ダブル/フェイスの作品情報・感想・評価・動画配信

「ダブル/フェイス」に投稿された感想・評価

代理母出産をテーマにしたサスペンス🎦

原題"Inconceivable"は得体の知れないという意味で、正しくその通りな物語で恐ろしい😱

珍しくグチグチうるさい姑が正しいパターン

ニコケイは脇役で正直ニコケイである必要性は皆無ですが、存在感はありましたよ😤
なんか、ちょっと残念な感じかな。中弛みしてしまうとゆーか、もーちょっとスピード感が欲しいとゆーか、で、もひとつひねりもあってエエと思うんやけど。
ニコラスケイジ、主演かと思いきや完全に脇役。ちょい役で残念。代理母の揉め事って本当にありそう、、、
きのこ

きのこの感想・評価

3.2
ニコラス・ケイジは脇役でした。謎解きはぼんやりしていて、後味はスッキリしないな。
mana

manaの感想・評価

2.9
代理母が子供を渡したくなくなるなんて普通に考えられる事だと思うし、散々義母にも忠告されてたのに…って思うと主人公がちょっと浅はかすぎて自業自得感があるしすぐ感情的になってしまうところにハラハラよりイライラさせられるけど、女の闘いはそこそこ面白かったかな。ニコラスケイジは完全に脇役だった。
今度のニコラスケイジはモブ旦那。

本作の主人公である女性は
数回、流産してしまうも卵子提供により
愛する一人娘を産むことに成功する。

夫と娘。何不自由なく生活していくも
夫のかねてよりの希望は息子が欲しいこと

しかし、主人公の身体はもう出産に
耐えられないので代理出産を選択する。

だが、代理出産をするはずだった女性が
謎の死を遂げてしまい計画は頓挫。

そこで白羽の矢が立ったのは
主人公のママ友であるシンママの女性。

良き友人である彼女となら上手くいく…
そんな理想は思わぬ形で裏切られる。


あらすじで書いたとおり本作のケイジは
存在感は、ほぼありません。

代理出産という日本では馴染みのない
特殊な事情なので感情移入が難しいです。
(養子じゃいかんのか?ってなりました)

主人公も仲が良いとはいえ
素性のわからないモーテル暮らしの
シンママに代理出産を依頼して同居は
流石に頭がお花畑すぎる。
(実際に義母には警告されてたし)

結局、ヤバイ奴って分かった頃には
周囲は洗脳されていて主人公が悪者扱い。
そもそも、主人公が義母の話を聞いてたら
問題にすらならなかった話。

サスペンス・スリラーかもしれませんが
やってることは、ちょっと過激な昼ドラ。


個人的にはドロドロ感がなさすぎて退屈。
ショボい嫁姑バトルみたいな内容。
(不倫SOXしてたら評価上げてました)

旦那はポンコツなだけでクズではないし
女同士のバトルもチクりあいとか
ちょっと薬を盛る程度のショボさ。

題材が題材なだけに安易にイジれないし
かといって引き込まれることもない
ぶっちゃければクソつまらない映画です。
2020/03/02


シッターとして招き入れた美しきシングルマザー。彼女の悲しい過去と恐るべき秘密。母として対峙した2人の女の駆け引きの行方は?豪華キャストで贈る戦慄のサスペンス・スリラー。

2人とも医師のブライアン(ニコラス・ケイジ)とアンジェラ(ジーナ・ガーション)夫妻。彼女は4度流産し、卵子提供でようやく授かったコーラという一人娘がいた。ある日彼女は公園で友人リンダ(ナタリー・エバ・マリー)からケイティ(ニッキー・ウィーラン)を紹介される。アンジェラは同い年の娘を抱える彼女とすぐに打ち解け仲良くなる。再び妊娠するも流産し落ち込むアンジェラ。そんな中ケイティは彼女に仕事を見つけるためコロラドへ引っ越して告げる。ケイティとの別れを惜しむアンジェラは、子ども部屋に絵を描くのと子守の仕事を依頼、モーガン家に残ってほしいと頼む。子守りを引き受けたケイティに、医師に復職することになったアンジェラ。そんな中、第2子を諦めきれなかったアンジェラは、かつて提供を受けた同じ卵子で、代理出産をリンダに依頼していた。それを知ったケイティは...。結果としてケイティが代理母を引き受けることに...。



逃げようとしたら首を絞められたから、包丁で刺した。

朝起きたら、朝ごはんを作っていた。

子どもたちにフェイス
ペイントをしてあげた。

昔を思い出して、思わず、本を落とす。

“マディ 12年3月27日”のネックレス。
元夫からの、唯一のプレゼント。

DVの夫の話。

私の秘密を聞く?


代理母になるはずだった、リンダを殴り、沈めた。

本を触ったのがバレた。


母親ズラしてる。ってガチギレ。

あなたに育てさせるくらいなら、死んだ方がマシよ!って、自分のお腹に刺した。

DNA検査の結果を見た。

ブライアンに愛してるって。

赤ちゃんを見に行く。

美しい子ね。可愛い。

目にしっかり焼き付けておくんだ。

そうね。

これが最後だからね。

どういう意味?

分かるよ。直ぐにね。


奥さん生きてたーーー!


旦那さん、よくやった←
Juliet

Julietの感想・評価

5.0
すごくよかった❗️❤️
友達にも勧めたい❗️❤️

こわいこわい。子供を、ほしがる
執念と言うか。。。
代理母って、
こーなんかな。。。
日本にはない文化だもんね。、。


ジーナガーション好きなので
久しぶりに会えてよかった❗️

ニコラス・ケイジの、無駄遣い(笑)

これ観て思うけど
やっぱり、悪女は、青い目の
金髪じゃなくちゃねー❗️

ゆりかごを揺らす手に
ものすごく似ている。
演出や、サプライズパーティーなどが
tai

taiの感想・評価

2.5
オープニングではDVから逃げる女性の話かと思ったら代理母というちょっと重たい要素を含んでるサスペンスやった。
ジーナ・ガーションとニコラス・ケイジは何歳設定やねん?

あと、あの演出は納得いかん!
maco

macoの感想・評価

-
よそから来た女によって主婦が窮地に立たされる、というサスペンスのひとつのパターンがある気がする。「エスター」とか、「ゆりかごを揺らす手」とか。夫と子どもを奪われるというのは、女性にとってはかなりの恐怖だと思うので、こういうサスペンスが多いのもうなずける。しかし働く女性をここまで批判しなくても、と犯人の価値観の古さに驚く。子どもが欲しいというより、自分が愛される家庭が欲しかったのでは、と感じた。
>|