DearGirl Stories THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編の作品情報・感想・評価

DearGirl Stories THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

3.9

「DearGirl Stories THE MOVIE3 the United Kingdom of KOCHI 六人の龍馬編」に投稿された感想・評価

サバジョージ博士には、ツボった。
木人拳のやつも好き。
新高梨送りマシーンが完全にスーパーストロングマシンで面白かった。
せい

せいの感想・評価

3.5
最近は全然ラジオ聴けてないけど、小野大輔生誕祭はギリ聴いていたので楽しめた!
ラジオじゃどうなってるのか分からなかったシーンがちゃんと映像ついてるとなるほどなと思ったり…。
本当視覚的ラジオ 笑
袴姿で街を練り歩くところからもう全部が面白くて終始笑いを堪えるのに必死だった。
小野くんの実家行くシーンは最高です。
senda

sendaの感想・評価

4.0
毎度ながら奇想天外で、ツッコミテロップが絶妙笑笑
すごく満足したんですが、砂浜とか特に揺れまくるから映像酔いがやばいです。途中から本当に本当に申し訳ないと思いながらクローズアイしてました。(ラジオと変わんないじゃんw)
新高梨送りマシーン1号2号さんの温かさ?に泣かせられます。でも勉強机の奥のあのくだりはおい!!って思いましたw
ムノウ

ムノウの感想・評価

4.0
地元が推されているという事で映画館で見ました。
高知県民としてもDGSリスナーとしても大満足。
映画というよりも高知PRのロケ番組的なノリだった。
2人のやり取りに笑いをこらえるのが大変で別の意味で涙が止まらなかった……と、思ったら両親Dのくだりで本当にほろりときた。
泣けて笑えて最高に気分がいい作品でした。
小野Dの土佐弁ええね!
後編まだ見られてないから見たい。
受験期に聴いてたラジオ、わざわざ映画館でみるものではないけど、内容はとても面白かった。
一日で前編、後編と観れて贅沢だった
ひょんなことからDGSを聴き始めたのがつい最近で
神谷さん小野さんの声はもちろんなんですが、
お二人の人柄と相性と、
番組を通して感じるみなさんの温かい関係性。
そして、最高にくだらない(本当にいい意味で)掛け合い。
なんでもっと早く知らなかったんだろうなーと思いますが
すごく惹かれて毎週拝聴するようになりました。


聴いていくうちに
番組を通してなんかすごい責めてるなー!という印象の企画たち。
ラジオ番組発信の映画、、え、映画?
劇場で?、、前後編?!
しかも、すでに第3弾!!??
ってどういうこと???
と、初心者からしたらもはや「???」だらけです。(笑)


第3弾のこの映画の存在も公開後に知って劇場鑑賞は諦めてたんですが
運良く応援上映で前後編鑑賞できました。


ラジオ番組から発信する映画って
わたしは聞いたことがありません。
そのほかの企画も含めてですが
本当にいい意味で責めてる番組だなー!と強く思います。



前編は笑いながら泣いてました。
小野さんの生誕祭 in 高知国。
高知国への入国から、各シーン
(高知国の時点で可笑しいですが。)
ゲラゲラ笑ってたんですが
後半は心がジーンと温かくなる内容で素敵でした。

リスナーのみなさんはもちろん、
番組を聴いていない方も観て損は無い作品なのではないかなーと感じます。
芥子

芥子の感想・評価

5.0
dgs聞き出して2年興味があり前編見逃したのですが応援上映で前編みれました。
涙あり笑いありの素敵な映画でした。
小野さんたまーにでるネイティブ土佐弁やらご両親と話すときの土佐弁素敵だったなぁ。
小野さん誕生日おめでとうムービー!
坂本龍馬とは何も関係ありませんので、お間違いなく
李珠

李珠の感想・評価

4.0
ラジオ発の高知観光映画?大体奇行に走るの小野大輔で、撮影時周りの人どんな気持ちで見てたんだろうと思うと、泣くほど笑った。スタジオを飛び出しても珍妙な事してるDGS大好きだ。
Lakshmi

Lakshmiの感想・評価

4.0
映画というよりかはロケ番組に近い感じ。

我が郷土の星・小野Dの時々出るネイティブな土佐弁がよかった。
>|