RYOBEERさんの映画レビュー・感想・評価

RYOBEER

RYOBEER

面白い映画がいっぱい観たい!!
ベストムービーは羅列です。順位はありません。

映画(68)
ドラマ(0)

四月の永い夢(2017年製作の映画)

2.9

朝倉あきさんがちょー可愛かったでーす(アホの感想)

この手の「喪失を受け止め新たな一歩を踏みだす」的な物語を描くならば、少なくともその人物の心情を理解するだけの最低限の情報が提示されなければいけない
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.6

猿男のシーンで笑いながらも、あの女性をニ番目に助けに行った男を見て「オレやないか…」と冷や汗をかいた。
率先して行く勇気はないくせに、他者への体裁は気にしつつ正義感を演出する一番卑怯なヤツ。
変わりた
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.2

本当にひとつケチをつけるなら、
ラストのあのシーンとのギャップをもたせる為にしても、終盤の対比の演出がなんかわざとらしかったなぁって印象が。
でもそれ以外は面白かった!

ずーっと嫌〜な場面が続く中で
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

最高なんじゃぁぁーーー

"つくる人たち"の熱量と勢い。制約があったって、その中でただベストを尽くしていいものをつくる。本当にキラキラしてるなぁ。凄いなぁ。そして素晴らしい。観終わって、「映画撮りてえ
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

つまらなかったです。

まず伝えたいテーマと、主人公が麒麟の舌の持ち主であるという特性が、「血の繋がり」なんていう凄くしょうもない所でしかリンクしてない所にモヤモヤ。

観終わって、「で、結局主人公は
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.8

全然期待の上を行く面白さやんけ…
SAWシリーズは段々とエスカレートしていくグロみ痛みが肝心のストーリーを覆っていって不快感マシマシになったせいで3で断念してたのに、また1からちゃんと全部観よかなって
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

こじらせてる松岡茉優ってひょっとしてこの世で一番可愛いんじゃね?って程の破壊力。
それを今まさに神の視点で見れちゃうってマジ幸せ。

アンモナイトの化石、靴、赤い付箋。出てくるアイテムがヨシカの感情と
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.4

好きか嫌いに別れるやろなぁこの映画…と言っときながら僕は普通でした。

パンクが重要なテーマになってるけど、漂う雰囲気はほぼサイケ。

異星人の暮らす模様やしきたり。面白いけど突飛すぎてラストも泣けな
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.3

マイノリティに生きてる人は、受け入れてくれる人がいたら ーそれが好きな人なら尚更ー 「この人にさえ分かってもらえればいいや」って思っちゃうし、実際本当に救われるだろう。
だけどその先も人生は続いてい
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.3

原作の序盤部分端折りまくり登場キャラ端折りまくりの思い切りは成功…なのか??
アクションシーンは良かった。
まぁそこに特化した作りにしてるねんから良くて当たり前やねんけどな!!

主人公がこんなシビア
>>続きを読む

ドラえもん のび太の恐竜(1980年製作の映画)

3.1

何となくこれから一気見しようと思ってる旧ドラえもん長編作の記念すべき第1作目。(2作目以降の感想書くかはわかりませんが)

初めて観たのは確実に幼稚園以前…
今改めて見返すと「そうだったのか」と思う事
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

丁度いい大きさの石ありすぎ問題とか
すぐ声のする方行くやん問題とか
今どき中学生でもびびらないでしょってホラー演出問題とか、加えて終盤のわざとらしい展開やらで、正直「よくできた映画」とは言い難い。
>>続きを読む

バンテージ・ポイント(2008年製作の映画)

3.3

登場人物達の個々の視点が一つのクライマックスに向けて集約していく群像劇ってだけで大好物なんやけど、うーん…。本当にその楽しさだけっていう。

あと、視点が入れ替わって同じシーンが繰り返される前の ドー
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

オリジナルのシリーズ未見で、リブート3作一気見。
もうシーザーがイケメンに見えだしてからあっという間に見終わった!楽しかった!!てわけで3作品まとめたスコアです。

エイプたちが愛おしい〜。
今のAK
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

音楽は文句無し。とにかく全曲キャッチーでいい曲ばかり!もう2曲目の"A Million Dreams"から、少年時代の主人公→ヒロイン→大人になった主人公→娘たちへと、歌詞がリンクして繋がり広がってい>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.5

