電気羊さんの映画レビュー・感想・評価

電気羊

電気羊

映画(1160)
ドラマ(0)

デーモン・インサイド(2018年製作の映画)

1.2

ゲイカップルの片割れはサイコパスの殺人鬼だった。かつての知人夫婦を殺害、サイコパスは殺したパートナーの数だけペンダントを保存しており、それを発見したパートナーも殺害しようとする。ラストは糖尿病を患うパ>>続きを読む

陽はまた昇る(2002年製作の映画)

4.5

世界中で愛用された家庭用録画再生ビデオVHSを開発したのはリストラ寸前の3人のビクターエンジニアだった。今でこそMP4やストリーミングで保存できる動画だが、VHSが出るまでは映画を自宅で観るなんて夢の>>続きを読む

デス・レース(2008年製作の映画)

3.3

ジェイソン・ステイサム主演のマッドマックスとワイルドスピードを合体させたような近未来バイオレンスカーアクション。まあそこそこ面白かった。関係ないけれど、筋トレの時にジェイソン・ステイサムの筋トレ動画を>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.8

毎度のことながらディズニー映画は苦手なんだよな〜って、観始めたら最後まで一気に引き込まれてしまう。なんだかんだ言っても、やっぱディズニーって凄いわ。

水曜日に抱かれる女(1993年製作の映画)

3.2

DVで離婚したイケメン建築士は、ある夜のパーティーで印象に残った美女と次の日に偶然、買い物先で再会するのだが、それは偶然などではなく、美女により仕組まれたことだった。あらかじめDVでの離婚歴のある金持>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

4.4

面白かった。俺はオヤジだけど心はJKなので分かるが、ハーレイの持つ自己破壊、自己愛、承認欲求、男への不信感と裏切られる絶望は、女子の共感を得られるだろう。大森靖子ちゃんやZOCの曲の女子人気の高さと通>>続きを読む

ポランスキーの 欲望の館(1972年製作の映画)

1.0

エロをテーマにしたスラップコメディ。下ネタ嫌いじゃないけれど、こういうのって日本人の感性には合わないんだよね。うんツマランかった。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.6

主人公たちがゲームに取り込まれるジュマンジの2作目。今回はRPGのキャラとしてドラクエのキャラのように取り込まれる。自分の選んだキャラに成り代わり、仲間と協力してジャングルを支配する毒蟲王から平和なジ>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

3.6

これは「不思議の国のアリス」をモチーフにした女性の自立の物語なんだな。面白かった。アリスは幼少期から長年、不思議の国へ行く夢を見ていた。だが、成人し、ある貴族と婚約発表の日に、豪邸の庭で白ウサギを発見>>続きを読む

ザ・ミスト(2018年製作の映画)

3.0

絶望映画「ミスト」のフランス版リメイク映画。主人公夫婦の娘は、自己免疫疾患のため、アパートの中に設置した生命維持装置付きのカプセルの中でしか生活できなくなっていた。そこに突然、地下から謎のミストが噴き>>続きを読む

ダブル・ジョパディー(1999年製作の映画)

3.2

ダブル・ジョパディー(二重処罰禁止)とは、一度裁判で判決を受けた罪は、同じ罪では裁かれないということを意味する。仲睦まじい夫婦は、ある夜ヨットで宿泊中に夫が失踪。残された血痕から妻が夫に多額の保険金を>>続きを読む

ダイ・ハード4.0(2007年製作の映画)

3.6

漏れなく家族(妻・息子・娘)に嫌われているジョン・マクレーンが今回もほぼ、たった一人で大活躍。相変わらず、テロ組織を壊滅させるような偉業を成し遂げている割には、全く報われてないのが笑える。

マラソン マン(1976年製作の映画)

3.6

謎が謎呼ぶ展開で面白かった。突如、何者かに命を狙われだす兄弟。その真相は、元ナチス党員がユダヤ人から巻き上げたダイヤモンドを管理する役目を兄がおっていたのだが、兄がのことが邪魔になった元ナチス党員が暗>>続きを読む

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

3.7

中国最後の皇帝は、日本帝国軍の力を借りて満州国の統治者となって血筋を保とうとするが、文化革命の前に倒れ最後はただの庭師としてその人生を終わる。フランス、ロシア、エジプト、ローマ皇帝も廃帝となった現在、>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.2

一流ホテルコンシェルジュと潜入捜査官がホテルで起きる連続殺人事件を未然に解決するべく、協力することに。なかなか肝心の第4の殺人に行きつかないと思ったら、ちゃんとオチをつけたのはさすが。サスペンス作品と>>続きを読む

女王フアナ(2001年製作の映画)

3.6

愛深き故にイケメン旦那への嫉妬に狂ったスペインの狂女王ファナ。祖母、母、娘に繋がる狂女王の血筋を絶やすべく、夫、臣下、家族全てから裏切られて幽閉される生涯を送ることに。なんでも行き過ぎると破綻が来る。>>続きを読む

ひまわり(1970年製作の映画)

4.3

戦時下と言う非常時が普通の夫婦に辛い選択を迫る。イタリア人の夫婦は徴兵を逃れるべく、夫が狂ったふりをするが医師に詐病を見抜かれロシア前線に送られる。そこで瀕死状態になった夫を助けたのは、若く美しいロシ>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

