となりの怪物くんの作品情報・感想・評価

となりの怪物くん2018年製作の映画)

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:105分

3.3

あらすじ

行動予測不能な超問題児の春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、 二人とも恋人はおろか、友達もいない。 二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白!はじめは無関心だった雫も、やがて春の本当の人柄に触れて、次第に心魅かれていく。そして春と雫…

行動予測不能な超問題児の春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、 二人とも恋人はおろか、友達もいない。 二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白!はじめは無関心だった雫も、やがて春の本当の人柄に触れて、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。 初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も勃発!?果たして、春と雫の恋の行方は?一方、春と兄の優山(古川雄輝)、従兄のみっちゃん(速水もこみち)との間に隠された過去の秘密とは…?

「となりの怪物くん」に投稿された感想・評価

もぴ

もぴの感想・評価

3.5
個人的に開始15分くらいの菅田将暉と開けて開けてって言う菅田将暉が可愛すぎて死亡。ストーリー王道感あるけど菅田将暉がひたすらカッコよくて可愛いから最後まで見れた
小川笹乃目当てで。
この手の映画はわたしはあんまり得意じゃない、すきな役者さんが出ても見る気がなかなか起きないし、見たら見たで後悔することが多い。
そんなフィルターもありながら見たけど、空中遊泳シーン以外は思ったより楽しく拝見できた!自分でもびっくりした。
学生役でも嘘臭さが隠しきれない(こんな人いないだろとか学生役にしては老けすぎ)ことが多いのに、菅田将暉さんと土屋太鳳さんは嘘がなくてすごく素敵でした。
支離滅裂具合はともかく、ちゃんと土屋太鳳が可愛く撮れてるので良し。

でもシナリオはもうちょっと頑張れたよね。
色々と突っ込みどころ満載な感じで
マンガをそのまま映像化した作品
軽い気持ちで見る分には楽しめる
あとは菅田将暉を見るためだけの ほんと菅田将暉ファンにはたまらない映画なので
菅田将暉大好きな方は見ましょう
これまでにない可愛い菅田将暉満載です。
Saki

Sakiの感想・評価

3.6
はじめのキスの初々しさがかなりよかった♡

ヤマケンくんよかったなぁ。かっこいい。

でもやっぱり春がいい。
rarin

rarinの感想・評価

2.9

キャストがぴったりでした。
菅田将暉の顔をこんなによく見えたのは初めてかもしれないです。

内容に関してあまり感想が思い浮かばないのですが、よくこういう恋愛ものによくある片想いの連鎖がすごかったです。

最後もうちょっと幸せオーラが出てる映像が欲しかったですね、、、
かもじ

かもじの感想・評価

3.6
飛行機でみました!
春が魅力的だった〜〜すき〜〜

そして浜辺美波ちゃんの透明感が…すごい…
ヤマケンもすき〜

最後のシーンの演出はちょっと笑っちゃった
まつへ

まつへの感想・評価

3.2
漫画原作らしいいい感じのテンポ、キャラクターでとても楽しめる映画。
展開はとてもとても王道というか、どっかで見たことある感はすごい
面白かったけどおっさんの胸にはあまり響かなくてスコアはこんなもん

主役の2人よりエライザや浜辺美波ちゃん、サングラスをとらないもこみちなど脇役がなんだか好きになる。
がんばれ委員長。
RIM

RIMの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

菅田将暉がよかった…
雫の弟がかわいすぎ
「はにかみ屋さんなの」
きむ

きむの感想・評価

3.3
期待してなかった分、最後、ほろりとした。たおちゃんの制服かわいい
>|