恐怖新聞の作品情報・感想・評価・動画配信

「恐怖新聞」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

主人公の女の子の演技が微妙だった。
ポケベルの時代。
主人公が足切断されてたシーンと老人の顔をした少女のシーンは好き。
花子さんがきた!にありそうな展開。
序盤は恐怖体験のオムニバスって感じだけど、後半怒涛の展開に。
この時代の演出の数々を見てると、数少ない素材で頑張ってたんだなあって気持ちと、進化した今の技術スゲェという気持ちになる。

トップバッターを務めるギター少年のくだり、本編にまるで関係なくて笑った。

結構わけわからない展開も多いんだけど、(特にカラオケのやつ)昔のホラーって結構わけわからんよね。

屋上の子供のエピソードは人面犬を思い出した。
関係ないけど、子供の泣き声がかないみかさんの泣き演技まんまって感じで、かないみかさんすげーよやっぱ!となった。

主人公の心の声が、ところどころ文字になって表示されるのがめちゃくちゃJホラーって感じで最高。

一番最初の注意書きに、『ヘッドフォンを付けての視聴をおすすめします』って記載されてんだけど、ヘッドフォンを付けてたらもっと楽しめたかどうかは謎。
ねこ

ねこの感想・評価

2.0
フィルマさんありがとうございます!
リクエストしたら登録して頂けました!
レビュー1番いただきます😋

つのだじろう原作の実写化。
DVD新品でも定価500円なので
かなり安っぽい映像です。
ホームビデオ感が出てる撮影でカメラマンの影とかガッツリ映ってます。
怖くはないですし古臭いですが、
エコエコアザラクみたいに漫画原作の90年代Jホラー好きは見ておいて損は無いです。
この時代のホラーヒロインは大人びていますね。