牙狼外伝 桃幻の笛の作品情報・感想・評価

「牙狼外伝 桃幻の笛」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

・牙狼シリーズは全て視聴済で劇場鑑賞。
好きなキャラクターということもあるかも知れないが、思った以上に見応えがあった。最後に登場した烈火の父親が魔戒騎士であり津田寛治が演じていたのが、津田好きとしては嬉しかったし熱かった。

・前売り券購入。

・劇場のショップで、公開時点でBlu-rayを販売しており、購入特典で邪美と烈火のBlu-rayジャケットがもらえた。買った。
Yoshimitsu

Yoshimitsuの感想・評価

3.0
今回も烈火がかっこよかった!もちろん邪美も!アクションヤバい笑
AnnaUtsumi

AnnaUtsumiの感想・評価

2.7
邪美&烈花のコンビが美しくて癒される。
戦闘シーンもしなやかで華麗。
敵の闇落ち法師もキャラ立っておりちょっと面白シーンあり。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

3.0
テレビ版の牙狼はCSの再放送で観た事があるが、なかなか面白かった。本作はスピン・オフ作品で、セミ・レギュラーの邪美と烈花が主役。
ワイヤーによる生身の人間のアクションは楽しい。主役二人の抜群の運動神経も見栄えがいい。
話の内容が少し難解だが、アクションだけで最後まで楽しめた。
外伝と名が付く通り、邪美と烈花を主役に据えた牙狼シリーズのスピンオフ作品。

魔戒騎士が活躍するストーリーではないため、舞や新体操のようなアクションが新鮮。
2人が好きなファン向けの作品。「蒼哭の魔竜」に出なかったキャラクターが多く出ているのもポイントか。

松山メアリの肢体をこれでもかと映してくれる、松山メアリのPVのような作品であるものの、青みがかった映像で台無し+肝心の松山メアリがクマが深く疲れが見えていたのが惜しい。
魔戒法師のお話。邪美様が美しくなっていた…!
闇落ちした魔戒法師との闘いがメインだったのか、ラストがあっさりしててあれ?ってなったけど、メアリちゃんの邪美ねぇは萌えた!
アカザの名前も出てきてくれて良かった~。
男性主人公の魔戒騎士とは一味違う。法術や魔道具を用いた殺陣、演じる女優さん達の得意分野を取り入れたアクションは、「華麗」の一言です。これまでの牙狼のアクションとは良い意味で差別化がされています。
ただ残念なのは61分という尺の短さ。映画としては短すぎる。
シリーズのファンの方にはとても楽しめる作品です。
「一体これ以上なにを?」と疑問に思うほど前作の劇場版で一区切りされていたが、決して蛇足ではないスピンオフ。本編で鋼牙と死闘を共にした魔戒法師2人の、その後の戦いが描かれている。魔戒騎士が主役でなくとも楽しめるほどに、これまでの活躍で邪美と烈花はキャラ的にもアクション的にも魅力を感じられる。また、ここに至るまでのシリーズを見ているからこそ楽しめるサプライズもあり、ファンなら思わずニヤリとしてしまう演出も熱い。
Goma

Gomaの感想・評価

3.0
アクション華麗で見応えあります!
今回騎士0なんですが女性陣がほぼですがアクションすごい頑張ってましたね!



烈火が好きです!
牙狼を観ていないのですが、特撮好きの友人から説明を受けながら視聴。

デザインや世界観が良くてついつい観てしまいました(本当はおっぱいばかり)

牙狼シリーズに登場するキャラクター、アイテムについて掘り下げたサイドストーリー的な作品。

気がつけば雨宮慶太で検索してました
>|