女は冷たい嘘をつくの作品情報・感想・評価

女は冷たい嘘をつく2016年製作の映画)

미씽: 사라진 여자/Missing: Sarajin Yeoja

上映日:2017年10月30日

製作国:

上映時間:100分

3.3

あらすじ

1歳1か月になる娘ダウンの親権を巡り元夫と調停中のシングルマザー・ジソン(オム・ジウォン)は1人でダウンを育てるため、住み込みの中国人ベビーシッター・ハンメ(コン・ヒョジン)に世話を任せ、朝から深夜まで仕事に追われる生活を送っていた。 そんなある日、突然ハンメとダウンが跡形もなく姿を消してしまう。心当たりを捜し回るジソンだったが、どこにも見当たらず警察や家族に知らせるものの、誰も彼女の話を信じ…

1歳1か月になる娘ダウンの親権を巡り元夫と調停中のシングルマザー・ジソン(オム・ジウォン)は1人でダウンを育てるため、住み込みの中国人ベビーシッター・ハンメ(コン・ヒョジン)に世話を任せ、朝から深夜まで仕事に追われる生活を送っていた。 そんなある日、突然ハンメとダウンが跡形もなく姿を消してしまう。心当たりを捜し回るジソンだったが、どこにも見当たらず警察や家族に知らせるものの、誰も彼女の話を信じず、さらには養育権訴訟中に起こした自作自演ではないかと疑われてしまう。 結局1人で追跡を続けるジソンは家の前をうろつく正体不明の男と、隣人らの怪しい証言でより一層混乱に陥っていく。そしてハンメの正体に近づくほど名前や年齢、出身など全てが嘘であったという、衝撃的な真実を知るようになるのだが…。

「女は冷たい嘘をつく」に投稿された感想・評価

S

Sの感想・評価

3.3
面白かったー。
韓国の女のサスペンスはやっぱり面白い。
安定の警察のクズ感・旦那の無責任・悪いイケメンとゆーおきまりの三拍子も揃ってました。
fonske0114

fonske0114の感想・評価

3.0
突然起きたベビーシッターと幼児の失踪事件。幼児の母親が主人公の韓国サスペンス映画。


以下ネタバレ感想を。








経済発展をする韓国における貧富の差、移民問題を話の底に据えた社会派作品。

ベビーシッターと幼児の謎の失踪事件ということで、面白い設定ではあったものの、都合よく話がすすんだり主人公が感情的で勝手すぎる面があり失速。
ただ中国人ベビーシッターには同情する所もあり、移民とは移民先で暮らすには、という問題と闇を描いていたのは見所だった。
1230

1230の感想・評価

2.8
最初は引き込まれたけど、あり得ない展開がどんどん続いていって、だんだん冷めてしまった.....リアリティって大事。
ストーリーはなかなか意外で面白かったけど、ドラマの域を超えていない、、映画で観たい内容では無かったかな。
ドラマを観てコンヒョジン可愛い!と思いファンになったから観たのだけど、女優ってすごいな〜この作品の彼女正直あんまり綺麗に見えなくて、役作りってすごいなって思った。そこに関心。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
や~、これはちょっとハラハラドキドキするような映画でしたね。物語は二人の女性に関するもの。一人は離婚して、元旦那が子供のことで裁判で争ってる。同時に彼女が雇った中国人のベイビーシッターがある日突然消えた。。。子供と一緒に!凄い展開になる映画でゾッとするわ!
buenavista

buenavistaの感想・評価

3.8
韓国の映画は奥深い❗
このテーマは新しいというか、
よう考えたなっと思います🎵

主役の両女優は上手いなぁ(*´▽`*)
日本映画は、アニメ実写をいい加減に止めて、オリジナリティ溢れる作品を作ってほしいです(/´△`\)
補える力も無いのにばら撒いた残酷さと過剰なヒステリックが余韻として有り有りと残る稀に見る不愉快、嗚呼勘違いな駄作。
くまみ

くまみの感想・評価

5.0
幸福、絶望、悲しみ、怒り、ハンメの気持ちが痛いほどわかって泣いてしまった。
きれいな物だけを見聞きしてね。
幸せにしてあげる。
とてもとても希望に満ち溢れ重い言葉。 

胸が苦しくなるほどにハンメの子への愛が伝わる。
赤ちゃんを抱くハンメは本当に幸せそうだった。

シングルマザーで仕事に追われ育児をしない、できない母親もまた子を思い愛している。けど、居なくなってもすぐ気づかない母親に共感はできなかった。

サスペンスホラーかと思っていたら全然違う作品だった。
この作品に出会えて本当に良かったと思うほど、今の私はハンメの気持ちに近い。
movie29

movie29の感想・評価

3.1
ジェインの母親もダウンの母親も、どちらも子供を愛する母親なのに…お金って大事よね😢

ドラマ「パスタ」の主演だったあのこが良い女優になりました❗
pink

pinkの感想・評価

3.8
味のある俳優さん達ばかり。ストーリーも今まで見たことのない展開で、目が離せなかった。ハッピーエンドでもなかった不思議な映画。
まぁ

まぁの感想・評価

3.8
これは…観ていて辛かった….(涙)
絶対にやってはいけない事なのに…不思議と犯人にも…気持ちが入ってしまった…(涙)

シングルマザーの子ども(赤ちゃん)が、ベビーシッターと突然消えた…衝撃的なシーンで始まる本作…(涙)

物語の進みとともに…犯人の背景が分かってきて…(涙)
許しがたい行為なのに…許してあげたくなってしまう…(涙)

母親にとって…「子ども」は自分の命より大切…
居なくなってしまうなんて…考えただけで…胸が張り裂けそうになる…(涙)

必死になって子どもを探す母親の姿にも…涙…(涙)

…別れた夫、元姑…少し消化不良だけど…(汗)

女優対決…見応えあった…*

…犯人役のコン・ヒョジン…好きな女優さんなんだけれど…彼女、本当に上手い…*
お母さん役のオム・ジウォン…雰囲気が変わった……クレジットを観るまで…分からなかった…(汗)

韓国映画…(この作品は面白くないけれど)
面白い…☆
…邦題…私は違うと…思うな…(汗)

(…個人的な話だけれど…韓国語…聴き取れる言葉が多くて…洋画より字幕を見なくて良いのが…嬉しい…☆…昔取った杵柄…)
>|