牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-の作品情報・感想・評価・動画配信

「牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-」に投稿された感想・評価

ぽん

ぽんの感想・評価

3.8
闇を照らす者の三人が集まったのがとても胸熱でした!
ストーリー自体はシンプルですが、アクションシーンが相変わらず凄くて、キャラそれぞれの見せ場があって良かったです。

流牙と莉杏のコンビも闇を照らす者、GOLDSTORMを経てどんどん絆が深まっていく様が良いです!
三騎士は仲が良いんだか悪いんだか‥という関係性も相変わらずで、最後に4人でわちゃわちゃしてるシーンはなんだか懐かしくて、とても微笑ましかったです☺

そして、なんといってもジンガの圧倒的存在感。
彼が復活した瞬間、ガラッと雰囲気が変わった気がします。
相変わらず流牙相手に楽しそうに闘っていて、ブレないな〜と思いました。


池田純矢くんのファンなので、蛇崩猛竜がまたみれてほんとに嬉しかったです!あのスピード感のあるアクションが本当に堪らないし、剣さばきもかっこよかったです。
また牙狼に出てくれる事を願っています‥😌
雫玖

雫玖の感想・評価

4.5
闇を照らす者以来の3騎士集結で、胸が熱くなったし、アクションシーンもそれぞれ扱ってる武器が違う分、個性が際立っていて、見応え満載だった!

また流牙を支える莉杏の存在がどんどん大きくなっていて、流牙の隣には莉杏が必要だなと観る度に思う。

更に今回の敵はジンガで、流牙の怒り・強さ・決意を全て引き出していて、流牙の最大の敵はジンガだなと再確認した。

流牙編の続きがもっともっと見たい。
あやと

あやとの感想・評価

3.8
3騎士が帰って来たのは嬉しかったです。
アクションシーンが、魅力的なのは牙狼の魅力だと思います。
inabow

inabowの感想・評価

3.4
くっきーのホラーっぷりを堪能したく鑑賞。
アクション頑張ってましたね。
まさか「ごまっごまっ♪」が聴けるとは笑。

牙狼作品はテレビシリーズ第1弾~第2弾、劇場版第1弾のみ鑑賞済みという、シリーズ全体の半分にも満たない状態で鑑賞しました。初見の人にも分かるような工夫がされていて、まー、ギリギリ楽しめました。

影山ヒロノブによるオープニングテーマが一番ピークだったかも。
牙狼シリーズは神曲が多いですね!
牙狼劇場版4作目で流牙版2作目にあたる作品でコレは流牙版の〆になる作品である。

TVシーズン1&2、更にはスピンオフ系の作品まで拾い上げ、キャストも流牙版オールスター級の総動員。

『コレは否が応でもテンション上がりまくりではないか!』

と観る側にも力(リキ)が入る作品



…なのだが、


あえて言う。


「何でこうなった??」

ぶっちゃけ言うと内容が薄過ぎる。
敵役にカリスマ性を出したいのかもしれないが、TVシーズン2を無理矢理に"焼き増し"した感が強いというか何というか…

アクションは凄い。
生身のアクションは…だ。
だが鎧の召喚が少ない。

大人の事情かもしれないし、あえて鎧に頼らない作品にしたかったのかもしれない。
だが、やはりコレは《牙狼》、つまりヒーロー物だ。

鎧を出せない(出さない)分、オールスター&アクションてんこ盛りというのは(頑張った演者には申し訳ないが)少し難儀だったか…

ワシはアクションの勢い押しを否定するタイプではない。
だとしても展開のメリハリや強弱は大事。
だが結局はソレで上手くまとめるには至らずストーリー展開頼みな部分もあって、ソレで内容がコレではアガり切れない。

