サン・イズ・オールソー・ア・スター引き寄せられる2人の作品情報・感想・評価

「サン・イズ・オールソー・ア・スター引き寄せられる2人」に投稿された感想・評価

African X Asian っていう珍しい組み合わせのカップルで、人種の問題とかにも結構触れるのに男の子のアジア感が弱くてずっと気になる。。
ちこ

ちこの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ひょんなことで出会う二人。
アメリカに住む人の話。

主人公の男の子がタイプ、

素敵な詩、
The sun is also a star
これはジャマイカンアメリカン、ニコラ・ユンの小説「The Sun Is Also a Star」が元になっている。この小説を読んだことがないから、映画とは比較できないが、ニューヨークが舞台のラブストーリーで韓国からの移民の家族が次男のダニエルを医者にさせようとして、ダートマス大学に入れようとしている。これはステレオタイプで申し訳ないが、良く聞く話だ。それも息子は詩人になりたいのに、親の希望は医者の道を進ませようとする。それに、親の希望通りに行かなかった長男チャーリーは、店を継ぐことになる。そのため、親は長男チャーリーより、次男ダニエルを可愛がっているのが目に見えている。また、次男ダニエルは高校で、病院でコミュニティーサービスや高校でアジアクラブの会長だったりして、親の期待通りになっているようにみえる。そのご、恋に落ちたナターシャがジャマイカに強制送還され、ダニエルはダートマスの卒業生のインタビューより彼女を優先したことに後悔もしている様子もなく、五年後、ニューヨークのハンターカレッジで勉強することになる。そして、喫茶店で詩「The Sun Is Also a Star」を朗読しているところ、ナターシャに再開する。こんな、偶然であるようなめぐり合いがある。運命によって再会のチャンスが持てた。それに、この運命に心を開きなさいと。

多分、たくさんの人がナターシャとダニエルの運命的な恋のついてレビューを書くと思う。

私は移民弁護士ジェレミー マティネス(ジョン・レグイザモ)のことに触れたい。この弁護士は不法移民のケースを無料でしている。事故で怪我をして病院に運ばれても、仕事に戻り御昼休みの15分間ナターシャにあってくれる。この家族のケースをもう一度開けて、懇願書を移民局にと。結果としては実らなかったが、こういう良心的に動いてくれる弁護士がいるのは結果はどうであれ救いだ。
ナターシャの家族は子供二人を連れてジャマイカら出てきて、父親はレストランで九年働いたが、ICEに捕まり、出国を命じられる。両親は法律の知識がないし、語学の問題もあり, ICEに捕まったら最後で出国準備をするが、ナターシャはなんとかどどまれないかと交渉する。ここで、ダニエルに会うわけだが、ナターシャの行動はたくましい。
nono

nonoの感想・評価

-
運命は信じるもの。やはり信じる強さが運命を作るのかな。信じなければ存在することはないし、運命にできるかは当事者次第ですね。
SKosuke

SKosukeの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

主人公のダニエルは、1人の女性ナターシャと運命的な出会いをする。カフェでお話をして楽しんでいたが、ナターシャに1本の電話がかかり、不法入国により翌日故郷に帰るよう告げられる。ニューヨークに残るために、弁護士に問い合わせるが、帰らざる終えなくなる結果に。そんな辛そうなナターシャを、同じ移民であるダニエルが色んなところに出かける。2人は徐々に惹かれていくラブストーリー。
おぷ

おぷの感想・評価

-
目に見えるほどの運命の波に乗ったふたり

ヒ現実的・
でもどこかで起きてるのかもしれない。米。
shin

shinの感想・評価

4.3
最後もハッピーエンドでよかった。
主演の女優さんが可愛かった

アメリカの街並みもよかった。
痒いところに手が届かない感じの映画で全体的に惜しかった!
画はめちゃくちゃ美しいしキラキラしてて良かったし、2人が会話をしながら歩くのとかビフォアサンライズぽくて素敵だった。でも正直中身が薄いというか、ビフォアサンライズみたいに会話劇に引き込まれるような感覚は持てなかったのが残念だった。
あと単純にナターシャ国外退去強いられていて崖っぷちの割には1日を無駄にしすぎでは?という感想を捨てきれなかった笑
あと1日しか残されていないなかで運命の人に出会うっていうのは凄くいいんだけど、何故そこまでして2人が惹かれ合うのかを「運命」って言葉だけで済ませずに描いてほしかったな〜
minohachi

minohachiの感想・評価

3.2
アジア系移民で詩が好きなダニエルとアフリカ系不法移民で天文好きなナターシャの1日だけの運命の恋。太陽の重力に引き寄せられる惑星のように必然として恋に落ちる2人。
ボーイミーツガールの話だけど、移民問題がからんでくるのがアメリカの事情を感じられて興味深い。どちらの親も移民だからこそ幸せな人生を子供に送らせたかったという願いが切実。
序盤にあった小さな事故の伏線を綺麗に回収してるのが気持ち良い。

このレビューはネタバレを含みます

いや、、、、おもんなすぎて、失笑。
終わり方まで微妙。もはや魔法がかけられてるとしか思えないぐらいの運命っぷり。これを観てトキメけなかったなぁ私は。

男側の方を在米韓国人家庭っぽくしようとしたかったみたいだけど、韓国語を喋れるというだけで顔や雰囲気に韓国人らしさが出てなかった。本当にあの家族の中に韓国の人が1人でもいた??
>|