牙狼 GARO GOLD STORM 翔の作品情報・感想・評価・動画配信

「牙狼 GARO GOLD STORM 翔」に投稿された感想・評価

雫玖

雫玖の感想・評価

4.0
私が大好きな道外流牙編の劇場版!

まずアクションのカッコ良さがもう素晴らしい!
敵と闘う時に極力生身で闘うところが牙狼の良さのひとつ。もうカッコ良くて魅入ってしまう。
更にその生身アクションの後の牙狼登場は鳥肌モノ。黄金に輝く鎧はいつ観ても感動する。

また流牙と莉杏のドキドキの関係性も健在で、所々にキュンとする要素もあって最高だった。
ようし、黄金を取り戻した道外の牙狼無双観るぞー!と思ったら浄化が必要になるほどホラーを葬ってたのでリュメ様が鎧をお預かり。英霊の塔なしで浄化できるリュメ様すごいのね。冒頭、懐かしのウェアハウスでの戦闘、世界に合ってるなぁ!
深山充

深山充の感想・評価

5.0
記録用。
牙狼流牙シリーズの「闇を照らす者」と「GOLD STORM 翔」(ドラマ版)の間の作品です。
見る順番としては闇照者→劇場版GS翔→ドラマ版GS翔。

上記の通り、ドラマ版GS翔の前日譚です。
流牙シリーズが好きであれば見て損はない一作です。
流牙版"牙狼シリーズ"1作目で劇場版としては3作目(スピンオフ系は除く)に当たる作品は流牙TVドラマシーズン2に直結する形で作られている。
ゆえにシーズン2とタイトルも同じ。

道外流牙のシリーズは牙狼ファンの中でも賛否は割れている。
冴島シリーズとは違い黄金騎士ゆえの圧倒的強さやカリスマ性とは違い〈牙狼の称号を得た若き魔戒騎士の成長譚〉という内容になっているので わりと人間味が強く、事実TVシーズン1は"青春モノ&スポ根"的な要素が強かったりした。
(監督も雨宮慶太ではなかった。)

個人的には『コレはコレで嫌いじゃない』というスタンスである。


そしてシーズン2に繋がる劇場版は監督が雨宮慶太になり、流牙は感情面でも幾分成長した主人公となって登場。

ストーリーとしては中々面白い設定と雨宮カラーも強くなり、以降TVシーズン2にも期待を持ちたくなる内容。

牙狼としての王道感はありつつも【RED REQUIEM】ほどベタで単発感強めのTVドラマ劇場版というワケでもなく、かと言って【蒼哭ノ魔竜】ほど攻めに攻めまくって作家性大爆発とも違う、正に

《良い塩梅の劇場版》

となってて良い感じ。


そもそも流牙のシリーズが苦手ならばどうしようもないのかもしれないが、バランスの良さは中々のモンだと思う。


まぁ正直コレ言っちゃうと「バイアスが」なんて言われそうだが…

『莉杏が好きなんじゃ!!』

という意味でも合格!ww


感動して涙腺崩壊するレベルで飛び抜けて名作かと言えばソコまででもないのだがシンプルにヒーロー物として面白く、以降続くTVシリーズにしっかりと期待してしまう作り。

コレはつまり「良い〜仕事してますねぇ〜」という事ではないだろうか。


牙狼劇場版としては3作目だが流牙版としては1作目。

そう考えれば充分に面白く観れた作品であった。
大我

大我の感想・評価

2.5
牙狼って映画になると急にVシネ感でるよなw
まぁAIの極論による暴走ってとこだね。

流牙シリーズの続編ってことで
TVシリーズとセットで企画されてるみたい。
TVシリーズに先駆けての映画ですが
エンドロールでがっつりネタバレやめてw


内容よりも1番気になっていたのが
スーツが全CGじゃなくてよかった!w
ちゃんと冴島シリーズと同じ作りで安心。

アクションはみんな頑張ってたけど
やっぱリュメ様よww
マジで可愛い!!小さくて可愛くて…
中身おばあちゃんでも全然イケるww

リュメ様は今後もずっと出てくれるようなので
これで流牙シリーズも楽しめるわぁー
魔戒騎士が減った分の楽しみを補ってくれる!


流牙、髪おろしたら
もう個性なくなってるけど…。
冴島家がサラサラヘアーなのでねw

このレビューはネタバレを含みます

まあドラマGS翔に繋がる内容なわけですが、ぶっちゃけドラマに出てくる鎧がなぜあの形になったのかを知る為の話です。
ちなみに演技力だったりはバカ上がりなので「守りし者として」成長した流牙を気持ちよく見れます。超絶カッコイイです。
ボルシティをホラーの恐怖から救い、黄金騎士牙狼となった魔戒騎士、流牙。パートナーの魔戒法師である莉杏と共にホラーから人々を守る旅をしていた。しかし、牙狼の鎧にはホラーの邪気によって当てられていた。邪気を祓うため、魔戒法師のリュメに会いに行く。一方、裏では封印されていたホラーの腕を何者かに奪われる事態が起きていた。

今まで見た牙狼の中でCGは一番のクオリティ。序盤のホラー・ムラドとの戦闘シーンは動きがありすぎてハリウッドと勘違いしてしまうレベル。
莉杏ちゃんの術にはクールポコらしき人も召喚されていて、かっこいいのになんかダサいというところも雨宮慶太の良い所。監督が雨宮なだけあってグダる所が無い為、気づいたら終わってるくらい面白い。

ただ、映画なのに鎧の召喚シーンが少ないのと、追加外装がないのが残念。でも敵の阿号は信念を持ったキャラクターでとにかくかっこいいし、アクションシーンやリュメの戦闘シーンのド派手さなど評価出来る部分も多くあって良かった。大人向けの特撮ながらも暗すぎず、しっかりヒーロー物になっているので、特撮見たいけど子供っぽい....という方には是非牙狼を見て欲しい。
ガブ

ガブの感想・評価

3.0
特撮に興味なかったんですが後輩に勧められ、どっぷりはまってしまった唯一の特撮。

牙狼は冴島家の方が好きですが、これはこれでよい。

牙狼の見所は、豪華な俳優陣とアクション、独特な実写映像とCGの融合でしょうか。

流牙は髪型も変わって少し大人になった感じがしました。
冒頭から、流牙と莉杏の連携プレイに魅せられましたね。

柄本さんは思ったより登場少なかったですが存在感ありました。

豪華ゲストで、いい芝居してた人、ちょとツッコミたくなるシーンもありましたが映画だけあってテレビより全体的に色々豪華でした。
鎧もいつもより輝いていたように思います。

続くテレビシリーズにも期待したい。
ニロ

ニロの感想・評価

3.7
ストーリー熱い。
テレビシリーズから成長した流牙の姿が感慨深い。
流牙専用鎧がかっこいい。
アクション凄い。
話としてはドラマ版の「闇を照らす者」の続きということで
まぁなんというかすごい面白いってほどのものでもなかったけど、
映像面では過去の牙狼シリーズの中でもトップクラスにCGは進化してました。

後は牙狼シリーズ全体を通しても言える事だけど殺陣が、仮面ライダーや戦隊系とは比べものにならないほどかっこよかったです。

ただ本編とはあんまり関係ない事だけど、冴島鋼牙が主役の
牙狼シリーズが一区切りして世界観をガラっと変えて
道外流牙の牙狼が始まったのに見た目が過去のものと一緒過ぎて
ちょっと区別つかないので今更どうにもならないけど
平成ライダーみたいにデザイン面もガラっと変えてくれたら
良いのになぁと思いました。
>|