となればやはり物語に強さが欲しい。
なのにソコが"焼き増し"では観てても

『…まだやるの?』

になってしまう。


TVシーズン1は青春モノ&スポ根、シーズン2は恋愛モノの要素を入れ〈成長譚〉として冴島ラインとは明らかにカラーを変え せっかく育て上げた流牙版牙狼をこういう形で終わらせてしまったのは正直言って残念である。

演者の方々もある意味一緒に成長して来たのだろうし、そういう意味でもこういう展開ならば もっと物語を濃くして欲しかったという気持ちが強い。

監督が雨宮慶太とあるが、わりと信頼できる人達に任せていたらしい。だからといってソレが原因か否かは分からないのだが、どうにも鑑賞終了まで観ててアガり切れんのよ。


いくら流牙版オールスターとはいえ【エクスペンダブルズ】をやるには早過ぎるよなぁ…


かといって全てがダメというワケじゃない。
何度も言うが、アクション自体は良い!
演技も皆んな馴染んでいた。積み重ねを感じる。
個人的には池田純矢(蛇崩猛竜役)がやはり上手い(&動きも良い)と思った。



だからこそ、やはり物語をもっと濃くして欲しかった。


序盤のテンションUPを超えそうで超えない展開が歯痒かった。



そもそもコレじゃ

『またJINGAかよ…』

ってなりませんかね?


ぶっちゃけ牙狼のシリーズが好きで、ましてや好きなキャラクターが多い流牙版の〆な作品にこういう感想は書きたくなかったですよ。

でも、ストーリーだけで考えるなら ぶっちゃけスコアはもっと下である…と言っておきます。


…あ、ポスターアートはカッコイイよ。
相変わらずCGがふんだんに使われている割に、アクションシーンに気合いが入ってます。
再び井上正大が演じる神牙が帰って来て見応えありです。クッキー演じるホラーも笑えた
流牙シリーズの劇場版。
とにかく、このシリーズはアクション三昧。
そして今作は劇場版レベルなので、ジンガも出てきてさらにアクションにつぐアクション三昧でお腹いっぱい。

話は普通だが、楽しめた。
大我

大我の感想・評価

2.8
冴島に続いて、道外もひとまず見納めか…

今までの完全続編という作りで
TV1作目の猛竜・哀空吏と
2作目のジンガが登場!

そのため過去作観てないと
結構ついていけないと思う。
魔戒烈伝のネタも入ってたりするので…

キャラクター総出の気合っぷりだが
そのせいか内容空っぽww

大人の事情か、ストーリー上
あんまり鎧はでてこず
その分生身のアクションは多かったので
それは結果オーライだが
展開はやっぱ無理あったな。

つか最後まで通すと
どっちかってーとジンガがメインよなw


くぅちゃんと猛竜のせいか
ちょいちょい笑えるシーンもありw
あれ撮影中に笑いこらえるの大変そうだなw


そして
冴島1作目のメシアも同キャストで
道外ワールドにもついに登場!w
10年経ってもオッパイ綺麗ですね!w



魔戒烈伝の最終話みたいに…
スーパーヒーロー大戦のように…
冴島&道外ワールド総出演の
映画1本作って欲しいなぁ…
哀空吏はもう無理だけど…
道外流牙シリーズの劇場2作目。今作ではTVシリーズの騎士も活躍します。ただ鎧をまとってのバトルが少なかった、というか序盤しかなかったのが残念。
今作を一言でいうとジンガ役の井上正大さんがすべてもっていった感じです。TVシリーズもジンガで作られるわけです。それぐらい画面をもっていった感じがしました。
雨宮監督とアクション監督だけあって生身のアクションは迫力がありました。これだけの生身の殺陣の特撮は少ないと思うのですごく貴重だと思います。
毎年何かしらのエンタメTVドラマ、劇場版、舞台とを提供してくれるGAROはやっぱりいいです。
雨宮劇場の真骨頂。なにもかもワクワクが止まない。世界に誇れる映像美です。南里美希を好きでいられる作品です。
>|

似ている作品