RWBY Volume3の作品情報・感想・評価・動画配信

「RWBY Volume3」に投稿された感想・評価

メリー

メリーの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「あなたは運命って信じる?」

相変わらずBGMが100点。サントラのベスト盤買っちゃいました!キャラの表情もアクションもどんどん洗練されていってるので見応えがありますね!!!



と、元気出して書いてみたはいいものの、今回の話は重すぎる…正直キツい…。キラキラした学園生活から一転、グリムとの闘いの日々に突き進んでいくであろう今後に想いを馳せるととても居た堪れない…。ハリーポッターシリーズの賢者の石から死の秘宝までの落差と同じような突き落とし方。慈悲はないんですか…?

現時点では次作までしか日本語吹替ないみたいですね。続きが気になるので、心が落ち着いた頃に観たいと思います!

このレビューはネタバレを含みます

観ていてインフィニティ・ウォーを思い出した。ヴィランとハンターが勢揃いしての大規模戦闘、そして次第に差し迫る絶望。物語が大きく動くので、どこを切り取っても見どころ満載だった。
ただシーズンを一気見するとちょっと戦闘が多すぎたかな。常に戦ってるのでブレイクタイムがあるとメリハリがついてよかったかも。
シーズン3で物語が一区切りついたなという感じです。しかしながらシーズン3は超絶鬱展開すぎて見るのが辛くなったりもしましたね....つらすぎる、、、

海アニは章を追うごとにヴィランが魅力的になっていく雰囲気がしますが、RWBYも例外ではありません。かなりかっこいい!今作はヴィランに振り回されっぱなしだったので、次作からどのようにハンターが巻き返していくのか、RWBYはもう一度ひとつになれるのか、気になります。巻き返せるのか怪しいくらいの状況ですが....

てかこれ3時間もあったんか、、
2よりもキャラの表情が豊かになったかな?だけど3時間通してずっと戦いっぱなしで、途中で少し飽きが来た。話も敵側にずっと振り回されていたのでもやもやした。核心としてはこれで第一章の終わりのようだけど、このようすだと楽しい雰囲気には戻れなさそうなのが残念
Yudai

Yudaiの感想・評価

4.3
前編、後編に分かれているほど
ボリュームが多く良かった

続々と新しいキャラクターも
出てきて新しいアクションも
見れてよかった
P銀

P銀の感想・評価

4.0
レンタル前編。
ボーナスに後編の盛大なネタバレが。レンタルだけかこの仕打ちは!
後編を見てから見ましょう。
トーチウッド一味の件が片付き、いろんな地域のハンター候補が登場。
ビーコンに軍が派遣された理由とその問題も説明されて、物語がグッと動く。

レンタル後編。
OMG。なんという衝撃。
誰か彼女たちを抱きしめてやってくれ(ノД`)・゜・。
今までのあれこれはこの大襲撃の準備だった。あらゆる絶望の中でも同志・仲間に勇気付けられる。
vivi

viviの感想・評価

4.7
これは文句なしに面白い!
vol1,2はこの1本のための伏線でしかなかったんですね…!

全編とにかく感情を揺さぶられる。
楽しくて、可笑しくて、熱くて、怖くて、悔しくて、可哀想で、哀しくて、辛くて。
こんなに惹き込まれて観た作品も久々でした。

演出も良いし、
核心に迫るシーンが多くて目が離せないし、
バトルシークエンスが理詰め(勢いの勝敗じゃなくてちゃんと理由がある)とこもすごく良いです。

RWBYの皆でヤンを囲むシーンと、
ハンター見習いが皆して立ち上がるところが好き。

続き物だし、
トータル6時間掛けてる訳だからいくらでも面白くできるのはそうなんですけど、
それにしても満足度高かったです。

あー楽しかった!
仲間たちとずっと続くかと思っていた学園生活、勉強に冒険にワクワクする事がたくさん!
不運は脈略も無く起きるもの
少女達の希望を打ち砕くVolume3

モンティ・オウム監督が亡くなった後の作品ですが、スタッフの方の尽力で無事作品を継続出来る事となりました。

物語の転換となるVolume3
レビューを書くために見直しましたが、鬱展開過ぎて、初回はVolume3を見た後にもう見るのやめようかなぁと一度は思った程。スタッフ方の一人が制作当時、虚淵玄にハマっていたらしく……

ストーリーの展開以外にも、
今回の主軸はヴァイタル・フェスティバル!!
トーナメント方式の学園対抗バトルなんですが、ここら辺も日本のアニメを参考にしてる感がありますよね。
主人公チームや今まで出てきたキャラクター、初登場のキャラクターなど様々なバトルが見られて見もの!!

それにしても、Volume1と比べるとVolume3の3DCGは線が柔らかくなってより自然なCGになっています。
完成され切った作品じゃないだけ、こういう所の変化だったりも楽しめます。

“不幸は脈絡無く訪れる”


目に見えるものは本当に真実なのか、、

これは「ハンター」を目指す4人の少女達の物語―――



どうしてこんなにも自分の心をえぐってくるんだよ、この作品は…

Volume3はヤバいとは聞いてたけど、ホントにヤバかった。
アクションシーンや音楽などももちろん死ぬ程カッコいいんだけど、今作ではそれ以上にシナリオ、演出が神懸かってる。
恐らくこの展開にアツくならないアニヲタは居ない!(と、とりあえず言っておくw)

今作は今までよりかなりシリアス要素強めと言うか、恐らく作中でも佳境なんだろう。
興奮、感動、衝撃、、、、様々な感情が次々に押し寄せてくる。
過酷な運命と対峙していく彼女たちは勇敢であり、儚くもあり、切ない…、そして何より美しい。その姿すべてが自分の胸に響く。

ラストもなんと言うか…正直こんなにも続きが気になる作品は久々ですねー

あと新キャラのクロウ。しぶいねぇ〜
やっぱ平田さんイイ仕事しますね♪さすがっす!!



狂い始めた歯車は果たして元に戻るのだろうか…

『貴女は運命を信じる?』
barrel

barrelの感想・評価

4.3
ついにvolume3!しかしあまりにも悲しすぎる...

今回は学園モノ特有の学校対抗イベントの話!こういうのを待ってた
volume1と比べて映像技術が物凄く上がっていて、とにかく動くし楽しい!
キャラクターの個性について触れる内容も多く、ストーリーとキャラ、どちらも楽しむことができます!
まあここまで観てるんだし今更楽しめないとか無いよね

ブレイクは前半殆ど出番はないなど、出番の偏りがあるが、volume3ではチームRWBYの過去や家族に関する話が多く、キャラの掘り下げが多めです。しかも学園のイベントなので多くのキャラに出番があります!

でも今回はストーリーがかなり進展します。今までの青春物語も大好きだったんだけどねえ...
悲しいけど、学園モノの展開としては仕方ないね...

とにかく続きの気になる展開で、これからも期待しております。劇場で観てえなあ...

ルビーとワイス良いよね...可愛さが上がっている