2.6

ウィンチェスター銃の開発で巨万の富を得たウィンチェスター家の実在する奇妙な屋敷に纏わるホラー映画。昔、丸見え特捜部で観たが創業者であるウィンチェスター氏が亡くなった後、大量殺人兵器である銃により死んで>>続きを読む

若い狼(1961年製作の映画)

3.4

少年院から出てきた青年は、地元に帰省するが、地元の炭鉱は閉山になっていた。職を求めて東京に上京。同じ町の幼馴染の恋人と再会するが、純朴だった恋人は、東京で派手なメイクと服装で身体を売って生計を立ててい>>続きを読む

ファイアー・レスキュー(2013年製作の映画)

3.9

全ての消防士に捧げるという崇高な理念で作られた火災ディザスタームービー。まあね。子供の送迎に勝手に梯子車を私用に使う消防士とか、2次災害の危険を無視して撤収命令を出す署長とか、災害現場にタキシードで来>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年製作の映画)

3.0

3人の冒険小説家が書き残した傑作「海底二万里」「宝島」あと忘れたは、実は、嵐に閉ざされたアトランティスへの場所を現した地図であったという、どこか懐かしい子供の頃に観た冒険活劇映画。オッサンになって観る>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

1.1

映像は良い。キャストも良い。だが、どこかで見たような映画の寄せ集めのようで、とてもリュック・ベンソンが作ったとも思えぬ凡庸な作品。終始、ワクワクすることが無かった。

ジュラシック・ユニバース ダーク・キングダム(2018年製作の映画)

1.0

ジュラシックワールドを100倍つまらなくしたらこの映画になります。一応、辛抱強く最後まで観ましたけど、全く共感できる部分が無かったですね。ええ。

エデンの東(1954年製作の映画)

4.8

聖書を題材にした愛されることの大切さを描いた名作。主人公は俺たちのジェーズムズ・ディーン。クソマジメで古風なキリスト教徒の父親アダム、父親に愛されたクソマジメな長男アロン、父親に疎まれてどこかひねくれ>>続きを読む

ANON アノン(2018年製作の映画)

4.0

記憶も五感も電脳化された未来。警察は、あらゆる人間の個人データや記憶にアクセスすることで治安監視を行っていた。当然それを運用するには非常に高度なセキュリティとモラルが必要となる。だが、そのシステムにハ>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.2

極寒のネイティブアメリカンの居住地で、女の子がレイプされて殺される事件が発生。捜査に当たるは地元の保安官とFBIの女捜査官はアヴェンジャーズのスカーレットウイッチ(名前忘れた)。主人公は数年前に娘をレ>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

1.0

主人公は、重度のビブリオマニアで、発達障害というか完全な人格異常者の天才小説家JK。これだけで、そんな奴おらんやろ~と突っ込まざるを得ない。まあ、最後まで観たけど。

世紀の光(2006年製作の映画)

3.0

アクションシーンがない淡々とした大人のジブリ映画。主人公は、若くてカワイイ精神科の女医さんと軍の医療班ではたらく軍人。舞台は、地方の総合病院から始まるのだが、映画の半ばまでくると10年くらい経過した感>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

4.6

まだストーカーと言う言葉が無かった頃に、その恐怖を先駆けて描いたのがスティーブン・キング原作のこの「ミザリー」だろう。「ミザリー」シリーズの大ヒットで有名になった作家は、新しい小説を書きたくなり、「ミ>>続きを読む

フレンズ/ポールとミシェル(1970年製作の映画)

4.0

それぞれの理由により家庭に居場所のない14歳の少女と15歳の少年が動物園で出会った。意気投合した二人は家出をし、少女の父親が所有していたコテージで暮らすようになる。「衣・食・住」と生活するうえで最も確>>続きを読む

グラディエーター(2000年製作の映画)

4.1

「ローマ人の物語」を読んでから観るとなかなか感慨深い。映画では、父親たる皇帝を暗殺した愚息としてコモドゥス皇帝は描かれているが、史実では、なかなか大した人物でかなり違うらしいけどね。「三国志」を読んで>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.7

韓国に渡った大友は決着をつけるべく日本に戻ってきた。義理、面子、金が絡み合った血で血を洗う抗争の後、大友は迷惑はかけられないと最後は自分の命で落とし前を付けてジ・エンド。ゴッド・ファザーと比べると日本>>続きを読む

バタリアン(1985年製作の映画)

3.5

もはや古典となったゾンビ映画。ホラーにコメディな要素が加わって笑えるシーンもあるのが、普通のゾンビ映画と違うところ。エンディングロールで流れる「この映画に登場する建物、施設、人物は全て実在しており、フ>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.4

この日本版のパッケージは、ゴジラをリスペクトしているよね。アメリカ版より全然イイ。生物の遺伝子操作実験を行っていた宇宙ステーションで事故発生。実験薬のサンプルを持って脱出ポッドで、地球に向かう途中、脱>>続きを読む

迷宮物語(1987年製作の映画)

3.0

3人のアニメ監督からなるオムニバス映画。
1 ラビリンスラビリンス「なんか幻想的な話」
2 走る男「マシンとスピードに取り付かれたレーサーは、やがてマシン と一体化していくのだ。ビデオドロームぽいかな
>>続きを読む

ワンダラーズ(1979年製作の映画)

3.7

1963年のニューヨークのブロンクスが舞台のワルの高校生たちの青春グラフィティ。すでにこの頃からスクールカーストの最上位は男子はフットボール選手、女子はチアリーダーって決まってたんだな。懐かしのオール>>続きを読む

>|