オフサイド・ガールズの作品情報・感想・評価

「オフサイド・ガールズ」に投稿された感想・評価

シンプルにリアルが伝わってくる映画
こういう映画みると、どこの国もいい国目指して頑張ってるけどうまくいかないんだなぁ〜って考える
ともち

ともちの感想・評価

3.4
イランのリアルな男尊女卑を知った。
外国人ってすぐに仲良くなれるのがいいし、お祭り騒ぎが楽しそうなのを知った。
リアリティ溢れた映画だった!
映画大国とかでもないから、BGMとかなくて、ミニシアターとかでやってる映画だな!物足りない人には物足りない映画ではあるなぁ!
Konaka

Konakaの感想・評価

2.0
最初の女の子かわいい。オチがないけど、こういう世界もあるんだなぁと。
実際のサッカー場で本当の試合中に行われた撮影だったらしい。
そう考えると、試合の中継を兵隊に口頭でしてもらうシーン、それについて議論するシーンは大まかな台本しかない状態での撮影なのかと想像できる。

映画の撮影許可はきちんとおりていたのだろうか。短時間とはいえスタジアムの中に女性を入れることを、許可してくれたのだろうか。緊張感がこちらに伝わってくる。

「日本人は男女問わず観戦してたわ」
日本人が比較対象に出てくるとは思っていなくてどきりとした。
ハリウッド映画のような展開はたしかにないけれど、こういう日に観て違和感を共有するきっかけになるような作品だ。
僕は微塵もスポーツに興味がない人間だが、娯楽の少ない国に暮らす人々にとっては、ワールドカップ出場を賭けた試合なんて、死ぬほど見たいものだったんだろう。
これが、スター・ウォーズの初日のチケットを取るために11Fの日劇まで死亡遊戯する話、とかだったらイヤというほど共感出来る。
現代の先進国には娯楽が多過ぎて、全国民が等しく熱狂出来るものなど皆無であり、そういう意味では羨ましくもある。
BJ

BJの感想・評価

1.5
説明文と予告編に騙された感。
彼の国の慣習やら文化的背景とかを皮肉った作品なんだろうけど、中身もテンポも退屈…。
いつまでたってもどんでん返しもなく、最後まで同じ流れ。
~あらすじ~
女性が男性のスポーツを公共の場で観戦することが禁じられたイランを舞台に、サッカーのイラン代表がワールドカップに出場できるか否かが決まる大事な試合を見に行こうとする少女たちの奮闘を描いたハートフルドラマ



私は、この映画は「少女たちが一致団結して、スタジアムの中に入れるように色々作品を企てて、色々ドタバタがあったけど最終的にはスタジアムの中に入ってサッカー観戦が出来る映画」だと思ってました。
そして、その先入観は見事に覆されました。
だって、スタジアムに潜りこむのに失敗するシーンから話が進むんです。
サッカー場が舞台なのに、サッカーの試合シーンが出てくるのは10秒もないんじゃないかと。
この映画を観ている私も彼女たちと同様に、サッカー場から湧き上がる歓声は聞こえてくるのに、試合を目にすることが出来ません。
だからこそ彼女たちの歯がゆさがわかりました。きっとそれは監督の狙いなんだろうなぁ。
また、彼女たちを取り締まる警備員達が敵である存在なのに、なぜか憎めないです。なんか良い奴らです笑
そのせいか、女性差別を表した映画なのに、ユーモアが交っててクスリと笑えました。
彼女達の男装もいい感じに似合ってないのも良い。きっとお父さんやお兄さんのを内緒で借りたんだろうな。ブカブカなんです。


この映画を観て、イランの女性に対するイメージが変わりました。
イランの女性は規則にしたがって大人しくしているイメージだったけど、こんなにもパワフルでエネルギーのある女性たちがいたなんで…!
1日も早く男女差別が世界からなくなればいいなぁと思いました。
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

2.5
〝イランでは女性が男性の競技を観戦できない〟

2005年、ワールドカップサッカーアジア最終予選〝イラン対バーレーン〟の出来事。

宗教上の理由とは言え女子だって大観客に混じって、世紀の一戦を応援したいだろう。
男性に変装したり試行錯誤し、何とか競技場に入ろうとする女の子たちのドキュメンタリータッチの映画。

我々日本人や欧米いわゆる先進諸国から見れば〝おかしな習慣〟だと思うだろうが、冷静に考えれば他国から見れば各国・各宗教と〝おかしな習慣〟は多々ある。

この映画の中のようにイスラム社会の中で生きる人々の様々な〝習慣〟には確固たる理由がある。

女性差別だ!人権侵害だ!と他国や他宗教が言うのは簡単だが、何千年もの長い歴史をそう簡単に批判するのはどうなんだろう。

無理矢理先進国の価値観を押し付ける方が狂っており、それが通用しないという事が既に証明されているではないか。

意見は分かれるだろうが、各国各地域には文化が有り歴史が有る…世界がたった1つの価値観で押し付けらることは悲劇でしかない。

自分は完全なる無神論者で無宗教だが、日本の文化や伝統…全国各地で見れる四季折々の風景や食べ物…そして人…日本に生まれ日本人で良かったと常々思う..★,
華

華の感想・評価

4.0
イランでは女性がスタジアムで男性のスポーツを観戦することが禁止されているが、それでも、どうしても試合を観たいサッカーファンの女の子たちの悪戦苦闘を描いた映画。

実際に(W杯出場をかけた)試合を行っている会場でロケを敢行したとだけあって、臨場感があった。自分がその場にいて逮捕されたかのような不安や、試合の行方にまつわるドキドキ感をずっと感じていた。
イランでは、スタジアムでのサッカー観戦が女性に禁じられている。これは、2005年F I FAワールドカップ最終予選会場に男装して乗り込んだ少女たちの話。

次々と警備員に見つかり保護される少女たち。でもへこたれない!
監視員の男性に試合の実況中継をさせて、喜んだりブーイングしたり。サッカーが大好きなのはみんな同じ、徐々に監視員と少女たちのあいだに親近感が芽生えてくる。

少女たちの熱い青春に胸が熱くなって、私もいつのまにか前のめりになって応援していた。
とても素敵な作品。