ヒロイン失格の作品情報・感想・評価・動画配信

ヒロイン失格2015年製作の映画)

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:112分

3.3

あらすじ

『ヒロイン失格』に投稿された感想・評価

ぽっぷ

ぽっぷの感想・評価

3.5
えぐなつい 映画館みにいったわ イケメン俳優と言えば山﨑賢人の時代!余裕でキュンキュンですよこんなもん 弘光くんは私と付き合った方がいい
ろし

ろしの感想・評価

2.5
ひろみつくんが漫画の雰囲気と違いすぎて、ついていけなかった。
ことみ

ことみの感想・評価

3.3
中学生の時に初めて見た時は安達さん嫌いすぎてはとり応援してたけど今見るとただの幼なじみが彼女にマウント取るのキツい〜^^;
でも安達さんはやっぱり苦手だ。
少女漫画はどうしても当て馬役を好きになってしまう。弘光君かっこいいよ〜!
これ初めて見た恋愛映画だったな🥲
かわいい!かっこいい!王道ラブコメ
序盤も最後の選択もイライラしたけどなんか地味に好き。どこか憎めない主人公。
桐谷美玲、面白にも触れるのにずっと可愛くてこの役にぴったりすぎた。

このレビューはネタバレを含みます

過去鑑賞作品。

終始コミカルでポップな雰囲気で展開する。にもかかわらず、しっかり感動した。原作ファンだが、実写化は成功と言っていいだろう。

原作では、弘光くんは山Pに似ている設定だが、本作では韓国系塩顔イケメンの坂口健太郎が演じている。たしかに、原作とは異なる雰囲気だが、イマドキのモテ男っぽくて良かった。坂口健太郎のビジュアルがかっこよすぎる。山﨑賢人目当てで見に行って、坂口健太郎のファンになって帰ってきた。完全に役柄に影響されただけだが。女の本質を見抜ける弘光くん、これはモテるね。究極のモテ男だね。好きにならない人いるのかな。今までモテてきた男は、嫌でも女の悪い部分をたくさん知ってるんだよね。だからこそ、ずる賢い女を見ると反吐が出るんだろう。安達さんへの当たりの強さが良かった、すっきりした。

この作品はさ、主人公も含めて全員ちょっと性格が悪いところがリアルで好きなんだよね。普通、主人公は性格が良くて純粋無垢なことが多いけど、これは違う。本当にリアル。好きな男を他の女に取られて、友達とトイレで愚痴を言う。そんなヒロインありえないよ。けど、それがリアルなJKだよな。安達さんは言わずもがな。いい子のフリして性格悪いね。利太も結局誰が好きなのか、ふらふらしてて、ヒロインの相手役としては魅力に欠ける。弘光も、はとりに遊び目的で近づいたチャラ男。自分に振り向かない女が面白かっただけ。でも、途中から素直なはとりに惹かれていくところはいいね。キュンとした。

彼らは、この恋を通して自分の気持ちにはじめて気がつく。それが素敵だった。好きな人のことを本当に好きなのか、自分でもよく分からない時があるから共感できた。誰かのものになったり、誰かと仲良く楽しそうにしたりしてる姿を見た。そんな瞬間に、はじめて嫉妬という感情が生まれて、好きだと気づく。自分に振り向いてくれない相手。それでも相手の幸せを願っている自分がいて、はじめて相手を心から好きなのだと気づく。

なぜその人を好きなのか説明できないけど、説明できないからこそ好きなんだよね。こういう出来事がないと、案外自分の気持ちに気づけないこともあるから、こうした出来事は、はとりと利太にとって大切だったのかも。

私を好きな人か。私が好きな人か。これは女子の永遠のテーマじゃないかな。難しいよ。追う恋も追われる恋もどっちも素敵だね。でもやっぱり追いたくなっちゃう気持ちわかるな。

はとりと利太は、運命の2人だったね。これからは誰にも邪魔されませんように。そして弘光くんが幸せな人生を歩めますように。
5loth

5lothの感想・評価

2.5
あーメタフィクションなのかー。閉じるエレベーターから見る夕焼けの構図がよかった。
K

Kの感想・評価

4.5
坂口健太郎ほんまにかっこいい
山﨑賢人に国民熱中してたあの時代、私の青春時代だったな
ねんね

ねんねの感想・評価

3.1
少女漫画実写化ラブコメはほんと好きじゃないんだけどこれは観やすくて好き
坂口健太郎ってこんなにかっこよかったっけ、、
りえ

りえの感想・評価

-
学生の時めっちゃ好きだった。めちゃくちゃキュンキュンするし、こんな恋愛憧れる。
>|

あなたにおすすめの記事