劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!の作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」に投稿された感想・評価

若きウルトラマン、朝倉リクが地球や仲間を守らなきゃと気負いすぎて、挫折し、先輩や仲間に支えられ成長していく超王道ストーリー。

重たい経験をしてきた先輩オーブ、クレナイ・ガイに諭されるとことか、わかるわかると頷きまくりました。

人間体のアクションも豊富で、そこはさすが坂本監督と言ったところ。

ウルティメイト・ファイナルになっても完全チート描写に偏らず、オーブやゼロとの共闘でギルバリスを撃破したのは、今作の仲間と支え合うテーマが生きていてすごく良かったと思う。

なんか最後、グレンファイヤーのあのキャラに全部持ってかれてる感 笑
「ウルトラ兄弟になりてぇーなー。」
azitarou

azitarouの感想・評価

3.8
ジードの劇場版だが何よりオーブ組の参戦がめちゃめちゃ嬉しく感じてしまうというアレ。ジャグラーなんてずっと画面に出ずっぱりなので本当にすごいしハーモニカのメロディとともに颯爽と現れるガイはめちゃめちゃテンションが上がるのでズルい。
TV版でいい子だった反動か、ひとりで突っ走ったり気負いすぎたり挫けたりするリクがなんとももどかしく、沖縄という舞台も活かしきれていない感じがするが生身のアクションがバチバチに決まっていてそこは良かったです。
微妙。見たいキャラ全員出たから嬉しかったけど、人物の行動する理由とか敵のロボットを改良した人物が誰なのかとかわからんすぎ〜
ウルトラマンジードTV本編から後の出来事の劇場版
ニュージェネレーションシリーズでは初になる沖縄を舞台に描かれるジードの成長物語
沖縄の家を意識したミニチュアが秀逸
ジードだけではなくオーブやジャグラーの掛け合いやゼロの見せ場があるのが高得点
シナリオも個人的にかなり好き

 平成3期の4人目のウルトラマン、ジード。
 の、TVシリーズ終了後の劇場版。

 フィル友さんにはご存じない方がほとんどだと思うので一応書いておくと、光の国から闇落ちした悪いウルトラマンのベリアルというのがおってですね、その息子が主人公ってなかなか攻めた設定。脚本を手がけているのが小説家の乙一。(本名の安達寛高の名義)。

 主人公のリクは、ベリアルの息子と言っても実際には子供ではなく、遺伝子を用いて作られた人工生命体。テレビの特撮ヒーロー(架空の劇中番組ドンシャイン)が好きで、みんなのために命懸けで戦ってるのに、自分は人間ですらなかったという衝撃。
 それでも仲間に支えられウルトラマンとして平和を守るために戦うリク。父ベリアルの強大な力に屈しても、父が闇落ちしたわけを知り許しを与えるのだけれど、父はそれを受け入れることなく散っていく。というのがTV版。

 こんなハードな設定を仕込みつつ、コメディ色満載、特撮はミニチュアにこだわり、昭和ウルトラのエッセンスたっぷりという明るく楽しい作品にしている。こういう作品があるから「ウルトラマン」はやめられないし、50年以上経っていきなり「シン・ウルトラマン」が現れたわけではないということはお伝えしておきたい。

 前置きが長すぎた。今回の劇場版は、マクロスΔやガンダムのオルフェンズ、近日公開のククルスドアンなどを手掛ける根元歳三の脚本。
 監督はテレビのメインと同じ坂本浩一で、仮面ライダーシリーズの時と同じくアクションが主体、女の子を可愛く撮る、は変わらずw
 黒のリクルートスーツで張り切る愛崎モアは長澤まさみの元祖で、むしろモアに〇〇化してほしかった😆

 今回の目玉はなんと言っても前作ウルトラマンオーブからのクレナイガイ、ジャグラーの参戦。昭和のクラシックなヒーローを模したガイとまだ少年なリクの掛け合いは、役者としてのキャリアの差もあって本当に兄弟のように輝いて見える。
 また、新キャラで本仮屋ユイカが登場。新しくリクのお母さん的な存在として劇場版らしいスペシャル感がほどよく演出されていた。
 さらにはウルティメットフォースの登場。これはリク役の濱田龍臣くんが子供時代に出演してジャンボーグAになっていたことに対してのオマージュでもあり、ジード本編でもゼロが重要人物だっただけに嬉しい流れ。
 電王の鬼と同じで、声だけの出演というのはオリジナル性を残しつつ長く愛されることの出来るシステムだ。

