BLACKFOX: Age of the Ninjaの作品情報・感想・評価・動画配信

「BLACKFOX: Age of the Ninja」に投稿された感想・評価

あんたらいつからそんな仲良くなったんだー!!

どの層をターゲットにしてるのかよくわからないトーンだったり、大仰な演技って逆に力量が必要なんだな〜と思ったり、1分も経ってないシーンの回想とか七瀬彩夏さんの登場の謎感とか色々と。。。


何年か前に坂本監督が時代劇やりたい!と仰っていて、それが実現されたのはめちゃくちゃ感動するし、やっぱりアクションは最高でした。


矢島舞美さんが本当に美人。


クライマックスの展開もアガりました!


本当に坂本監督に豊潤な予算で撮る環境を!!!!!

このレビューはネタバレを含みます

Amazonプライム・ビデオにて鑑賞
アクションはよかったんですけどね、特に宮原華音さんがね。その他は学芸会なのも相俟って、観てるのがしんどくなる出来映え。もっとアクションに全振りして、余計な小芝居はできないんだからしないという選択肢というか勇気を持ってほしい、プロなら。
で、主人公はコスプレヒーローなんですが、急に強くなるとかするから、敵も魅力的にならず、ラスボスも次回作を作りたい欲からか戦わず(つーか戦闘タイプじゃないかもねw)、なんじゃそりゃっていう結果に。
主人公は人殺しをせずに新しい道を突き進むということでいいのですが、ヒロインは戦闘マシーンとなって屠ってしまっているという描き方を今後活かしていくのかどうか。
つかさ、人を絶対殺さないとか、殺しさないとこちらが危ないとか、なんかね、この題材を扱うときって両極端過ぎるんですよね。こういうのも、なんというか、新しさがないなーと。
二兵

二兵の感想・評価

3.3
山本千尋、矢島舞美、宮原華音の美女3人の凛々しさ、坂本浩一監督の安定のキレキレなアクション演出を楽しむ作品。

俳優陣は皆アクションできる人ばかりなので、安心して観られた。ただ、主演の山本千尋は、アクションといっても元々中国武術の人であって、なぜ時代劇に!?というのはちょっとあったけれど。途中から顔隠しちゃうから、その辺りの動きはスタントマンなのかなーと思ってしまうし。少しもったいない。とはいえ好きな女優さんなので、これからもっと頑張ってほしいと思った。

アクション描写は本物だが、たまに出てくるCGが割とチープで、あの鷹なんかCGなのが丸わかりなのが残念。

ちなみに倉田保昭と福本清三という、アクション・時代劇界隈それぞれの大物二人が、やずかだが出演されていて、そこも見どころではある。

ストーリーは、まあ普通かな…ちょっとしたどんでん返しはあるけれど、予測できる範囲だし。でも、続編面白くなりそうなので、そこは楽しみです。
アクションは良いのに、変に若者向けを意識した台詞回しがどう見ても時代劇とマッチせず。実写でどう見えるかを考えずアニメのような台詞を言わせてるのが良くない。続編作る気満々のくせに設定をやたら台詞で説明するのも少しカッコ悪い。

ダサい若者ノリに作品が合わせるからダサいのか、それとも作品の台詞がダサいからそれを見て影響された若者のノリがダサくなってるのか。鶏か卵かみたいな話であるが…
coco2ir3

coco2ir3の感想・評価

2.0
意気込みは伝わってきたが、それだけ。陳腐なセリフと、不釣り合いなCGがあまりいただけない。体を張った殺陣や格闘シーンは良かっただけに惜しい。
MMママ

MMママの感想・評価

2.8
質は良いと思います。闘うシーンもしっかりしてたし剣捌きも良かった。出てる俳優陣はアクションがしっかりしてる方々ばかりで脇役として演技もかなり積まれてるのだろうと思うんだけど話がとてもつまらなかった。それが残念。
千里

千里の感想・評価

3.0
「ウルトラマンジード」から注目するようになった山本千尋さんが主演のアクションものということで公開当時から気になってはいたが、他にも見たい作品が沢山あった為劇場スルー。この度AmazonPrime会員特典に本作があることに気づいて観賞。山本千尋さんばかり注目していたけど、「ウルトラマンジード」を撮った坂本監督が監督だったのね。アクションは頑張っていたけれど、ストーリーはいまいち・・・といった感じ。

律花と宮の友情物語でもあるのだけど、律花と宮が一緒にいた期間が長くないので、1,2日程度でそんなに大事に思えるほどの存在になったというのがどうにもしっくり来なかった。ストーリーには一応の仕掛けがあるものの、予想は付いていたのでそこまで驚きも出来ず・・・。そこまで圧倒的に強いという程でもなかった律花が、父の武装を纏ったとたんに強くなるというのもなんだかなー。

また、アクションは流石に坂本監督ということで動きのあるカメラワークを使った激し目のアクションで気合は感じられたが、坂本監督作品はドラマならともかく、映画になると途端にアクションシーンが長すぎて(それが良いという人がいるのも分かるけど)間延びして感じてしまうのが個人的にあまり好きではなく、かなり頑張ってはいるのだけど今作でもそれを感じてしまったのでうーん。肝心の山本千尋さんのアクションにしても、世界観的に日本の武術で見せる作品な為、彼女本来の見せ所である中国武術を見せる機会が本作ではほとんどなく(一応終盤にちょこっとそれらしい動きは見せてくれたと思うけど)、残念ながら「ウルトラマンジード」の時程良さが出ていなかった印象だった。
鵜

鵜の感想・評価

2.5
アイドルグループにいたメンバーの名前を発見し、何気にみていたら最後まで鑑賞した
薄っぺらいけど、女優さんを見せたいというテーマだけはしっかり伝わった
良かった、いや最高なんですけど。
子供の頃から観ていた特撮作品には重力があり、作られた感が消せず子供の目でも仮想世界の話とわかりました。そんな時代の作品を観て来たわたしには感動しか生まれません。B級作品何て評価があるがこのクオリティがB級なら日本の特撮は青天井です。演者も良くて皆んな作品の世界観を阻害してません。個人的には雨宮監督の特撮作品が好きでしたが坂本監督の作品はそれを超えてきました。アクションが長回しなのが良い。本当にアクションが出来る演者が演じているからと思います。シリーズ化して欲しいな、そんな終わり方してましたけど。
山本千尋と矢島舞美の凛々しい立姿と可憐な振る舞いが最高です。
映像はB級映画な感じだけど、アクションは良かった!
シリアス感もあって、ストレス発散にはもってこいかも
>|