恋愛被害者の会の作品情報・感想・評価・動画配信

「恋愛被害者の会」に投稿された感想・評価

s0o0gle

s0o0gleの感想・評価

1.5
イライラ配分長過ぎたせいで、スッキリパートでもガッツリ不快成分残った

長台詞シーンは面白かったけど、全体的に私の嫌いな某「存在しないだろってくらい架空のクソウザ異性を措定して叩いて如何に自分達が優秀な存在なのかを示したい漫画」みたいな気持ち悪さがなんとも

あと、私自身別に1人の方が良いや的考えにすぐなるから、メリット無い人とはつるまないし、数年つるみ続けた同僚とかでも一発アウトで即ブロックとか結構やるからここまで誰かに依存する気持ちが理解できないのもあってうんざり
くりふ

くりふの感想・評価

3.0
【メンタル童貞、居直る】

Netflixにて。2011年のヒンディー映画。恋愛映画のテンプレにはめ込まない特異性は買い。日本のメジャー映画じゃ通らぬ企画でしょう。

ミソジニースパイス入り、お気軽ブロマンス。

オトコトリオに何故か皆、同時期に彼女ができるが、皆、規格外のトンデモ女だった…て話。オトコから見たあるあるは、わかる、と思うが、よほどクジ運悪いのか、オンナの嫌らしさ特盛オンナばかり選んでしまう。

導入は、メガネ君の特異性に唖然としたが…こんな惨劇を迎えるとは!

まあ、嘘くさいのだが、バトルムービーとしての面白さはあるっちゃある。多少なりともオンナと付き合ったことがあれば、攻撃をかわしたり、弱めたりのテクって覚えるものだが、彼らはそれができず、それが本作の個性にもなっている。

モテキと思ったら…相手はピン猛獣かよ!どこかで読んだが、インドは未だ、親が結婚を決めたりするので、男が恋愛慣れできないのだとか。インド映画に出て来る、日本人から見たらストーカーみたいな男の行動は、こうしたお国事情から来ているらしい。

本作のオトコトリオが“恋愛被害者”なのだとしたら、インドのせいなのかもしれない…どうでもいいけど。

演者は、私は知らぬ若手ばかりでしたが、無責任な外野としては、猛獣女の美貌やおっぱいを眺めてやり過ごし、ソコは見応えありました。

<2020.5.31記>
ダンスと音楽がKーpopぽくって、新しいボリウッド❗️
内容は、ムカつく女どもに振り回されまくりの男たち。
見ていて腹たつほど酷い女どもなんだけど、普段弱い立場のインド女性が、めちゃくちゃ横暴で自己中なのが本国ではウケるんかな⁉️
カーティク、ラーヨとイケメンインド人🇮🇳女性もダンスがすごくセクシー💃
2もあるので、見たい人はどうぞ🤣
てか、私もなんだかんだ言って見るかも。
Baad

Baadの感想・評価

3.3
インド映画319本目はカルティーク・アールヤン主演のミソジニー三部作(言っちゃった)1本目。

リアルな若者群像。女性が結構ダメダメでやばいけれど、それに対する男性も、何甘やかされてきたのコイツら、という感じ。

これがヒットしてるインドって?と、とほほな気分にはなるが、つまらないわけでもないので困る。
GAMAKO

GAMAKOの感想・評価

2.8
*特徴______________

毒女に召されたダメンズ3人の映画
_________________

映画自体に物凄い女性への悪意を感じます笑

それはいいとして、とにかく
M・U・K・A・T・S・U・K・U…⭐
女性陣がまぁー自己中で、
思いやりの欠片もない…。
もう根から嫌いだ…。
私は友達になれないであろう
3パターンの毒ガール。
…なのですが、はっきり言えない男性陣も歯痒いです。
結局はフィーリングなので、
価値観とか色々が「合わなかった」ってだけで、悪口言うのも被害者ぶるのも違う気がしますし…。
不満は言えばいいし、早めに手を打つのも行動としてとれたじゃない…。

ただ何より仕返しが納得いかない。
ちゃんとスッキリ、ハッキリ解決してくれぇ。
リキッド!!!視聴者はそれでは腹の虫が収まらないんだよ。

EDの犬ダンスは可愛いから花丸あげます。
見ごたえもあったので、なんだかんだ見入ってしまいました。
結局2も見る気満々な自分がいます。

(現在 配信終了)
ss

ssの感想・評価

-
ボーイズたちがちょっと可哀想なんだけどね、まー女性陣の気持ちがわからないでもない。
ホルモン過多でね、本当制御できない時とかもあるからね(笑)
でもこれを3時間近く見てるのはめちゃしんどい!胃もたれ!(笑)

2020/4/28
ねる

ねるの感想・評価

3.4
ひたすら女の子に振り回される男3人。女の子自己中過ぎない?!とイラッとくる場面多々。
ラストが近づくにつれ、何故か2も見たいという気持ちになった。
KS

KSの感想・評価

1.8
主人公たちの不満が爆発する所がカタルシス。
一人Phoenixのボーカルのトーマに似ていた。
pa

paの感想・評価

3.2
タイトルからもっとフラれたあとのことが多いのかと思っていたけど…
強気な女性たちキラキラしてて嫌いじゃない
同じシーンを繰り返しを見ているような気分になったから
そこだけは少し残念
これ明らかに売っていく予定の新人で固めてる感じがしたけどやっぱりこの作品を機に活躍してる俳優が多いっぽい。
知らない俳優ばっかだったから後回しにしてたけど思ってたよりかは面白かった。

仲良しな男友達3人が同時に女に出会い、同時に振り回され、同時に嫌気が差す。
一見、女性キャラが自己中心的でわがままで腹立つ女に感じるけどこれめちゃくちゃリアルだと思った。私も最初は「ウゼー!」と言いながら観てたけど段々思い当たることありすぎて冷や汗かいてきた。
まさに昨日同じようなやりとりしたわ…。更にこの映画に共感したって話を延々にした気もするな…。

物事を男女で分けて語るなと言われがちだけど、やっぱり男と女は違うものだと思う。根本的に造りも思考も違う。もちろん全員ではないが、大多数が絶対にそうだと言える。
そしてお互い同性間のほうが理解し合える。だけど異性を求める欲求には勝てないってのも、女にウンザリしつつ女がいなきゃ辛いってのも、そのような心理状態が繊細かつユーモラスに描写されていて最高だった。

3人の中のギター弾いてる男がめちゃめちゃカッコよい。北村一輝みたいだ(?)
>|

あなたにおすすめの記事