春待つ僕らの作品情報・感想・評価・動画配信

「春待つ僕ら」に投稿された感想・評価

はる

はるの感想・評価

5.0
過去視聴だけどまっったく内容覚えてない笑笑
いつかもう1回見る
belle

belleの感想・評価

3.5
北村匠海関連で出てきたので見てみました。北村匠海は犬みたいで可愛かったけど、30代が見るにはキラキラが過ぎて見てて恥ずかしくなった。自分が年取ったなと感じた映画でした、、、
chi

chiの感想・評価

3.4
THE少女漫画の実写だけど意外と悪くなかったのは恋愛がメインじゃなかったからだと思う。恋愛もあるけど、バスケ男子4人を中心とした友情の話の方が強い。バスケ男子の中で取り合ったりする話じゃなくて良かった。

でも土屋太鳳の顔で友達いないというのは現実ではありえないと思う。クラスの中心の女子たちって顔で友だち選んで仲間にするので土屋太鳳ならすぐに売り切れます。

北村匠海って少女漫画の実写でヒロインの相手役を演じてることが多いけど、わかるわ〜。優しいイケメン。こういう映画はあまり見ないから詳しくないけど、このポジションは三浦春馬→北村匠海の系譜だと思う。今は誰なんだろう?
s

sの感想・評価

3.5
男の子のキャストよかった!北村匠海カッコ良すぎてた、、うん で終わったかと思いきやのまた一緒に帰ろうね がたまらんかった。こういう青春系のときの太鳳ちゃん、最初の方気になるけど途中から気にならなくなる、青春系でよかった
kfuj

kfujの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ザ少女マンガだった。あらすじ読んで思った通りの内容だった。土屋太鳳が可愛かった。
haru

haruの感想・評価

3.6
ストーリー構成が良かったなと感じました。

北村匠海さんの演技が素敵でした。
EDDIE

EDDIEの感想・評価

3.5
友達の少ない“ぼっち”設定の主人公美月と男子バスケ部の交流を描くラブコメ映画。王道の少女漫画的な構成はあれど、少なくとも某月9ドラマよりもきちんとバスケできるメンツを集めてるだけで好感触。土屋太鳳の親友役とみんなのお兄さん的な磯村勇斗が良かった。

〈ポイント〉
・バスケの描写は某月9ドラマより何百倍もいい
・全体的にバスケ部メンバーのキャラが個性豊かで良かったけど、次期キャプテンの彼は自分勝手すぎてあかん
・土屋太鳳は本当に友達少ないんか?ってぐらいあんまりコミュ障感も野暮ったさも感じなかった
・磯村勇斗はいい
・ライバル校のロン毛野郎がコメディリリーフとして大活躍(おそらく2枚目設定だけど演出が所々笑うところばっかりだった)
・泉里香の圧倒的な美しさ、竜二が惚れるのも無理はない

〈雑感〉
何の気なしに気楽に観れる映画を、とAmazonプライムを漁っていたらバスケを題材にした映画があったのでセレクト。
存在は知っていましたが、基本的にノーマークな作品で、それでも割と楽しめました。

正直映画のストーリーとしてはツッコミどころは満載で、ケチをつけようと思ったらいくらでも出てくるんですが、映画はせっかくなら楽しく観ようがモットーの私としては楽しいポイントを探しながらの鑑賞でした。

いやぁ、途中から登場する北村匠海たちのライバルであり、土屋太鳳の幼馴染の小関裕太が面白すぎます。
きっと彼はイケメンで二枚目的な立ち位置なのでしょう。
ただカメラアングルとかすべてにおいて笑わせようとしてるとしか考えられず、彼の登場シーンだけで深夜に何度噴き出したことか。
なんかずーっと観察してるし、いきなり抱きしめるし、またもや遠いところからストーカーみたいに見守ってるし、怖い通り越して面白すぎました。

後半はちょっと駆け足すぎたかなぁ。
まぁでも全体的にバスケのシーンはちゃんと“見れる”演出と役者たちのできる演技だったのでそれだけで評価点が上がります。
いや、ホント某月9ドラマは酷かったですからね。一部上手い人はいても、主要キャラの主人公とそのライバルがめちゃくちゃ下手いってもうダメでしょ。
って別の作品の文句をここで言っても仕方ないですね。

なので、ひとまず及第点には楽しめましたよというラブコメ映画でした。

〈キャスト〉
春野美月(土屋太鳳)
浅倉永久(北村匠海)
神山亜哉(小関裕太)
若宮恭介(磯村勇斗)
多田竜二(杉野遥亮)
宮本瑠衣(稲葉友)
柏木ナナセ(泉里香)
山田レイナ(佐生雪)
神山ユーコ(緒川たまき)

※2022年自宅鑑賞81本目
mayumayu

mayumayuの感想・評価

3.5
やっとの休みに軽く楽しく見れそうなのを選びたかったのと、監督と通りすがりくらいでお話した事があったので見ました。

イケメンバスケ部4人と、引っ込み思案の土屋太鳳ちゃんが突然仲良くなるのはだいぶ違和感ですが、
少女マンガ原作なので気にしない事にするとかなり爽やかに楽しく見られました。
土屋太鳳ちゃんは一時期マンガの実写化に出まくってましたよね。引っ込み思案ながら周りの手を借りながら前に進もうとする役、可愛かったです。
北村匠海はこの頃こういうちょっと寡黙で真っ直ぐな役が多かったですよね。似合っているし、少しの目線や表情での演技が上手ですね。
小関裕太はヤンキー君と白杖ガールでも見たような、恋のライバル的役柄。もっとちゃんと演技見てみたい気がしてきました。

こういうのって、演技が棒の人がいると見るのツラいんですが、
そんなことなく、可愛く楽しく見られました。
バスケシーン、上手だったなー
自分だけじゃなく、みんな殻の向こうで大事な物を探して、不安だったりしながらも進んでいるんだ‥春待つ僕ら‥って言うテーマがまた爽やか青春だったな。
ISEYA

ISEYAの感想・評価

2.5
良−♪
コテコテだけど最後まで見れました!
この手はギブアップが多いのですが…
役者さん、バスケ上手でした。
24
yukiey

yukieyの感想・評価

3.3
北村くん出てたから見てみた
急に4人と美月ちゃんが友達になる展開がよくわからなかったけど

美月ちゃんの作文いいこと書いてた
最初から強い人なんていない
強くなろうと不安を抱えているし
背伸びしてる
大事なものがあると頑張れる

TAOTAKって音楽ユニット作ってたのしらなかったー
>|

あなたにおすすめの記事