コードギアス 亡国のアキト/第4章 憎しみの記憶からの作品情報・感想・評価

「コードギアス 亡国のアキト/第4章 憎しみの記憶から」に投稿された感想・評価

まぬ子

まぬ子の感想・評価

3.0
情報量が多い回。

戦闘シーンのかっこよさ半端ない。
箱舟の戦闘シーンがもう何回でも観れそう。
シンのケンタウロス型のナイトメア、なぜこんな形にしたし…と思ってたけど、やっと格好良さ分かったぞ。山道かっこいい。

所々古臭いというか、こそば痒い演出は何なんだろう 笑
汗飛び散るシーンとかもう笑ってしまった

エヴァの影響がちょいちょい見える。
原作者エヴァ好きなのかな
Ri

Riの感想・評価

3.7
戦闘盛り沢山のエピソード。

アシュレイとの戦いも良かったけど
城の徹底な要塞ぶりも見応え。地面から壁まであらゆる所から重火器や防御壁がドッカンバッカン出まくって第3新東京市か。
たくや

たくやの感想・評価

3.0
城の戦いが良いですねー。
馬のナイトメアはダサいけど(笑)
戦略と戦術のバトルはたまらん!

あとナイトメア同士のバトルも良い。
回を増すごとにクオリティーが上がっている。
撃ちまくるシーンはいいねー!非効率だけども!!🤣


しかーーし!
絶望感が足りなーい!!!!!!!
コードギアス特有の暗い要素が弱い。
戦争なのに、あまりにもご都合主義。
次回の最終回、もっとエゲツナイ話を期待!
5話完結って短すぎない?

しゃく足らん足らん。

アシュレイなかなかやかましいキャラだと
思ってたらなかなか変なやつ(笑)

登場キャラ一人一人に深いストーリーが有るのに解明されずについに最終話へ

なんとかつながってる。
亡国のアキト史上1番せつなくもありラストシーンがよかった

シンの野暮が見えアキトとの最終決戦へ
Rikuto

Rikutoの感想・評価

3.2
2020年113本目

戦闘シーンはかっこいいんだけどね。話の内容が薄いしちゃんと説明されてない部分が多すぎる。戦闘シーンはかっこいいです。
ランドスピナーで高速移動しながら視点がぐるぐる切り替わるフルCGでのナイトメア戦は見応えがあった。
シンの城攻めは機体の能力がフルに発揮されてて面白い。
騎馬兵の様な見た目はめちゃくちゃかっこいいしプラモデルが欲しくなる!笑
アキトらワイヴァン隊の″アポロンの馬車(超高度輸送機)″による″方舟・ガリア・グランデ″への強襲作戦が決行されるって話☆

「コードギアス」シリーズのアナザーストーリー、第四弾!

アレクサンダに搭載されている、脳波動を共鳴させることによって意思や感情を共有させる″BRS(ブレイン・レイド・システム)″によって、再び脅威的な戦闘力を発揮するワイヴァン隊。また、同時にアキトにかけられたギアスの呪いが思わぬ効果を表すことに。

しかし、そんな矢先に″方舟ガリア・グランデ″が爆発炎上、ワイヴァン隊は消息不明となります。

そして、混乱したユーロピアの状況とレイラを利用し軍事クーデターを起こすスマイラス将軍。

また、世界を混沌の戦乱に陥れようとするシンのブリタニア本国を攻撃する野望も明らかになります。

アキトとシンの兄弟対決のお膳立ては整い、最終決戦の地・″ヴァイスボルフ城″へと舞台は向かいます。

C.C.(シー・ツー)がレイラに与えたギアス能力とは?時空の管理者の目的とは??など数々の謎を残して迎える最終章が気になる一本(* ̄ー ̄)☆



○キャスト○
ブロンデッロ(ミカエルの三剣豪・黒の団):竹内良太
ドレ(ミカエルの三剣豪・青の団):柳田淳一
ショルツ(ミカエルの三剣豪・白の団):相馬康一

-参考文献-
グレートメカニックG 2015 AUTUMN
ぷよ

ぷよの感想・評価

3.5
ちゃんと頭と時間を使って作ったら面白くなりそうなのに…

これまで殺せ殺せできたのに狂犬みたいな子殺さなかったり、仲間になったり、前回見た時はこれが嫌でくじけたんだよね。

一番面白い、EDのイラストは今回なくて残念。
戦闘シーンはCGを上手く使っていた。
コードギアスのリメイク版にもそれがうまくいかされていた。
>|

似ている作品