となりの怪物くんの作品情報・感想・評価

となりの怪物くん2018年製作の映画)

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:105分

3.3

あらすじ

行動予測不能な超問題児の春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、 二人とも恋人はおろか、友達もいない。 二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白!はじめは無関心だった雫も、やがて春の本当の人柄に触れて、次第に心魅かれていく。そして春と雫…

行動予測不能な超問題児の春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、 二人とも恋人はおろか、友達もいない。 二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白!はじめは無関心だった雫も、やがて春の本当の人柄に触れて、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。 初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も勃発!?果たして、春と雫の恋の行方は?一方、春と兄の優山(古川雄輝)、従兄のみっちゃん(速水もこみち)との間に隠された過去の秘密とは…?

「となりの怪物くん」に投稿された感想・評価

映画で登場人物について掘り下げるのは大変だとは思うけど、あれ?寝てたっけ?って思うくらい展開が早すぎて全然ついていけなかった。誰なのかすら上手く把握できてないし友達でもなかった人が次のシーンからいつメンみたいに仲良くしてるのも謎だった…んだけど、とあるシーンでそれまでの全てを許せるくらいめちゃくちゃ爆笑したのでこの評価です 絶対に笑うシーンではないと思うけど大爆笑した 最高です
Haru is perfect suited for the role.
中高校生向け学園ラブコメ。最近気になる二人が主演してたので観てきた。まぁ感動の物語とかはなく微笑ましい恋愛物語が展開されるのだが最後まで観てられたのは土屋太鳳の安定の優等生キャラと菅田将暉が天然キャラを自然に演じているからだと思う…感想としてはそこワイヤーアクション?って言うw…
Rika

Rikaの感想・評価

2.5
若いっていいな〜〜〜かわいいな〜〜〜と思ってしまう年になってしまった。
エライザちゃんめっちゃ可愛かった。
kai

kaiの感想・評価

2.5
少女漫画の実写化という点では頑張っていた。
他の映画とくらべるとあまり良くはない
pun

punの感想・評価

4.1
何年か前に、菅田将暉と土屋太鳳の共演がみたい って思ってたら 実現した!!これだけは必ず観ようと思って、ずっと楽しみにしてました。脇を固めるキャストも豪華すぎて。みんな主役かよって突っ込みたくなるくらいの!! 物語 < キャスト で映画を観るのもいいなぁ。 “この怪物に出会うまで、私たちはみんな独りだった”っていうフレーズ本当に そそる。重なる。全て見終えてから、しみじみ考えた。

思ってたのと違った!! いい意味で期待を裏切られた★★ もうちょい長く観ていたかった。
最近、洋画ばかり観てたので邦画が新鮮すぎた !! そんで、本当にどうでもいいけど、佐野岳さんありがとう!ありがとう、佐野岳さん出てるだけで本当にありがとう!
TOMOYA

TOMOYAの感想・評価

4.3
友達の大切さ、友達とは何かを改めて感じる

大切な人の存在はどれだけ大きいものなのか、そんなことも感じることが出来る
アベ

アベの感想・評価

2.5
見たかった映画が完売してしまい、時間潰しに鑑賞。
やっぱり映画館ではなくて家で鑑賞すれば良い感じ。漫画の方が面白い。
でも、菅田君はハルにそっくりでびっくりした◎さすがです◎
ちづみ

ちづみの感想・評価

4.5
とにかく菅田将暉が最高。原作ファン納得の吉田春になっていたのでは。
他のキャストは及第点、て感じだけど、菅田将暉くんの出来が良くも悪くもこの映画の出来映えを左右するので、彼が成功したのは大きかった。
ストーリーは原作同様ところどころ「なんでそうなる!?」感がすごくて、突然ぶっとんだ展開になるので、原作知らない人は着いていけないかもしれないけど、まぁそういう物語です。
西野カナの音楽も良かったし、制服や学校生活の華やかな色使いも良かった。
唯一ラストの演出だけはいらないのでは!?と思ったけど(笑)総じて満足な実写化でした!
2018.05.05 都内イオンシネマにて
【となりの怪物くん】
いつも“明るい役”の太鳳ちゃん
ではなく
“ちょっと冷めた役”の太鳳ちゃん
に興味が湧いたのでみに行きました!

ドキドキ、ムズムズ、ズキズキ…
こんな青春、送ってみたかったなぁと
思える映画です!☆
>|