コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)の作品情報・感想・評価・動画配信

「コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

2022_No.20

テレビシリーズの一期の後半と二期の前半ですね

やっぱりユーフェミアの虐殺皇女のシーンはインパクトあって辛いですね……
今まで見てきたアニメの中でも深くトラウマとして残っていますよ……

後半はテンポが良すぎて正直ついていけない部分がありましたね
KS

KSの感想・評価

3.8
テレビだとナナリーのための野望だったのが、映画版だと展開早すぎて端折られてる感じ。けどR2への繋ぎも分かりやすくまとめられてた。
途中で一気に話飛んだから映画から入った人は意味わからんかったやろこれ
このロロってやつ誰?偽りの弟??みたいな
そこ以外はほんといい出来だったから惜しい
cochon

cochonの感想・評価

3.6
これぞダークヒーローの極地!
他のアニメの追随を許さない鬼畜エピソード血染めのユフィを含む劇場版2作目!

テレビ版ほどゼロの葛藤が描かれてないから、前半は本当にゼロが手段を選ばないただの鬼畜!!

ナイトメアの戦闘も激論ぶつけ合いも非常にテンポよく進む。というかテンポよすぎてTVシリーズ見てなきゃ置いてけぼりになるハイスピード感。

特に復活してからの展開が雑すぎ。なんでお前ら味方になってんの?生き返ってんの?ってなる。TVシリーズ観てても思うんだから初見だったら絶対意味不明。

全約50話を劇場版3話にまとめるんだから端折るの仕方ないのはわかるけど、ギアスのエピソードの一つ一つが濃すぎて圧縮するのは無理なんだな〜ってのがよくわかる2作目。

つまるところ情報過多

このレビューはネタバレを含みます

テレビアニメ『コードギアス~反逆のルルーシュ~』と第二期『コードギアス~反逆のルルーシュR2~』をまとめた総集編映画、三部作の二作目。

皇族であり、ルルーシュの姉、ユーフィミアが『行政特区日本』を発表すると事から、ゼロが先導する『合衆国日本』の結成、ブリタニアと世界を二分する所までを描いたお話。

噂では「中だるみが凄い」というR2ですが、今回は総集編という事でその辺りの『中だるみ』を丸々カット、そのおかげか、せいか、爆速でお話が展開します。

二期はまだ途中なので、一期までの感想。

流れだけは知っていましたが、やはり面白いですね。母親を殺され、妹の目と足を奪われ、挙句人質として日本に送られた後にその国も滅ぼされたルルーシュが復讐を誓うのは見ていて充分過ぎる程納得のいく理由ですし、侵略者側のブリタニア兵士達が罠に掛かって落ちたり罠にかかって黒の騎士団に負ける様は見ていて爽快です。

もう一人の主人公、枢木スザクの方は総集編という事もあってかちょっとフォーカスが薄い様な気がしますが、どんなことがあっても己の芯がブレないスザクと、目的の為なら手段を選ばないルルーシュの二人のぶつかり合う姿は、展開が分かっていてもハラハラドキドキです。
刑務所(?)襲撃のとこ、曲変わった?(うろ覚え)
酒井ミキオじゃなかったっけ?

あとユフィのとこ何回観ても悲しい。

22
2022/05/22

シャーリーが空気(´・ω・`)
喜んでいいのか悲しんでいいのかわかんない。

2019/02/21
15
新規カットはいいが、展開が早すぎてTV版を視聴していない人は置いてけぼりになりそうw
特にロロ関係やC.Cの掘り下げが少ないのでやはりTV版を見るべき。
こやぶ

こやぶの感想・評価

3.1
アニメ見ないとお話にならない
何回見ても怪我させといて心配するサイコルルーシュおもろい
hasse

hasseの感想・評価

-
興道は総集編ながらも一本の連綿たるストーリーとして観られたのに対し、叛道はかなり情報量が多く、ユフィ皇女死亡以降はオリジナル版の切り貼り感が強かった。VVの存在やシャルル皇帝との兄弟関係、記憶喪失したルルーシュが記憶をどうやって取り戻したのか、偽弟ロロの存在、ジェレミア(オレンジくん)の復活とゼロへの寝返り等、だいぶついていけなかった。これは新規勢をアニメ版へと誘う制作サイドのギアスの力なのか???

ルルーシュの絶対遵守は言ってしまえばチート能力で、使い方次第でかなりヌルゲーになる(実際、ブリタニアとの戦闘のここぞというところで使用し戦局を有利にしている)ため、なんでもありになって面白くなくなりそうなものだが、それを補って余りある物語の面白さがちゃんとある。
ユフィへのギアスの暴走とユフィによる日本人虐殺は、ルルーシュも含めて誰も得しない屈指の悲痛なシーン。
血濡れのユフィ。
ギアスの暴走による悲劇。

後半はやっぱりビミョくて蛇足感。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品