ゆりかごを揺らす手の作品情報・感想・評価

「ゆりかごを揺らす手」に投稿された感想・評価

Kent

Kentの感想・評価

2.5
気持ち悪いねぇ〜。
ドロッドロで陰湿…
狂った人が一番やばいんだよね。
hiro53

hiro53の感想・評価

4.5
好きなタイプのホラー。
「ナニー」が原作とおもわれる。原作はさらにエキセントリックだ。
m

mの感想・評価

3.5
男の復讐には全く興味がないのにそれが女となるともうたまらなく観たくなってしまうわけでニヤニヤしながら観ちゃうわけで、つまり好き。
家族の絆、信頼関係が音を立てて崩れていく。

『ゆりかごを揺らす手』というタイトルからは想像できない作品でした。なぜなら、通常イメージするような、我が子を愛する優しい母親像ではなかったので。

上手に心の隙間を見つけて入り込んでいくペイトン。その意図通りに壊されていく家族。
教えられるものなら教えてあげたい!第3者目線がヒジョーに辛い映画ですね。

『激流』でも感じましたが、日常にピリピリと張り詰めた空気を作るのが上手い監督だなぁ。
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

4.5
再鑑賞。
レベッカ・デモーネイが怖い。じわりじわりと侵食してくる感じがいい。クールなお友達やソロモン、脇キャラも、よく効いてる。
思っていたより面白かった。じわじわ復讐劇。こういうのけっこう好きかも。レベッカデモーネイが美しくて怖かった。人間って怖い。
100%被害者な主人公に、それでも何かイライラしてしまう心理を上手く突かれた感じ

あとこの映画に出てくる男たちは女よりもよっぽどタチが悪いでしょうと思った

脇役ながらも、この頃からジュリアン・ムーアの演技力が光ってる
サイコスリラー物の中でもかなり好きな作品。何度も観ました。その映画を観た自分の胸の動きを覚えていて、もう一度その胸の動きを味わいたいと思って見返す、あぁいいわぁ…、また観る。こういう作品をより楽しむために必要なのは自分がちょっと不幸せなこと。
エスターの元ネタだけど、エスターのが面白い。やっぱり登場人物みんな疑うことを知らない純粋な人達ばかり。

嫁さんはラバに似ている。
作品が長くて途中で飽きてしまった。

ソロモンに下着を盗んだのは許さないわよとか最後に言ったらこの映画は傑作になった。
80s

80sの感想・評価

4.0
【再鑑賞】
レベッカ・デモーネイの狂気に満ちた演技が凄まじい。

クレア夫妻の人の善さと、鈍感さがいい感じで観てる側を苛立たせてくれる。
騙される人間はこれ位お人好しの方が緊張感も増し、ペイトンの悪女ッぷりが引き立つ。
>|