CGしょぼ…音楽も安っぽ…
演出もダメダメ
窪田くんの演技の上手い下手は置いといて、質というかトーンが他と違いすぎて浮いてる。

基本的には原作に忠実、というより、原作の犬やのに、たまにある改変シー
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

・脈絡なく途中からいい奴になりすぎ
・ババア勝手にドア開けんな
・100点の笑顔で号泣

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.7

語りたいことありすぎて…もういいや。
面白かったっす。
鑑賞後、ディクソンの「バッジが見つかったよ」のセリフには違う意味も込められてたんやなぁ…と思いながらまたグッと来たり。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

1.8

方々の映画雑誌でもベストに選ばれたり、殆ど高評価しか見ないし…もちろん良いところもあったけど。

好きな人ごめんなさい。
一言で感想言うなら、「ばーか」って感じです。
池松壮亮が松田龍平に「うるせぇお
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.3

酩酊状態のアル中の記憶なんて、ミスリードし放題やもんね。
中盤で犯人想像ついたけど、楽しめた。

MVPはコルク抜き

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.2

黒木華さんの去り際のセリフいらない。
池松壮亮の演技の異物感。
以外はほぼ好き。

別に是枝監督の「誰も知らない」と絡めてる訳ではないが、あの時の柳楽くんを彷彿とさせるほどに、真平を演じてた子の実在感
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.7

同性でも異性でも、観た人と何時間でも語りたいぐらい。
何故こんなに好きなのか、自分でもわからなく、言葉にできないくらい大切な映画です。

マトリックス(1999年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

強くて、カッコよくて、選ばれし者で、愛する人の命も守っちゃう。
男の子の妄想幕の内弁当状態で面白くないはずがないです。

初めて観たのは小学生の時。人生で初めて2回劇場に観に行った映画。その時のワクワ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

「ここが泣くところですよ」感満載の演出は嫌いじゃないけど、その合間に挟まれるシーンとの整合性が無さすぎる。

イジメに関する一連の流れはまだいい。

母親は自分が死んだ後の娘が心配で、イジメと戦おうと
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.0

「ここ重要ですからね!」と言わんばかりの、もうこれ伏線じゃなくてただのフリやんけってシーンが満載。
せっかく映像だけで描写できてるのに、セリフで説明しちゃうシーンも満載。

ボリウッド映画ではそれが「
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

2.7

余白のある作品≠説明不足な作品


ロトの当たりくじ番号は控えるのに、どうしてあの日にあらかじめ救急車を呼んでおくくらいの事が出来ないのか。
(んで本当に当たりくじを手に入れたはずの人の人生はどうでも
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

自分はミュージカル映画が得意ではない。

その理由は至極単純で「メロディに乗せるとセリフが入ってこない」から。
故にその手の映画は片手で数えられる程しか観ていないし、造詣が深いわけではない。

なので
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.0

男性性を取り戻す話かと思いきや、父性を取り戻す話。
群像劇でもあり、ここがポイント!と言うのは難しい。
ケヴィン・スペイシーの表情だけでも観る価値あり。

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

邦題つけるとしたら、「俺物語」

葛城事件(2016年製作の映画)

4.0

行動原理はある。そしてそれなりに筋は通っている(ように感じる)。
だから、誰が見ても「この人絶対頭おかしいでしょ」というような一見して看過できる狂気は感じられない。
ただ、この人とずっと一緒にいたら、
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

「まぁちょっと笑えそうかな〜( ´Д`)y━・~~」くらいの気持ちで借りました。
ナメてました。ごめんなさい。

本当にLEGOが動いてるかのような、質感のリアリティが素晴らしいCG。「こんな所までL
>>続きを読む

砂と霧の家(2003年製作の映画)

3.6

どれだけギリギリで生きているように見える人でも、本人が意識するせざるにかかわらず、自分自身を生かす為の「意味」は持っているはず。もしそれを無くしてしまったなら、自分がどうなってしまうのかわからなくなる>>続きを読む

スーパーの女(1996年製作の映画)

4.0

何回観ても名作!!
コメディですが、もうこれは"戦争映画"のコーナーの棚に置いてもいいでしょう!!

ヒロインが高校の時好きだった女の子と同姓同名なので+0.1

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

3.8

恋人が可愛くなる、もしくは格好良くなったなら、今より好きになるのか?
逆に不細工になったら、今より愛は薄れるのか?
それとも、今のそのままが一番好きだと言い切れる?

どの答えを出すにも、そこには"外
>>続きを読む

>|