みんなのしあわせの作品情報・感想・評価

「みんなのしあわせ」に投稿された感想・評価

hideharu

hideharuの感想・評価

3.2
2018.6.24 DVDで再見。
初見は話題になった時にスペイン版のDVDを購入して鑑賞。
そのDVDの特典映像にはスペインの映画賞ゴヤ賞を受賞した模様などが収録されていましたが主演のカルメンマウラが受賞したのは覚えていますが作品賞や監督賞も受賞したのかな?
アレクシスデライグレシアスもアルモドバル以来の世界に通用する監督になったと思ったけど何か今だにパッとしない。面白い映画をいっぱい撮っているのに何故かスペイン外の一般的な評価が得られてないよね。勿体無い。
レビュー数からみても日本でもあまりこの映画を見てる人はいないと推察されます。
是非見てもらいたいですね。

強欲vs強欲とこの映画に善人は出てきませんが物語が進むにつれて何となく主人公のオバさんが頑張っている姿を見ていると応援したくなる。
金が絡むと人間はここまで恐ろしくなれるんだと怖くなってきます。ちなみに一応はコメディですがかなりブラックで人もジャンジャン死ぬのでサスペンスでもあるとも言える。アパートの屋上でのクライマックスも何処となくヒッチコックを意識している感じ。

ただアレだけの話を見せておいてオチが弱い気がします。その辺が残念かな。
でも面白いです。
イグレシア監督作品なのに、作品タイトルが「みんなのしあわせ」。
これだけでもう「いやいやいや…そんなわけないでしょ、、」ってタイトルに不気味しかない。
だからね、この邦題をつけた配給会社さんはわかってらっしゃる!!ブラボー!!!
ブラボー!!!ふぅぅーーーっ!!

で、観終わってみるとやはり「みんなのしあわせ」なんかじゃなかったよね笑。
どんだけ皮肉なタイトルなのよ!!すき!!!

内容は、

あるアパートに住む老人が死んだ。
その老人は大金を隠し持っていた。
それを知った不動産セールスマンの女は、老人が所有していたお金を持ち出そうとする。
しかし、同じアパートの住人達も大金の件を知っていたので阻止しようとする。
アパート住民達は老人が大金を隠し持っていたのをずっと昔から知っており、20年近くのあいだ老人が死ぬのを待ちわびていたのであった。
なので、セールスマンなんかに金を持って行かれるもんか!と欲望むき出しのバトルが始まる。

という感じ。

イグレシア監督なので、高レベルのブラックコメディーが炸裂!
グロさも笑いも、今回もテンポよく捌いてくれるので、とんでもなく不気味なのにも関わらずめっっちゃ面白い!!!
イグレシア監督…私はもうあなたについていきますとも…。すきです。。


マッドマックスが壮大な土地で水の奪い合いをしてるのなら、こっちは小さなアパートでお金の奪い合いでそりゃもうやりたい放題さ!!人の命よりもお金だぜ!
水もお金も人を狂わすぜ…!!


狂人ばかり出てくるこの作品で、唯一の癒しがスターウォーズ大好き少年!かわいい!!
彼がオアシス的存在だった!

人は死にまくるし、最後の最後までブラック炸裂だけれども、観終わるとなぜか爽快感に包まれるという不思議な仕上がりとなっておりまーす!
rann

rannの感想・評価

3.9
不動産会社で働くジュリアは
なかなか借り手の見つからないアパートで
勝手にお泊りしていたら、
そのアパートに住む老人の孤独死の
第一発見者になってしまう。
そして実はその老人は部屋に大金を
隠し持っており、
アパートの住人たちは大金を山分けしようと
その時を今か今かと持っていたのだった。
そこへ突如現れたよそ者のジュリアが
大金に気がつき自分のものにしようと企むので
住人たちの怒りを買い狂気な争いへ巻き込まれていく。

最初はホラーかと思って鑑賞していましたが
ブラックユーモアの効いたドタバタ劇で、
人にお勧めしたくなる様な教訓めいた面白い作品でした。

お金は人狂わすという事を
とっても滑稽かつ痛烈に描いていて、
怖いんだけど要所要所で笑えるし
ストレートなメッセージ性があって良かったです◎

それにしてもジュリアの図太さには関心するわ。
あのくらいの度胸と思い切りがあれば
自分の力でお金持ちになれてそうなのに..。
odoro

odoroの感想・評価

3.8
ディズニーすらイジっちゃうイグレシア。

クジで大金を当てた引きこもり老人が孤独死。アパートの住人は全員でこの時を何年も待っていた。にもかかわらず、ポッと現れた不動産販売員のおばちゃんに現金を見つけられて…

汚部屋+水漏れ+死体+猫の組合せ。『絶対舐めたらあかんよ』って願いましたけど、舐めちゃいますよね、猫だもの。

図太くて馬鹿馬鹿しくって楽しい。
Vakira

Vakiraの感想・評価

4.0
こりゃイグレシア節炸裂。「クローズド・バル」でイグレシア監督知りましたが、これぞ原点。予期せぬ展開と人間の浅はかな企みそしてまた予期せぬ展開。これこれ壺壺。

不動産会社の販売員ジュリアン。客に紹介した部屋が気に入ってしまい旦那と一夜を過ごしていると天井から水漏れ。翌日修理に上の部屋へ行くと老人の死体発見。出た出た予期せぬ展開始動。

その死体の老人の財布から宝くじの当たり券を発券。当たり券のメモ、タイルの暗号?もしや?夜な夜な気になって老人の部屋へ進入。そして札束の山を発見!

実はこのアパートの住人達 老人が宝くじに当選し大金を持っていたことは知ってやがる。老人が死ぬのを待っていたのだ。実は殺したんじゃないの?管理人のリカルドを首謀に住人達とジュリアンの現金争奪戦。

やった~浅はかな企みと予期せぬ展開。ジュリアンを色仕掛けで落とそうとイケメン中年が現れたり、住民がそれぞれゴリゴリのエゴイズム炸裂、誰も信じられない醜い争いがなんとも滑稽で喜劇。

その中で救いの普通にいい人が居たりするところが予期せぬ展開でやっぱりイグレシア節。いいわ~

またしてもイグレシア堪能。
ぶぅ

ぶぅの感想・評価

3.5
友達に勧められて鑑賞
ジャンルがわからないけどダークコメディていうのかな?なかなか面白かった!
寂々兵

寂々兵の感想・評価

3.7
当人以外にとってはどうでもいい争いを無駄に壮大なスケールで魅せる天才イグレシア。これもたまたま大金を手にしてしまったオバサンが住民の妨害をかいくぐってマンションから脱出するだけの話なのだが、近所のオバサン同士の喧嘩をまるで世界を賭した頂上決戦のように演出するなど、余りにエモーショナル。頗る面白い。オタク趣味全開だがここまでやられると清々しい。イグレシア、タランティーノと似たタイプの映画オタクの匂いがする。
「スガラムルディの魔女」「気狂いピエロの決闘」のアレックス・デ・ラ・イグレシア監督作。
スペインのあるアパートを舞台に、金に執着する人間達を描いたブラック・コメディ。
vinotinto

vinotintoの感想・評価

3.4
宝くじ(サッカーくじ)が当たったらどうなるのか?を再現した同じマンション内の骨肉の争い。囚人のジレンマ的映画。人が死んだり、ひたすら醜い。
面白い。
お金は人を狂わせる。
個vs共同体
マンションからどうやって脱出するか。
ダースベイダー。ディズニーランド。
>|