コードギアス 復活のルルーシュの作品情報・感想・評価

「コードギアス 復活のルルーシュ」に投稿された感想・評価

僕としては、アニメ終わってすぐやってほしかった!
ちゃんと、理由がある復活だなって納得できたし、終わり方もアニメの最終回を裏切らない形だったと思う。
1ファンとして、個人的に最高のアニメ補填の映画だと思います!
何故、アニメ放送時にこれをやってくれなかったのか、、、、

いい最終回だった。
まさか続きがあるとは思わず

内容はかたれないので、
最高でした
anguish

anguishの感想・評価

3.0
同窓会、ファンディスク。
蛇足、話的には観なくてもいいと思います。その後が知りたい、特別なファンが見る映画で、綺麗に終わった物語を掘り返したい人向け、普通に面白かった。最後のC.C.の顔で「あぁ、これは彼女の補完だった」と…観てよかった。

「駄目だった時の事を考えても仕方ない、僅かでも希望がある、今はそれだけでいい」

「明日会える事を当たり前だと思わない方がいい、伝えたい事があるなら、先送りにしない事だ」

「俺を否定するな。痛みも哀しみも後悔もそれらが在って初めて俺は俺になれる、俺から傷跡を奪うな!」
kira

kiraの感想・評価

3.5
なるほど。

こういう展開で来ましたか‼️楽しませてくれますねぇ〜😊
12年越しの続編、復活への辻褄が合い、しかも鮮やかに勝利する。誰も欠けることなく、納得のいく終焉。

ただ思ったよりあっさり蘇った印象。
紆余曲折をもう少し観たかったな、と思った。
絶対無いと思うけど続編が作れる余白を作ったのも好き。薄い本が出来るヤツ。

TVシリーズ全50話をストレスなく(ユフィのところだけ過度なストレスだけど)観れる作品なので120分程度だと物足りなさを感じてしまう病気。

ともかく、ずっと観たかった「反逆のルルーシュ」だった。
佑

佑の感想・評価

5.0
 僕らが揃えば勝てない戦いはないよ

素敵です。
アニメは数えきれないくらい見たが、この映画・・・最高です。
劇場で観賞したにも関わらず、また涙してしまいました。
これから見るか迷ってる方に言えることは、とりあえずアニメから観て欲しい映画です。
今回はCCとルルーシュの映画かな。ただスザクの気持ちも楽になれたのではないかなとかナナリーのラストシーンとかもう色々考えちゃて素敵すぎでした。
とりあえずエンドロールは観て欲しい!
以上 
Keitan

Keitanの感想・評価

3.6
『ルルーシュは復活して何をする?のお話』

20191205 145
うーん。タイトルからルルーシュが復活する事は約束されていて、死んでしまったはずのルルーシュがどうやって復活するかを楽しみにしていたのに、割と序盤で戻ってくる。話の本題も少し違うところにあったり、期待していた物では無かったかな。

とは言え、ルルーシュの盤上をちゃぶ台返しする戦略などの爽快感は健在で、まぁ楽しくは見れた。キャラも飽和状態なのに皆んなとにかく顔を出すファンムービー的側面も。製作陣はどこを目指して続編を創ったのだろう?
GIN

GINの感想・評価

4.1
蛇足かと思ったがルルーシュの話を終わらせるにはピッタリだった

このレビューはネタバレを含みます

(レビューと呼べる代物ではないので、スルーしちゃって下さい😅完全に独り言。)

BD版だけど、劇場で観れた…!
劇場上映ホントに感謝!

語彙力一切無しレビューをしたいぐらい最高。
上映が終わって劇場が明るくなっても、まだ席を立ちたくなかったのはホントに久々の感覚。
もう終わったのかと…。上映時間1時間ぐらいしかなかったな。多分。笑


"ルルーシュが復活する"

この一点のみで十分。

これ以上は望まない。


あの設定はどうなった?とか
あっさり復活したとか
戦闘描写が物足りないとか
キャラの見せ場の比重がどうとか
オチがどうとか
アニメ版のラストは越えられないとか

そんな事は二の次。

逆にそういう所を残してくれていて良かった。
その辺を完璧にされると、これがマイベスト映画になってしまうぐらいのレベル。


内容に関しては、やっぱりルルーシュ復活のシーンがテンション上がる。

あの懐かしいキザな声。
しかも、間髪入れずにギアス発動のあの名言。

サ、サービスが良すぎる…

しかも、復活してすぐにスザクとナナリーを救出しなければならない状況に置かれているのもグッド。
もはや、それしかルルーシュが動く理由はないに等しいし。

敵のギアスの設定を上手く使った展開も、完全に虚をつかれた。
あの敵役たちが、ルルーシュに勝てる訳ないだろうと思わせておいて、すぐに追い詰めれられるところまで引っ張る。
そっからのギアス発動。

中々に面白かった。


キャラもほぼオールスターで大満足。
元々カレンがお気に入りなのだけど、今回はどうしてもC.C.か。ほとんどの人がそうかもしれないけど…
なんか上手く言えないけど、ルルーシュにとってはナナリーよりも近い存在感で、なくてはならない人…感が半端ない。しかも、非の打ち所もない。
でも、やっぱりカレンも気になる…その辺の描き方が絶妙。



最後の、、
L.L.からのC.C.の表情〜エンディングの流れ…完璧。


やっぱり総集編の劇場三部作も観よ。
>|