GUN CRAZY 復讐の荒野/裏切りの挽歌の作品情報・感想・評価・動画配信

「GUN CRAZY 復讐の荒野/裏切りの挽歌」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
「GUN・CRAZY復讐の荒野」
米軍基地を臨む無法地帯に、ハーレーに乗って現れた謎の女・沙紀(米倉涼子)。彼女は、町を支配するギャングのボス・東条(鶴見辰吾)の首に懸かった賞金をゲットすべく、修理工・晃(江原修)を巻き込んで彼への接近を試みる。だが、日米地位協定の厚い壁に守られた敷地内にアジトを構える東条は、なかなかその中から出て来ない。そんな中、東条の軍の不正金200万ドル強奪計画が発覚。その金の横取りに成功した彼女は、それをネタに東条を誘き寄せ警察に引き渡そうとするのだが、一枚も二枚も上手の東条によって、逆に窮地に追い込まれてしまう。しかし、それで諦めるような沙紀ではなかった。彼女は、実は刑事であった父を殺した仇敵・東条に再び戦いを挑んでいくと、激しい銃撃戦の末、遂に義足に仕込んだバズーカ砲で木っ端微塵にし、町を後にするのであった。
「SCORE」の室賀厚が、チーム・オクヤマ と組んで、旬の女優やグラビアアイドルを主演にマカロニウェスタン風のガンアクションを見せる「ジャパニーズ・ウェスタン」シリーズ第1作。
第1作は、米倉涼子を主演にマカロニウェスタンの王道である「復讐」「裏切り」「バイオレンス」を軸にしたジャパニーズ・ウェスタン。米軍基地のある横須賀周辺を舞台に、米軍基地の敷地にアジトを置く顔役を悪役に、壮絶な復讐のドラマが展開する。「交渉人」でもアクションをこなす米倉涼子だけに、横っ飛びしながらの2丁拳銃乱射などガンアクションだけでなく、キレのある格闘アクションを披露している。
脇を固める江原修、大和武志、菅田俊、鶴見辰吾の共演も、コクを増している。
マカロニウェスタンの王道をいく痛快ジャパニーズ・ウェスタン映画。

「GUN・CRAZY裏切りの挽歌」
社会の不正に立ち向かう為、弁護士になった筈の由紀(菊川怜)。しかし、上司の証拠捏造に絡んだ殺人事件に巻き込まれ弁護士会から除名処分を受けた彼女は、法の無力さに絶望し、裏の世界に生きる滝田(永澤俊矢)の手ほどきの下、殺し屋に転身し社会の悪に制裁を加えていく。だが、カジノ経営に乗り出そうと、強引な地上げを開始した滝田によって親友冴子の命を奪われた由紀は、そこにも本当の正義は存在しなかったことを痛感。滝田に反旗を翻し、報復の銃弾を喰らわすのであった。
「SCORE」の室賀厚が、チーム・オクヤマと組んで旬の女優やグラビアアイドルを主演にマカロニウェスタン風のガンアクションを見せる「ジャパニーズ・ウェスタン」シリーズ第2作。
今回は、菊川怜を主演に法の正義が通用しない都会というコンクリートジャングルを舞台に、壮絶な悪との戦いを描く。
今回は、一発必中のリアルなガンアクションにこだわり、「ニキータ」風のレストランでの暗殺アクションなど、菊川怜のクールなヒロインの魅力を引き立てるガンアクションが満載。