RWBY Volume4の作品情報・感想・評価

RWBY Volume42017年製作の映画)

RWBY: Volume4

上映日:2017年10月07日

製作国:

ジャンル:

4.0

あらすじ

物語は科学技術と魔法が同居する世界『レムナント』が舞台。コンピューター管理されるシステムやロボットやタブレット端末のよう先進的で科学的なアイテムが登場する一方で、自然界の力の結晶『ダスト』や生命の魂が持つ力『オーラ』などのファンタジックなガジェットが存在する世界。この世界には人類や動物のほかに、獣の器官を持った獣人『ファウヌス』のような種族も存在する。そして『グリム』と呼ばれるモンスターが存在し…

物語は科学技術と魔法が同居する世界『レムナント』が舞台。コンピューター管理されるシステムやロボットやタブレット端末のよう先進的で科学的なアイテムが登場する一方で、自然界の力の結晶『ダスト』や生命の魂が持つ力『オーラ』などのファンタジックなガジェットが存在する世界。この世界には人類や動物のほかに、獣の器官を持った獣人『ファウヌス』のような種族も存在する。そして『グリム』と呼ばれるモンスターが存在し、人類はグリムによって永い間暮らしを脅かされ続けているが、現在はダストの発明やグリムの討伐や治安の維持を行う『ハンター』の活躍により、平和な生活が守られていた。物語はハンターを目指す1人の少女『ルビー・ローズ』が、ひょんなことからハンター養成学校『ビーコン・アカデミー』に入学するところから始まり、仲間たちとともに成長してゆく姿を描く。

「RWBY Volume4」に投稿された感想・評価

五十

五十の感想・評価

3.8
怒涛の展開を見せる『RWBY』シリーズの第4弾。


悲惨な展開で幕を閉じた前作。
バラバラになってしまったチームメンバー一人一人が自分の宿命と今一度対峙し、“諦めない”でそれに立ち向かうことで一歩成長する話となっています。

なにもメインのキャラに限ってじゃなく、物語的にはあまり重要性のないサブキャラにまで話が及ぶのが面白いです。
特に、今まで無駄にベタベタしてたバカップルの凄惨な過去が明らかになったのは、意外ながらも良い展開でした。
シリーズ始めの方は、むかつくなぁぐらいにしか思わなかったキャラなので余計にカウンターが…泣

敵ボスに挑むまでの盛り上げ方と、その演出も上手でした。



それと毎度のことですが、映像技術が格段にアップしましたね。
表情の表現がさらに繊細になり、キャラクターの細かな演技がつけやすくなりました。

今回変更されたほっぺが紅潮しているようなデザインは正直どうかと思いましたが。笑



何はともあれ次が本当に楽しみ!







そういえば、『AKIRA』や『北斗の拳』などのオマージュも効いてましたねぇ。
良いですよ、こういう粋なのはバンバンやってください。
各メンバーのパーソナルな部分に焦点を当てる当てた話
チームRWBYの面子以外にも新たな敵勢力の登場・レンとノーラの過去など見所満載
ちなみにvolume3からキャラクターのモデリングが大幅に変更されているので、慣れるまでは「○○ってこんな美人だっけ?」と思ってしまうシーンが数か所あった
ひろ

ひろの感想・評価

3.8
チームルビー解散後のそれぞれの動き。ずっとどんよりとした空気で辛いのが続く(~_~;)速く5が見たい。
しく

しくの感想・評価

4.3
前編後編一気に見ました!
1〜3ほどアクション激しくなかったけど楽しめました!最後の敵声うるせえ( "◡" )←
ボーナスに付いてた世界地図説明する動画が凄くワクワクした!ああいうの好き💕
続き気になるううう
FT24Chika

FT24Chikaの感想・評価

4.0
RWBYも遂に4作目
劇場公開も行われ
だんだん面白さもアップ↑↑↑
内容も早く次が観たいってなります。
RWBY達のチームがバラバラになり
各々が自分を見つめ直す
"実家.故郷に戻る"そして→って所で
今回は続くって感じです!
本当に面白いので是非ー☆彡

-この↓今作レビューに関係ありません-
2017総括

2017総合ベスト3
1.あの頃、君を追いかけた
2.君の膵臓をたべたい
3.ガーディアン

私的2017公開鑑賞ベスト10
1.君の膵臓をたべたい
2.ガーディアン
3.パーティで
4.ソードアート
5.彼女がその名を知らない鳥たち
6.ララランド
7.アトミックブロンド
8.マイティーソー
9.牝猫たち
10.イップ・マン
9.10は劇場で観れなかった作品ですが良かったです!

ナンバー1は
ダントツで年始に観た
あの頃、君を追いかけた 台湾2013映画でした!
台湾映画にハマった年でもありました☆
来年には日本でリメイクも決定してる作品で本当に騙されたと思って是非観て観てってオススメしたい映画です...♪*゚
もう今思い出しても最高だと思いますし(*^^*)
ワースト1は「がっかり度」
ひるね姫
歌は最高でしたが内容があわなかったかな!
年内劇場鑑賞ラスト2本 勝手にふるえてろとビジランテも面白かったですがその前に記入したものです。
2017年今年もお世話になりました!
今年は劇場鑑賞38本観させていただき
映画鑑賞は300本以上観れましたが
来年は始動も遅くもう少し減るかな!?

『良いお年を…』
健多郎

健多郎の感想・評価

3.5
殻を破るはなし

前作のラストでバラバラになってしまった仲間たち
皆がそれぞれの過去と向き合い、トラウマに打ち克ち、成長し再集結する…
シリーズの世界観や作風が気に入ってここまで観てるので言うまでもないのですが、やっぱ正統派で熱いですねえ
アクションも相変わらず良いのですが、今回は特にヤンとノーラが良かった
ノーラってこんなバリバリ乙女的なキャラだったっけ!?ってくらい可愛かったですよ!

シナリオでも新たな強敵の登場、強力な仲間の合流とどんどんパワーバランスがインフレしていきそうになってますが、様々な苦難を乗り越えたRWBYやJNPRの面々もそれに負けないくらい成長していることでしょう!
今から次回が楽しみです!
リコ

リコの感想・評価

3.5
地上波で見てたのでつい。アクションシーンがとにかく凄い。ギャグの場面はあっちの感じ。
バトルシーンのクオリティが飛びぬけている。キャラクターも全員魅力的。ストーリーは王道だからこその安定感。「○○、キミってばほんと最高…!」みたいないかにもアメリカンな台詞回しは最初鼻につくが、慣れていくうちに普通にニヤニヤできるようになる。なぜ日本で全然人気ないのか疑問
yattyuh

yattyuhの感想・評価

3.8
全体的な作画は向上。お話も面白い。日本のアニメをよく研究しててすごい。vol5も楽しみ!
1は正直退屈だった。2もまだ面白いとは言えなかった。しかし3になって流れが変わりだして、見応えがある作品になった。そして4は今までの場所が舞台では無くなり一気に規模が大きい話へ変化をしていった。1の時の映像も話が進むたびに進化をしていき、今では激しい動きを見せることが出来るものへとなっていった。シリーズ作品は常に映像や話の進化を求められるがこのシリーズは見事に答えている。当初は明るかった話も次第に暗くなり、キャラクター達の成長も描けている。次の展開が楽しみだし、このまま成長していけばとんでもない作品になっていきそうな予感がするのは私が期待しすぎているからだろうか?
>|