コロナウイルス 感染者の作品情報・感想・評価・動画配信

「コロナウイルス 感染者」に投稿された感想・評価

こぅ

こぅの感想・評価

2.8
マイトシュ監督による、【新型コロナウイルス・
ドラマ】。
ジャケ写で言う、サスペンスは嘘!

世界初⁈最速⁈のCOVID-19を取り扱った映画という
意欲だけは評価に値⁈

撮影NGになる直前で仕上げたという割に意外に
しっかり作られていた。

監督もキャストも初仕事(大目に)。

冒頭から少し前のリアルなニュース映像から始まる。

結婚記念のヨーロッパ旅行から帰ってきた 夫婦、
特に旦那のブルースがコロナに対して無関心で
【無防備】過ぎる、舐め過ぎる、そして、大丈夫か⁈と
心配する外野達も無防備、、
そのブルースがコロナにかかるという必然、勿論
哀れみの同情は出てきやしない、、。
ヨーロッパから持ち帰った当人宅に差別的落書きされ
たり、教会で妻に非難する女くらいの当たりで良いの 
かも知れない。

予防は、自分だけの為じゃ無い、家族、他人の為でも
あるのだから、、。

家族周りのガサツさから見ても感染者が本人と◯人に
留まったというリアル感の無さとクライマックスの
◯◯クル展開、本作がありきたりな【エンタメ】目指し
ていたと伺える。
もっと【警鐘】として厳しく重く切り込んで欲しかった。


総評として、家族間とかの状況はリアル感あったが、
良くも悪くも保守的、映画的【アメリカン】な
着地で残念。

しかし、この題材をもってしてアメリカンは、、。
記録。
TSUTAYAでそのド直球なタイトルに一目惚れ。「本格サスペンス」とか絶対嘘やろって思った時にはもう手にとってた。

パッケージ見ると人類レベルのスケール感があるように見えるけど、そんなことは一切なく、旦那がコロナに罹った家族の物語。

俳優陣の演技やらカメラワークやら劇伴やら色々と安っぽいし、やっぱりサスペンス感はあんまり無くて至って普通のドラマ。全編に渡るチープな質感は何かの教材ビデオっぽい。

まぁコロナのことあんまりナメるなよって啓蒙にはなる気はする。マスク率0に近いけどなw
コロナ自粛で撮影中止ギリギリに撮り終えたらしい感染映画。

日本人の僕としては、
「何その意地www」「やっぱトイレットペーパー🧻の買い占めは万国共通なんだw」「この期に及んでまだマスクしないの!!」「いや、医者はマスクせいwww」「今更完全防備www」

「んなわけ無えじゃん、バッッッカじゃねえの?!」

って思………いたい映画。
けど、事実これなのよね。

最後のシーンも(⚠️ネタバレかも知れませんがスミマセン⚠️)⛪協会で「今回の経験教訓を活かして──。(中略)敵はウィルスだ!国民同士で争うな!」的熱弁スピーチしてるけど、驚愕のマスク率。ハグとかしちゃうし。
映画演出と言うより、割りとマジそうだし。

文化差別と捉えられてしまい兼ねないが、日本人が観るとバカ映画でも諸外国ではリアルな等身大な作品なのかもしれない(憶測)、
「そりゃ日本の感染率低いわなぁ」と再認識する映画でした。
1101

1101の感想・評価

1.8
真っ只中の中で放たれた作品にしてはチープな作品。

しかし、コロナ禍で制限がある中での撮影と作成プロセスを考えると多くを求めてはいけないなと。

タイトルが直球なだけにロケ場所が多く、派手な演出で見せれば批判もあるだろうし、制限や周りの目を気にすればこのような作品になるだろうし。

時間に余裕のある方限定な気がします。
ChieP

ChiePの感想・評価

3.2
良くも悪くもアメリカっぽい映画。

曾祖父さん、祖父母、娘夫婦、子供。
4世代の家族でコロナ陽性者が判明し
・・・な話。

最初は軽く考えてたのに・・・
買い占めやら、感染者イジメ、
マスコミのヒートアップなど。

「神とは試練を与えるもの」
「神の思し召しに我々は打ち勝つ!」

米国のブラボー気質に乗じて、
何とか感染抑制していきたい・・・
=「教則ビデオ」みたいなイメージで
慌てて作ったのかな、って印象。
こーゆうの嫌いじゃないけど
本格サスペンスでは無かった(笑)