 物語としてはやや平凡ではあったけれど、過去作との辻褄合わせ、後付け設定も機能しており、無理にでも歴代のヒーローを登場させとけみたいな安易な作りではないところに好感が持てる。これもまたウルトラのしるし。
シン・ウルトラマン公開記念
私が観た
最近のウルトラマン劇場鑑賞ぉぉぉ〜
👏👏👏
観たのは2018年だけどぉぉ〜

息子?🤗と鑑賞

ウルトラの父がいる、母がいる
ゾフィー、ウルトラマン、
セブン、 キングの姿まで
ジード、ゼロ、オーブも…
ウルトラマンがイッパイいる
まるで「アイアンマン」のよう🤭
昭和〜平成の
光の国から来た正義の巨人達の登場に😭😭
それにペガッサや
頭が尻の形をしているバド星人
(ネットで検索してぇ〜)🤭
懐かしの怪獣達

ジードは濱田龍臣くん
アクションヒロイン山本千尋ちゃん
今度はキングダム2に出演

本作のヒロイン
本仮屋ユイカちゃん

ゴジラ🆚メカゴジラで
共に闘ったキングシーサーまで登場し
東宝チャンピオンまつり気分に…

リクくん
悩んでいる場合じゃないよー

ちびっ子達よりはしゃいでしまった🤗
童心に返った時間でした。

舞台挨拶鑑賞
キャスト勢揃い

息子?よ
ちょっと早かったかな…
ウルトラマンオーブは本当にカックイイと思いました。でもジードも運命を変えたりしてカックイイです。
レイトさんもゼロになった時はカックイイよ!沖縄県にいるリクくんたちはギルバルスから地球🌏を救ってくれるから⁉️
後ウルティメイトゼロたちも登場します。

🤧🤑🤮🤢👽👾🤖👁🧠🦷👅

皆んなも絶対に見てください🥺お助けしますよ。とってもおもしろいです🤣🤣🤣

このレビューはネタバレを含みます

本当のウルトラマンになる話。

ストーリーはギルバリスが多くの星を滅ぼしている中でギルバリスを唯一倒すことのできるギガファイナライザーをリクは使いこなして倒すことができるのか...というお話。

リクがガイに諭されて仲間、世界を守る本当のウルトラマンになるお話で赤き鋼が使えないところからウルティメイトファイナルに変身するまでで登場する各キャラクターがそれぞれ魅力的に映っていたのがジードならではだったし、ガイとジャグラーについてはオリジンサーガを経ての作品で所々そのことを彷彿とさせるセリフがあるのがよかったし、ジャグラーがテレビシリーズでSSPがやってた風土記を調べるきっかけを与えるのがオーブをちゃんと話に絡めてるのがいいなって思った。
ウルティメイトフォースゼロの面々も見れたのが嬉しかった。
ジャグラーがキチンとツンデレヒーローしてて満足。
ガイさんはカッコ良すぎて言うこと無し。マスターとのハイタッチ、最高です笑

そしてジードファミリー、いゃ〜大好きだー!!
ちゃんとリク君を支えてるもんなー
今作の沖縄旅行、俺も混ざりたかったなー笑

ウルトラマン作品は、主役以外がその後、殆ど登場しなくなるのかキツい。
完全にロスです。

ゼナ先輩の無表情バトルをもう一度見たいのに…

最後、ジャンボットがキチンと役者さん(龍臣君)に触れてくれましたね笑
ウルトラ作品を網羅しないとわからないようなネタが今後も出てきそうですね。
こー

こーの感想・評価

3.2
ニュージェネレーションシリーズになって初めて映画館で鑑賞。
内容は普通に面白い
個人的には久しぶりの登場だったウルティメイトフォースゼロの面々をもっと活躍させて欲しかったかな。まぁ最後にジャンファイト!を見れたからいいけど笑
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品