部分を大切にされているな、と思う。

素晴らしいなぁ〜。また出逢ってしまった。
ありがとうございます。
甲鳥

甲鳥の感想・評価

3.7
泣く。
これは泣く。
京アニの作画が好き過ぎるのもあるけども。
メガネ女子、いいじゃん。
fuo

fuoの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

TV放映されたアニメの満足度が高かっただけに、期待し過ぎてしまったのか…。続編となる本作にはあまり満足できませんでした。

前作の後日譚。最終話で、帰ってきた未来ですが、記憶が失われており…。彼女が再び自身の弱さと向き合う様子などが中心に描かれていました。

TVアニメでも話が飛躍していたり、疑問が所々残るような作品ではありましたが、本作で伏線が全て回収された訳ではなく…。秋人の生い立ちや秋人の母親の素性についてはまだまだ多くの謎が残り、消化不良の印象。未来の記憶も中途半端にしか戻らず、もやもやしました。

展開についても、帰ってきた未来をわざわざ記憶喪失にさせ、再び掻き乱して、最後は大団円という形に正直納得できませんでした。

TVアニメの感動的だった展開や、作画が美しく素晴らしい分、残念に思ってしまいました。
UNA

UNAの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

もやもやが解消されないまま終わった感じ
最後のあっきーに博臣が抱きついて(飛びかかって)、あっきーはおふざけかなって感じで博臣を見るけど、はっとした表情になって、でも博臣の表情が画面に映されるわけではなくてそのままシーンが切り替わって…のところは、とても好き
み

みの感想・評価

4.0
大好き😭やっっと見れた。" I'll be here."っていう副題いいな〜〜〜〜泣ける。やっぱり映像綺麗〜
博臣があっきーに抱きついていって、じゃれついてると思いきや、博臣の顔を見てふとあっきーが悲しそうに笑うシーン、あれ絶対博臣泣いてるやん!!って自然となるのに、その泣き顔を観客に見せへんっていう演出がほんっま良かった感動、、博臣はあっきーの前でだから泣くことができたのであって、人には涙を見せられないからここまで耐えてて。だからそれを観客にも見せない。だってそれはあっきーしか見てはいけないものだから。っていう考察が好きすぎる
エンドロールの後もあるの最高だった、、最高の"不愉快です"いただきました。ずっと大好き〜😭😭
TATSUKI

TATSUKIの感想・評価

4.0
ヴァイオレットエヴァーガーデンに影響されてアニメから全て視聴しました。
割と賛否両論ある作品ですが僕個人としてはさっぱりした終わり方であったと思います。
子供の頃から色々と抱え続けていた2人にはこれから先ずっと幸せであってほしいです😌
素晴らしい作品でした。
とても良かった。
呪われた血の一族の未来と境界の彼方を宿す秋人の運命とラブストーリー。

未来が秋人にドキッとして離れる時にコロコロ転がって離れるの可愛い。

ちゃんとハッピーエンドで終わってるけど、未来の記憶が元通りに戻った訳じゃないのは個人的にモヤモヤする…
秋人と出会ってからの日常のちょっとした記憶は失ったままだよね…
あの臭い妖夢を倒すためにみんなで歌って踊ったのも忘れてるんだよ!?
それでいいのかな…寂しくない?
千晶

千晶の感想・評価

2.0
秋人の生い立ちなど、テレビシリーズで感じた謎や設定の回収がされなくて残念……………
作画は最高
>|

似ている作品