見所は「お国柄が違うんだろうなー」
って部分でした。
KOUTA

KOUTAの感想・評価

1.6

このレビューはネタバレを含みます

このご時世には持ってこいな映画…かと思いきやそうでもない。
久々に笑えるクソ映画を観たいという方には持ってこいな作品。題材事態は笑えないが。


とりあえず序盤で玄関ドアを開けっぱにして「旅行楽しかったね」と肩を組んで話す老夫婦の会話を観て気づく方もいるが、もうこれは真面目に観てはいけない系の作品。だが気づいたときにはもう遅い恐怖のクソ映画の扉が開かれているんだよ


ある一家を中心にコロナにかかった祖父がコロナと戦い、それを支える一家という物語なのだが正直これコロナじゃなくても架空のウイルスとか言っちゃえばインフルエンザでも成り立つ話で、コロナの恐怖そのもの事態はあまり観てて体感はできない。


それにコロナは世界に感染しているのに緊張感もない。これは『ジャスティスリーグ』で大勢の敵に襲われているのに襲われている一般市民がひとつの家族しか撮すなくてあまり危機感がないのと同じように、世界で危機感があるのにずっとひとつの家庭を撮しているからかなり小さい規模の戦いにしか見えない


映画としての最大の欠点は同じ場面を5分くらい見せられるというのと、俳優がとにかく泣く泣く。過去に一度も泣いたことないからとりあえず今精一杯泣いてますという感じで泣く。お涙頂戴な邦画でもここまで俳優に泣かせはしないよ


演技の細かい話しはここでは割愛するけど、ようは俳優が大根役者過ぎて単純な感情表現の演技しかしないからメリハリがないし、ここまで泣き顔を見せられるともう笑わせに来てるのかなと思ったり


それ以外にもツッコミところは満載でコロナにかかった祖父を検査する際はマスクしてるのに祖母や娘と対話する際はマスク無しの無能医者、根本的な解決策が見いだせないのは分かるがとりあえず根性論と「家族の絆を絶やさないで」とか「絆が生きる希望だ」と少年漫画読みすぎな医者、座って椅子を動かしたら目の前の机に地味にぶつかり机がスゴい揺れた医者


他にも意味分からなすぎてセンスのない笑えないジョークだったり、会話が成り立ってない部分だったりもあったり、シーンの切り替えで違う現象が起こったりとかね。例えば透明マスクをつけた医者が別のシーンでマスクが曇ってて、切り替わったらマスクが曇ってないとかの繰り返しが続いたりね。
いちばん笑ったのは奥さんから遠くにいた神父がシーンの切り替わりで、めちゃくちゃ近くにいたりね。そういえば神父はソーシャルディスタンス保とうねって言ってた割にはあのシーンではやけに近かったけど、自分が言ったこと忘れたのかな?


けどこの映画好きなシーンもあって祖父がコロナでだんだんと弱っていくシーンや、祖母と娘がベンチで談笑するシーンとか(勿論この談笑から二人はピーピー泣きます)。


あとは祖母とインタビュアーの乱闘ね。
突然押し付けたインタビュアーに祖母は「出てけ!」と対抗するんですが、あのグダグダな乱闘とかインタビュアーのキレた顔はこの映画の名シーンだよ。


ちなみにこの映画ではコロナを防ぐ対策を提案してくれてるよ。それは「絆」と「神を信じること」だってさ。( ・-・)
Naoya

Naoyaの感想・評価

1.6
ヨーロッパ旅行を終え帰宅した男は、流行しているコロナウイルス感染と似た症状を抱えていた。サスペンス作。コロナウイルスに感染した男、そしてその家族の置かれた現状は、時事ネタでありリアリティはある。コロナ罹患に対する偏見、差別、風潮も描かれてはいるが、映画としての展開の見応えはない。コロナ禍を映画化した意味合いがなく、ドキュメンタリーを越えてこない内容。
「皆さん!お元気ですか?」昔 こんなふざけた車のCMが 有りました。

コロナ これはおふざけではありません。

皆が早くもとの生活に戻りますように!

自分でできる範囲の事をやりなさいな映画。
yuuuk

yuuukの感想・評価

-
アンチってタイトル付いてる割にはコロナウィルス(政府の嘘)を擁護する映画

度々咳してる男性、医者正論言ってる部分はあるが、どうもセリフでねじ曲げる
PCR検査なんて10の内8は、陽性反応が出るいい加減な検査
これもコロナ判断の材料なんて言ってるけど真っ赤なウソ!!

