シン・エヴァンゲリオン劇場版の作品情報・感想・評価

シン・エヴァンゲリオン劇場版2020年製作の映画)

上映日:2021年03月08日

製作国:

上映時間:155分

ジャンル:

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に投稿された感想・評価

Kさん

Kさんの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます



以下初見時の殴り書き

・もののけ姫だ…
・惡の華だ…

・あれ、色塗り間に合わなかったのカナ?!(とは思わないけど思わず言っちゃう)
・画面はオッシャレ〜だった。電車や塔が浮かんでるの中々に退廃的でよかった。

話の大筋は前作etcと変わらずなんですね

なるほど、これで終わったということなのか…
長い長い旅が終わりましたね。冒頭、のっけからの突撃感から序盤、人々の生活を描く描写の深さ。伏線回収しながら中盤の纏め方もムリが無くて納得の作品。終盤はきっと半分も正しく理解できてない気がしますが、ここは周回する事で理解を深めたいです。そしてもうひとつ(邪道かもですが)作品観賞後にNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀 庵野秀明特集」を見ることで感動、感激が深まりました。さようなら、全てのエヴァンゲリオン。
やぐ

やぐの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

見れてよかった....。

これを見に帰ってきたと言っても過言ではない

意外とスッキリ終わった
が、正直過去作が前すぎて忘れていたので、予習してくればよかったなと少し後悔

小学生の時に初めて見たエヴァの未知の使徒とアクションに魅了されたあの時の感動よりも、大人になってからエヴァを見た時のキャラクター達の心情描写に胸熱な気持ちになった
見方も変わり私の成長も感じる

永遠に大好きなエヴァ今までありがとう

神話になった
Nana

Nanaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

大画面でかっちょいいロボと映像を観るために見たけど案の定かっこよかった
ロボットアニメのストーリーはあくまでロボの戦闘シーンを引き立たせるものに過ぎないと思っている

福島の原発を伝えたいことは分かった
アニメだけどリアルと(監督と?)シンクロしている

女の子2人で闘うシーン初代プリキュアみたいで熱かった

仕事がしたくなくて吐いてるシンジくん、日曜の夜の私みたいだった
シンジくんも成長したので私も成長したいです

若い頃のゲンドウかわいい

このレビューはネタバレを含みます

2021/03/08
エヴァを最初に見た人間が世に放たれる時間ギリギリの朝10時に見た。

当初よりもだいぶ長いことかかったが、ようやくこのシリーズも終わりを迎えることが出来てなぜかこちらもひと安心。

今回の最新作は監督にとってのエヴァにキッチリとケリをつける覚悟が全カットからみなぎってる。

古いものから新しいものまで今持てる日本のアニメ技術を全投入したような3D表現の洪水は言葉では説明出来ないし映画館で体感出来て良かった。

エヴァのない世界に旅立つシンジらから見る僕らの世界はどう映るのだろう。

見終わって劇場を出ると世界がよりクリアに見え、すれ違うひと一人一人の人生を夢想する。気のせいか街の赤が強く写った。

Beautiful worldであるという祈りのような願いが込められた宇多田ヒカルの曲が染みる。

──────────────────
2021/03/23

字幕付きバージョンで2回目の鑑賞。この映画から使われてる新語を大量投入して混乱させながらも、キャラクター一人一人の想いにケリをつけながら風呂敷を畳んでいくダイナミズム。震災後の日本は農村場面に反映してるのかな。渚の漢字に新解釈を与えてくるとは。マリ=安野モヨコ説は興味深い。プロジェクターでアニメ放送の投影をしたり、舞台落ちのメタ視点を入れたりするの楽しい。巨大綾波の3DCGとかいかにもエヴァだな。それまで女性の股間なめのアングルがやけに多い、母体回帰を示唆してる?
beautiful worldのダ・カーポバージョン良い。バスドラが心臓の鼓動みたい。ドルビーシネマでの視聴だったが迫力があって効果は十分に得られた。

このレビューはネタバレを含みます

シンエヴァンゲリオン ‖

泣きどころが2回あった
いや、4回あった

1回目
綾波(そっくりさん)の死に様
寂しさを知った人間の死に方だった
良かったね、前の綾波より好きだった
綾波だけ結構かわいそうじゃない?
幸せになってほしい、、、

2回目
もうこりゃエヴァ乗らなきゃあかんわってなって、シンジが乗らせてくださいって言った時に、あの桃色がこいつのせいで家族がってなって、鈴村妹がシンジさんはエヴァに乗らないです、シンジさんは私たちを救ってくれた恩人で仇なんですって震えながら銃持ってた
そんなにシンジがやらなきゃいけないことある?
子どもたちに未来託しすぎ問題
みんな幸せになれよ、、、


3回目
みさとさんがひとりで自爆する時に、
かじりょーじに向かって、ごめんねお母さんこんなことしかあなたにできなかったって言うところ
みさとさああああああん
なんでみんな死ぬんや

3回だった

泣けなかったけど良かったポイント

シンジが大人になってるーーーー!
え、そんな14年の重みあった?

カヲルくーーーん
渚っていうのは、海と陸を結ぶ場所
シンジくんを幸せにすることがカヲルくんの幸せってもうなんなんでなの。

アスカの声優さん頑張ってた
あすかとケンケンってそんな仲だったの?
でもアスカの夢の中でケンケン出てきて良かった、幸せになれよ

安野モモコの絵がでてきた!

マリの力強さ
マリがいて良かったね、庵野監督にとってのマリが奥さんなんだね、庵野監督はシンジなの?司令官なの?

どんなに戦っても、ミサトの中では碇は司令官なのね
でも人でなくなってたら、碇ゲンドウ!ってフルネーム。線引きあるんすね


え、、ポイント

とにかく隣の人のスマホうざかった
声あげたろうかと思った

碇家の喧嘩、壮大すぎん?
碇の顔どうした?

冬月はなに?何がしたいの?
なんでみんな碇ばっかりかまって冬月のこと無視するの?
Mimi

Mimiの感想・評価

-
あああ、、、終わっちゃった…かっこいい…かっこよかったよぉ…!!!と叫びながら自転車を目一杯漕いで夜の坂道を登りながら帰りました…
saki

sakiの感想・評価

4.3
完結しないと思ってました!
うまく終わって嬉しいけど寂しい。
独り

独りの感想・評価

-
小学一年生の頃、アニメを観て意味がわからないけどカッコいい‼︎というだけで、ガチャガチャのカードだすを回したら、キラカードの綾波レイが出てきて嬉しかった。
今も持ってる。

私の人生の一部になってくれてありがとう‼︎
全てのエヴァンゲリオン‼︎


2021.7. 映画公開最終日
礼捺

礼捺の感想・評価

5.0
実はエヴァがすごい好きというわけでもなかったが、前回のエヴァを映画館で見たこともあって、地味に続きが気になっていた。

庵野秀明という人間がどれだけ人間ぽくないのかがよく分かる。
エヴァンゲリオン、使徒、チルドレン、人類補完計画、碇司令、ゆい、
バラバラのように思えた事柄が最後にはしっかりとつながり、こちら側も「繋がった…」と安堵してしまった。
ラストシーンはどうなるのか、期待と不安で見守ったが、誰もこのエンドに批判することはないだろう。と思った。よくも、悪くも、
ほんの少しの諦めと、でも最後まで諦めたくない本気が痛いほど伝わってきて、ほんとにこの人作品作りながら死んでしまいそうで怖いな。と感じた。

映像を作る人間としては、これほどまでに合う人物はなかなか見ない。
>|

似ている作品