ピンクの作品情報・感想・評価

「ピンク」に投稿された感想・評価

ねる

ねるの感想・評価

4.2
開始早々で引き込まれる
ダレることもなく、見応えのある映画
女は肌を露出しちゃいけない、女は酒を飲んだらいけない、女は笑っちゃいけない、、
ぶん

ぶんの感想・評価

3.8
インドの法廷映画は凄い説得力がある。
力強いイントネーションの言葉と挿入歌、珍しいジャンルだけどインドならではの良さも入ってて感情が高ぶっちゃいます。

飲んで笑ってと言うのが女性にはダブーという女性差別的なインド社会を垣間見せる。その中で断固たるNOの重要性、強い意志。最初は怖かったけどあの弁護士のオッちゃんカッコ良いなぁー
D

Dの感想・評価

-
この映画は本当に面白い!女性軽視の傾向があるインドの暗部の性的被害事件を巡った作品。構造も巧みで事件直後からスタートし、両者の言い分が全く異なるまま、見せ場のガチ裁判バトルへ突入するから、どっちが本当の事を言っているのか(殺人未遂vs正当防衛)、、、最後までハラハラドキドキ!
#netflix
machori

machoriの感想・評価

5.0
性犯罪が蔓延るインドでその向き合い方、捉え方に問題提起している社会派ドラマ。どんな犯罪でも被害者側に少し気を許していた部分って少なからずあると思うけど、それが罪を逃れる理由にはならない。
インドで女性がどのような環境におかれてるか、理解が進む作品です。
空衣

空衣の感想・評価

3.6
レイプされ逆に正当防衛で殴ったら殺人未遂扱いされるという、大変胸糞悪い映画です。踊らないインド映画初かも。

性加害者は、去勢される/性器を硫酸で溶かされる/性加害者だけの牢屋で無期懲役、が適応されるといいと思うのです。
女性に笑いかけられたらオッケー、一緒に酒飲んだらヤってよい、のサインと見なすしかない男がむしろ哀れで、男性側を救ってあげなければならないんですかね、って皮肉。単細胞生物?直列回路?少なくとも、「対等な人間」の思考ができてないわけだから。

個人的には、浮気や不倫や買春がそれだけで「=悪い」とは思わなくて。
たとえば「事実上結婚させられたけれどその相手ではなく本当に愛し合っている二人がつむぐ恋愛」ならひとはそれこそ(不倫ではなく)純愛と呼ぶのだろうし、「お互いの同意のもと一方は気持ちよくなれて、貧しい人が救われる場合(貧富の差がそもそもいけないとはいえるけども)(受ける方も不快にはならない場合に限り)の買春」ならいいのでは。嘘つくことで傷つく人が出たり、一方が不快だったりするのがいけないのだと思っている。
同意があって対等な関係であれるのなら、知らん人とセックスしたっていい。(ちなみに避妊しないのは、女性側が一方的にリスクを負うので対等とはいえないし、望まれない子どもができちゃったらそれこそその子どもという第三の登場人物が傷つけられるので、ダメ。)

「同じ土俵にいられない」場合、それは犯罪だし許されることではない。

日本以上に男尊女卑がえげつないインド社会。スウェーデンの法律「男性は女性に性行為の許可を得る必要がある」っての、童貞にはきつい法律だなとは思ったけど、やっぱり求められるものなんだろう。「相手がたとえ友人であれ、恋人であれ、性労働者であれ、妻であれ」
SakiyoOba

SakiyoObaの感想・評価

4.0
インド映画とかボリウッドとかそういう先入観関係なしに見てほしい映画。めちゃめちゃ面白かった。
男性に襲われそうになって、正当防衛で殴ったら、逆に男性側から傷害罪で訴えらて裁判沙汰にされてしまう女性3人組。その女性を助ける弁護士役は、ボリウッド界の大御所俳優アミターブバッチャン様。愛称はビッグBです。愛称の名前の理由は身長がデカすぎるからです。
で、そのバッチャン様が最高にユーモアもありつつ頭が良い優秀弁護士役がハマってるし、ちまたに溢れてる女性への社会的偏見に対してバッサバッサ切ってくれるとことが、もう見ていて爽快。だけれども、実際、自分は映画の女性のような被害者側になったら、世間はこういう風に被害女性を偏った視点で見てしまうこととか、こうして日常が壊されていくのかとか、しっかり教育を受けたエリート層なのに封建的な考えの男はすげえタチが悪いなとか、現実に起こりうるストーリーで、見終わったあとはずしーーーーんと響いた。
全人類に見てほしい系映画
アミターブ・バッチャンが本当に最高すぎる
Hina

Hinaの感想・評価

3.8
インドだけの問題じゃなく
おかしなことがまかり通っているから
見てほしいな
やみこ

やみこの感想・評価

3.8
インドの法廷映画

今時のインド人女性三人が男性と飲み会に行くが一人がレイプされそうになったのでビール瓶で頭を殴った。
三人は急いでその場を離れたものの、執拗に嫌がらせを受け被害届を出す事に。
ところが反対に男性から殺人未遂で訴えられて..裁判が始まる。

ラストとてもスカッとしました。
ちょっと気になるのが会話の最中に英語とヒンドゥー語を混ぜて話していた(^O^)とこ。
インド人は英語とヒンドゥー語混ぜこぜで会話するのかな
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.5
弁護士役の俳優が始め怪しすぎて嫌だったけど、善人で良かった。。
嫌!という気持ちは、どんなタイミング、状況であれ、尊重されるべき。
そう思っていいのだと、教えてくれた。
>|