カルトの存在も出てきてソーシャルディスタンスといい間隔を空けるようにってはぁーですわ 
みんなで密集、密着していいんです。
ソーシャルディスタンスの意味ってAIが認識できる距離なので間隔を開けろと政府の陰謀なのです。

😷をして距離を取れ!!って命令に服従するおつもりですか?
マスクだって猿轡(猿ぐつわ)奴隷の意味だよ
今すぐ😷を外せ!

日本天皇病院🏥に訪問した時お願いしますというネットの内容なのに、医者、看護師は、強制的な同調圧力をかけて来やがって!😡
マスクしないでAIの顔認証もフル無視して病院へ入りましょう!
莫迦みたいに聞いていたら頭ん中👿の猛毒に侵されて判断が鈍りますよ。


恐怖を煽り世論誘導し同調圧力を掛けてるのは、ペドフィリア の👿どもの政府ではないのか!!
インフルエンザより弱いコロナの死亡率
コロナウィルスは細胞の💩のエクソソームってことが分かってきた

細胞の老廃物ってことだよ

誰しもが出てくる物
この空気中に常在菌、常在ウィルス、カビなど舞っている中生きているのにそれを除去してどうするのかお分かりか
人間の体は何で出来ていますか?
微生物とミネラル、タンパク質、水分で出来ている
その微生物を除菌したら体はどうなる⁇
死ぬに決まっているやろ!

それより怖いものは5Gとワクチンだと言うことを!

それを恐れさせ人工呼吸器を無理くりつけて酸素過多に陥らせ殺しているのは病院の医者じゃないのか💢!!

散々効かない薬を売り続け売れない薬を買い取り国民に売りまくって金儲けしている分際で!
(抗がん剤、精神薬、高血圧、利尿剤などなど)あらゆる薬だ!!
単価安いのに高く値を釣り上げ暴利を貪ってる製薬会社!

それとワクチン利権も製薬会社が絡んでる
誰かワクチンの成分ってご存知ですか?

ワクチンの成分にはアジュバンド(胎児の死体の細胞)

水銀は、神経毒であることが十分に立証されていますが、依然として世界中のインフルエンザ・ワクチン(複数回接種タイプ)に入っています。その他のワクチンにも、微量の水銀が残留しているものがあります。

アルミニウム。骨、骨髄、脳の変性を起こす可能性のある毒です。

ホルムアルデヒド(防腐液)。発ガン性物質として知られています。

ポリソルベート80。メスのネズミで不妊症、オスのネズミで睾丸の萎縮をひきおこすことがわかっています。←不妊症を起こさせる

豚や牛のゼラチン。アナフィラキシー反応を起こすことがわかっています。3種混合ワクチン(はしか、おたふく風邪、風疹)、水疱瘡と帯状疱疹のワクチンに大量に入っています。

グルタミン酸ナトリウム(MSG)神経毒
  ↑
食品添加物に入っているアミノ酸ないしグリシンと名を変えてあらゆる物に紛れ込ませている添加物
   ↑
いの一番やハイミー化学調味料昔から普通に売られている

吸引タイプのインフルエンザ・ワクチンに入っています。代謝異常(糖尿病)、発作、その他の神経障害をひきおこすことがわかっています。

その他コロナワクチンの成分は人間のDNAを書き換える遺伝子組換えRNAが混入

今の遺伝子型でいいのに書き換えるとはどうゆう事だと思いますか?
障害者、病人、死に至らしめるワクチンって言う事を

👿政府であるカバールが起こしたい事とは、人口削減計画で民衆をマスゴミで世論誘導し混乱させ支配者達はどさくさ紛れで間接的に死に陥れて、金儲けをする事が目論み

それに対していちいちチャチャを入れてくる世論誘導(洗脳民)されてる陰謀論って語ってるそこの人

これを政府のクーデターって言わずしてなんですか?この似非パンデミックを創り出して陰謀と言わないのは⁇
おかしいって氣つかない自体貴方洗脳から解けてませんよ。

今すぐ😷を外し、誘導する📺を見ない、YouTubeやインターネットで飛び交ってるコロナの情報を自分の手に取り考え行動するが今問われる時代
思考停止なってないで冷静にこの事実に目を向け自分の正しい方向を見つけ行動する事です。
euuzak

euuzakの感想・評価

1.9
お父さんとパパ 誰のことかわからず
すぐに判断出来なくて戸惑った

タイトル通りのそのままの映画
>|