となりのテロリストの作品情報・感想・評価

となりのテロリスト2017年製作の映画)

Fe de etarras/Bomb Scared

製作国:

上映時間:89分

3.2

「となりのテロリスト」に投稿された感想・評価

ぽんく

ぽんくの感想・評価

1.0
ノリについていけなくて全く面白くなかった。
yukikano

yukikanoの感想・評価

3.1
タイトル軽くし過ぎ

間が合わないのか、
言語のせいか、
面白いのに笑えない

ラテンコメディ?
アラブコメディ?
あける

あけるの感想・評価

3.0
大きすぎる幕かよみたいな国旗買ってきて広げるくだりが好きでした。
安定して観ていられる、魅せるといった感じ。
クスクス笑いが多くて楽しく見れました。スペインのテロ組織ETAのテロリストグループのどこかおかしい奇妙な指令前の生活。計画実行の指令を待ってるも来ない、そして来ない、、、!!

指令が来るまで、普段通り怪しまれないように振舞うテロリストグループなんですが、お隣さんやご近所さんとのおかしなやりとりから、またおかしな方向へ(笑)

なんかサッカートークや料理トークで盛り上がったり、なんかリフォーム請け負ったり、、、みんなのやりとりと絵がおもしろいです。漫画でいう「···」っていうポカーンの顔したテロリストたちと一瞬の間!ブラック?ユーモアあふれた、おかしなコメディでした(^^)
これはなかなか笑えるブラックコメディ。ちょっと滑稽で、間の抜けたテロリストたちを描いたメイド・イン・スペインのNetflixオリジナル作品。テレビでは2010年の南アフリカでのワールドカップが中継され、スペインチームが優勝に向かってひた走るなか、街にはいたるところでスペイン国旗が掲げられ、人々は熱狂に包まれていた。そのなかで、テロを計画する4人のテロリストたち。彼らはひたすら指令の電話を待っていたが、いっこうに連絡が来る気配がなかった。

彼らはマンションの一室に潜んでいたのだが、隣人たちに気取られないよう、普通の人間のように振舞っていた。住人とのちょっとした会話から、室内工事業者を装わなければならなくなったテロリストたちは、同じマンションの部屋のバスルームの改築工事請け負う羽目に。テロがいつのまにかバスルーム工事になってしまうところがおかしい。テロリストたちの会話もなかなかコミカルで、テログループの格付けをしたりして、このやり取りを聞いているだけでも面白い。

まったくの架空の物語としてではなく、背後にワールドカップなどの実際のイベントを設定したり、実際のスペインの政治状況なども反映したりしており、なかなか皮肉も効いていたりする。冒頭とラストが呼応していて、料理などもうまく物語の流れに取り込み、なかなか洒落たところもあり、エンターテインメントとしても素晴らしい出来だ。何事にもポジティブなラテン気質がこんなに笑えるブラックコメディをつくってしまうのだろうか。
あっこ

あっこの感想・評価

3.6
スペイン題の直訳は『ETAの信条』。ユーモア溢れる邦題に騙されてコメディを期待すると悪い意味で期待を裏切られるかと。これはスペイン・バスク地方の過激派集団を取り扱った、ユーモアの少しあるサスペンスドラマ。
そもそもスペインのお国柄や歴史を知らないとついていけなさそう。個人的には2010年に時代を設定している辺りなどが面白いと思ったがエンディングがどうも…。というか、スペイン映画のドラマ物はこういう終わり方が多い気がする。
スペインに関する知識が多少ある人は比較的楽しめるかと。
rieko

riekoの感想・評価

1.5
画面の寄りや引き、音楽の使い方等、演出が不自然に感じて見心地が悪い。

とかく脚本。
重たくなったり、コメディタッチになったり、終始テンションに付いて行けず。
「銃を伏線っぽく使いたかった感」は分かったけど、その後の展開もあってやはり腑に落ちない。

オチのシーンも微妙すぎた。(笑)
もう、全体的に(笑)って感じ。
観ました。

もしも、となりの家に越してきた人がテロリストだったら...

気づかないだろうね。
shin

shinの感想・評価

2.0
カタルーニャやバスク、とかくややこしいスペインのギャグ映画。
楽天的なんか悲観的なんかわからん。

みんなアホすぎて笑える。
Y

Yの感想・評価

3.0
バスク地方がどういうところなのか、ETAという組織が何なのかも知らずに見たので分かりづらい部分があった。勉強してからもう一回見直したい。
>|