映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

「映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!」に投稿された感想・評価

P

Pの感想・評価

4.2
ひゃーー
芸が細かい!!
そういう作品大好き!!

私ならここでわざわざ耳とか
動かさんやろなー
とか思ったりしたけど
そんな手抜くやつは
そもそも作ろうってならんよな笑

ストーリーも面白いし♬
色んな映画のオマージュあったらしいけど
私は1つぐらいしか気づけんかった🙌

前作のが評判良さそうやけど
まだ観てないし
絶対観よーー♡( ⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷ωᵒ̴̶̷⸝⸝⸝)
しおぽ

しおぽの感想・評価

3.1
短編のアニメの方が断然面白いのに毎回映画出ると絶対見ちゃうよね
しかも新作で割高なタイミングで
rage30

rage30の感想・評価

-
『ひつじのショーン』の劇場長編、第2作。

一言で言えば、『ひつじのショーン』×『E.T.』みたいな作品。
アードマン初のSFという事で、珍しくCGも多く使われている。
『2001年宇宙の旅』や『未知との遭遇』といった有名SF映画の引用を見つけるのも楽しい。

物語的に描かれるのは、ショーンとルーラの冒険と友情。
新キャラの宇宙人ルーラは、ミリ単位で動く表情が素晴らしく、自然と感情移入させられた。
そんなルーラが巻き起こす、派手な騒動も本作の見所の1つだろう。

ただ、SFというジャンルのせいか、話が大きくなり、作りがやや大味に感じてしまったのは残念な部分。
家族の絆を描いた前作『バック・トゥ・ザ・ホーム』と比べると、子供向けの作品という印象は否めない。

とはいえ、信頼のアードマン制作である事に違いはなく、暖かみのあるアニメーションには癒されるし、いつも通りのドタバタ劇やオフビートなユーモアも完備されている。
アードマンのファンならば楽しめる作品だろう。
Johnson

Johnsonの感想・評価

-
キャラクターがみんな可愛くて癒されて笑えるコメディアニメーション。

前作のバック・トュー・ザ・ホーム同様に驚きの完成度で子どもから大人まで楽しめる仕上がりになっている。そもそも大人向けであって子どもでも楽しめるってのが正解かもしれない。それから毎回思っていることだけど、ストーリー考えてる人、尋常じゃないユーモアのセンスを持っていて心底羨ましい。これぞ発想の勝利と言いたくなる作品だった。
犬

犬の感想・評価

3.6
ピザ

イギリスの片田舎の牧場で仲間たちとのんびり暮らすショーンの前に、ある日突然UFOがやってきた
田舎町はたちまちUFOフィーバーに沸きあがる
そしてそのUFOには、物を浮遊させる超能力を持ったルーラという名の女の子が乗っており、ひょんなことから牧場に迷い込んだルーラは、ショーンと仲良しになるが……

人気クレイアニメ「ひつじのショーン」の長編劇場版第2作

友情が良い感じ

愉快
クスクス笑えました

ドタバタな展開
キャラも良い

やはりクオリティは高いです
クレイアニメとしての素晴らしさは健在。
ギャグを連発させているが、ひとつひとつの精度は低めで、前作よりパワーダウンした感は否めない。
りう

りうの感想・評価

-
面白さを伝えるのに言葉は要らないことを体現してくれてる一作。様々な映画オマージュに加えて豪華な音楽、クレイアニメ故の表現が一体になって襲って来る。やっぱり動きは物語なんだな…。
182

182の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

CGになってしまったのかと思って見ていたけど、まだほとんど手作りで1日2秒ずつぐらい作ってたという事で驚き......!
映画館で見たかった......!

特典映像がなんか不思議だった
Takashi

Takashiの感想・評価

3.4
息抜き。小ネタが分かるともっと楽しめそう。声なしのクレイアニメの製作って感心してしまう。
Sci-Fi映画のパロディやオマージュが沢山で😀

『E.T』『未知との遭遇』『2001年宇宙の旅』『X-ファイル』『Wall-E』など。

ダジャレも、「Farm」と「Armageddon」をかけてるタイトルや、看板「H.G.Wheels Autos」は「H.G.Wells」のダジャレ。

Bull(雄牛)をChina Shop(陶磁器の食器店)に移動させるシーンで、英語イディオム「A bull in a china shop」のジョーク。

8/20/2020 Netflix.com
>|

似ている作品